安い仮想通貨を買うときのポイント

安い仮想通貨購入時の注意点

取引所や販売所を利用して仮想通貨を購入する方法があります。

通貨もさまざまな種類があり特徴ある通貨があるため価格もさまざまです。

有名な仮想通貨もあれば、あまり目立たないどころかほとんど認知されていない通貨もあるため、購入する場合には情報収集してから検討することが大切です。

あまりマイナーな通貨の場合は、取引所などでの売買ができなくなる場合やほとんど注目をあびていないため値動きがほとんどないケースも存在します。

そのような状態になると、購入後値上がりした時点で売却し利益を得ようとする方などにとっては困った事態を招きかねません。

そのような点をふまえて購入する通貨を選択していくことも重要なポイントといえるでしょう。

有名な仮想通貨の場合には、それなりの値動きをする傾向や高値がついているケースもあります。

そのため購入するのを躊躇する方もいるでしょう。

でも取引所によっては複数の仮想通貨を扱っているため、その中から比較的安い通貨を選んで購入を検討してみるのも一つの方法です。

そこで価格が比較的安い仮想通貨を買うときに見ておきたいポイントをまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

国内の仮想通貨取引所

買い方としては、取引所で口座を作り資金を入れ買いたい通貨を指値注文や成行注文してみることで購入します。

ただし指値・成行の場合には手数料の違いがある点や取引所、通貨によって手数料の違いがあるため購入や売却をする場合にはその点をきちんとチェックして把握しておきましょう。取引所のため売買をしたい方同士のやり取りになる点も特徴の一つです。

また販売所での取引は、販売所側と個人での取引になるため確実に通貨を手に入れたい場合にはメリットにはなりますが、手数料という点においてはそれなりに高い傾向もあるためデメリットでもあります。取引所、販売所でそれぞれ特徴の違いがある点もチェックしておくことが大切です。

そのような点をふまえつつ、安く購入できる通貨を選びましょう。

時には相場を読み値が暴落する場合もあり、そのような時を狙って購入すればかなりお得な価格で購入できる場合もあります。

相場など流れをよむということは取引においてはとても重要なポイントといえるため、自身である程度チャートや仮想通貨に関しての情報、ニュースなどをチェックしてどのような相場になるか予想してみることが大切です。

 

海外の仮想通貨取引所

安い通貨を購入したい場合には、国内ではなく海外の取引所などを利用してみる方法もあります。というかこちらがおすすめです。

海外でもさまざまな国で取引されているため、海外の取引所に口座を作り資金を入金して取引してみましょう。

国内で扱っている種類よりもより多くの種類を扱っている取引所もあるため、いくつか海外に口座を作っておくと安くマイナーな通貨を購入するには便利です。

ただし国内とは違い、海外の場合には日本語に対応していない、トラブルが生じた場合など取引所とのやりとりに英語など日本語以外で対応していかないといけない場合もでてくるため、その点なども注意が必要です。

 

税金には要注意

仮想通貨税金

海外で取引をして利益が出ている場合には、税金などもきちんと把握しておく必要があります。

国内の取引所で利益が出た場合でも雑所得としての申告が必要ありますが、海外に口座をもっている場合でも税金の対象となるため取引をして利益が出た場合にはきちんと計算して確定申告などしておくことが大切です。

 

安い仮想通貨の魅力

安い仮想通貨の魅力として、マイナーであることからあまり注目されていない点がポイントです。

マイナーな通貨に対してなんらかの好転的な情報、ニュースが流れることで価値が上がる可能性や安いためそれほど大きな金額でなくても誰かがまとめて買いが入ることで価格が跳ね上がることもあります。

そのため最初はたいしたことのない価格であっても、その後数十倍以上の価格になる可能性も秘めているため、マイナーで注目度が低いからといって避けずに購入を検討してみるというのも一つの方法です。

 

安い仮想通貨のデメリット

ただし注意したいのが、毎年多くの通貨が世界中に出回っていますがそのすべてが価値があり取引されているとは限らないという点です。

日々数種類~10種類以上の新しい仮想通貨が世界にあるどこかの取引所に上場しています。

安い、もしくは価値が見出されていない通貨なども多く存在するため、必ずしも価格が跳ね上がるわけではないというのも事実です。

 

買う前に情報収集は必須です

仮想通貨情報収集

取引に対してどのような目的で購入するのかにもよりますが、ある程度情報収集をしておき将来性があるのかどうか、今後価値が見出されていくかどうかという点を重視して購入する通貨を検討してみるということも大切なポイントだといえるでしょう。

どれでもいいから買ってみるというのではなく、どのような特徴がある通貨なのか、開発側が積極的にサポートや宣伝、今後の展開についていろいろと行動しているかなども重要視してみるということも必要です。

さまざまな点を比較し情報を集め納得のいく安い通貨をみつけ購入してみることが大切だといえるでしょう。

 

まとめ

価格が安い仮想通貨を買う時のポイントをまとめました。

全盛期よりは下がったとは言え、ビットコインを1BTC単位で買うには庶民が手を出すにはまだまだ高い水準です。まあ小数点以下で買えばいいんですけどね。

ただし将来の価格上昇を狙うなら、マイナーな安い仮想通貨を攻めるのも1つの方法。

日本の取引所にはほとんどないので、海外で口座を作ってチャレンジしてみてください。