仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の特徴と取引所のおすすめ

将来性に期待が持てる仮想通貨の中でも、匿名性が高いコイン「Zcash(ジーキャッシュ)」。

ここではZcashの特徴や、日本国内で扱う取引所情報について解説しています。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Zcash(ジーキャッシュ)ってどんな仮想通貨?

匿名性の高い仮想通貨としてアルトコインの中でも取引高が上位の人気コインです。

匿名性の高さではMoneroやDashも有名なんですが、それらよりZcashの方がさらに上。取引をかわした両者のアドレスや数量、履歴などほとんどがわからないようになっています。

ただし初期に50万円台だったものの、その後4000円台に大きく下落したことで変な印象が残っている仮想通貨でもあります。市場に出るまでの期待値が高すぎた結果、取引所上場と同時に多くの投資家が売りに走った結果ですね。

いまは他の仮想通貨を同じように、ビットコイン価格に連動して徐々に価格が上がってきています。

Zcashを扱う国内取引所

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱う日本の取引所は現在コインチェックのみ

ただしコインチェックは、2018年1月に膨大な額の仮想通貨NEMをハッキングされ流出させる事件が起きて以後はしばらく取引停止していました。一部の仮想通貨については取引が再開されていますが、Zcashについてはまだ停止中です。ハッキング事件が起きたばかりですし、金融庁から正式に許可を受けていないこともあり初心者にはあまりおすすめできません。

金融庁から許可が出ない理由の1つとしてZcashを取り扱っていることがあるようです。コインチェックはZcashのほかに、ダッシュとモネロも取り扱っています。これらの3つは匿名性が高い仮想通貨です。過去の取引履歴などを確認することができないため、犯罪やマネーロンダリングなどに使われる可能性があります。

ここで誤解してはいけないのは、匿名性が高い=デメリットではないこと。あくまで犯罪などに利用されることが問題なのです。つまりそれを利用する人間の使い方に問題があるということです。仮想通貨に罪があるわけではありません。匿名性が高いということはメリットであり優れた技術です。将来的にもこのような技術は必要になると思われます。

そのため投資対象として選択肢に入れるのもありと言えるでしょう。ビットコインには匿名の技術は使われていません。将来的に匿名の機能をつけることが重要になった場合、ランクが入れ替わる可能性すらあります。

日本の取引所では現在こういった匿名の仮想通貨は取り扱われていません。金融庁ではホワイトリストというリストを出しているようです。犯罪などに利用がされていることもあるという今の状況では、ホワイトリストに入ることは難しいという意見があります。しばらくは日本の取引所では購入できないと考えておいたほうがよいかもしれません。

コインチェックはモネロをはじめとした匿名性の高い仮想通貨の取り扱い停止を検討しているようです。しかしまだ決定したわけではありませんので、引き続きコインチェックで取引ができる可能性もあります。今後のニュースに期待しましょう。

 

Zcashを扱う海外の取引所

現在は日本では買えないので、海外の取引所を利用する必要があります。海外で有名なのは中国の大手であるHuobi。Binanceは現在もっとも利用者が多いところです。BittrexやPoloniexはアメリカにありますが、こちらも大手ですね。

日本語対応をしているところは少ないので、ある程度は英語が読めたほうが好ましいです。日本語対応をしているという部分にこだわるならKrakenもおすすめ。Krakenは初心者によくおすすめされている海外の会社です。

HitBTCは怪しいという意見もありますが、それなりに大きな規模の取引所となるようです。HitBTCは最近日本語に対応したのでこちらもおすすめできます。ただしHitBTCという会社は詳細が不明ですので、送金するなら少額にしておくべきでしょう。

 

まとめ

仮想通貨の中でも人気のあるZcashを紹介しました。

日本ではいまのところ買えない仮想通貨で今後扱われるかも不透明です。Zcashを買うなら海外取引所を利用しましょう。

ただし初心者向けとは言えないので、これから仮想通貨投資デビューするならもっとメジャーなコインを選んだほうがいいです。