仮想通貨TRON(トロン)の特徴と買える取引所や将来性は?

仮想通貨トロンとはどんなもの?

アルトコインの中でも人気の「TRON(トロン)」についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

TRON(トロン)ってどんな仮想通貨?

TRONは2017年に公開されたコインで単位は「TRX」です。

シンガポールにあるエンターテイメント業界に特化したTRON財団というチームからリリースされています。TRON財団はオープンなネットワーク運用を目的とする非営利団体で、シンガポールの企業規制当局から承認を得て設立しました。

ブロックチェーンを基本にするTRONは分散型プロトコルになっていて、利用者がデータを公開したり所有することが可能。世界中のクリエイターがさまざまなデジタル資産を公開したり、その配信を行うことができる仕組みです。

有名なセキュリティソフトの販売会社であるMcAfee(マカフィー)の創始者John・McAfee氏は、トロンについて自らツイートしたことが話題になりました。彼のような世界的に著名な人から注目されるとその価値は一気に上がるので、彼の発言によって価格がかなり上昇した経緯があります。

 

TRONの目的

TRONの目的はエンターテイメントなものを多くの人が楽しむためのサービスを提供することで、何かしらの利益を得ることが目的ではありません。TRONが広まると新しくクリエイターをサポートする社会ができると言われています。

 

TRONの特性

トロンはデータ解放やコンテンツの有効化、パーソナルICOやインフラストラクチャーなどの特性があり、これらによって利用者は大きな可能性を得ることが可能です。画像などのコンテンツを無料でダウンロードしたり、保存や拡散なども自由自在です。

デジタル資産を購入することはデータ提供者にとって利益を生み、一人ひとりが自由に発信することができるサービスになっています。デジタルコンテンツの公開や発信などをベースにするトロンは、将来性のあるコインと言えるでしょう。

 

TRONの導入例

TRONはシンガポールの自転車シェアリングサービスであるOBIKEに導入され、このOBIKEはアジアを中心にヨーロッパなどの世界20ヵ国で利用されています。登録者は1000万人以上を突破していて、この提携によってトロンの本格的な実用化への第一歩になりました。

TRONはエクソダスやオデッセイ、グレートヴォヤージュや「アポロ、スタートレックやエターニティなどのさまざまな計画があり、これらの計画は利用者がTRONのサービスをエンターテイメント性のある開発や発信に役立てることが可能です。

 

TRONの将来性

TRONはクリエイターたちをサポートするための「オンラインプラットフォーム」も兼ねていて、ゲーム開発などにも可能性があります。

TRONは動画などのクリエイターをサポートする珍しいタイプのコインで、今までメリットが出せず埋れていたクリエイターたちが活躍できるかもしれません。良質なデジタルコンテンツが増える可能性もあり、正式にリリースされると世の中から不正なダウンロードを減少させることにつながるとも言われています。

個人でも気軽に映像などを自由に配信できるようになっていて、不正なダウンロードが増えているので多くのクリエイターたちが不利益を被っています。TRONが実用化されると不正ダウンロードを困難にし、クリエイターたちを守ることができるでしょう。

TRONはブロックチェーンにおけるデータの改ざんが難しい性質や、データを分散し保存する性質などを使用しているのでクリエイターたちをサポートすることが可能です。

世界の著名人が注目していることも期待できるポイントで、今後が楽しみなコインの一つと言えるでしょう。

 

扱う取引所は?

日本国内でTRONを取り扱っている取引所はありません。海外の取引所を利用することになります。

たとえばBinance(バイナンス)は中国を拠点にする世界でもトップ規模の取引所です。以前は日本語にも対応していたのですが、いまは非対応になっています。

Liqui(リクイ)はウクライナの取引所で、ICO直後の仮想通貨も積極的に取り扱っています。

HitBTC(ヒットビーティーシー)はイギリスの大手取引所で、ICO直後のコインも取引することが可能です。ただし日本に住んでる人は取引停止となってしまいました。残念ですね。

TRONは注目されている仮想通貨で、上場する取引所において今後どうなるか期待されています。初心者が購入するにもおすすめのコインで、幅広い世代の人が利用しています。

 

TRONの価格はどうなっていく?

TRONはイーサリアムをベースにしていろいろな開発が進んでいますが、独自のブロックチェーンに移行します。

独自開発に切り替わるので価格が上昇すると言われていて、テストネットが開始される前にTRONの価格が上昇した経緯がありました。それまで推移は安定していましたが価格が上昇し始め、上昇傾向の相場として扱われています。

独自開発に切り替わる前に大きく価格が上昇すると期待されていて、世界中の利用者がその動向に注目しています。独自開発に切り替わる際、1ETH以上持っている人には抽選で1〜100TRX配布される予定です。

イーサリアムは人気のある仮想通貨で保有者が世界中にいて、TRONを配布された利用者が参加することによってこれまで以上にマーケットが活性化されると予想されます。

 

まとめ

仮想通貨「TRON(トロン)」についてまとめました。

現在日本では買えませんが、買うならバイナンスがおすすめです。

将来性への期待値も高く長期保有目的で持っておくのもありのコインでしょう。