仮想通貨のトークンとは?初心者向けに解説!

仮想通貨の世界では、ビットコイン、ICO、トークンなどさまざまなフレーズが飛び交っていますが、ここでは「トークン」をピックアップして解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

トークンとはどんなもの?

トークンを初心者にもわかりやすく説明すると、ビットコインなどの取引情報を記録するブロックチェーンの仕組みを利用して作られた仮想通貨です。

新規の技術を使うわけではなく既存の技術を流用して作ることが出来るので、一から開発をする必要もなく誰でも簡単に発行できる物がトークンです。

コストも掛からずに作る事ができるので、法人だけではなく個人でもトークンを発行することは可能。初心者でも少し調べて仕組みを理解すれば簡単に自分で発行することもできるでしょう。

そのため、取扱が出来る場所は数多くなっており、国内でも様々な販売所や取引所で活発に取引が行われています。

海外でもこのトークンを利用した取引方法は流行りになっており、流動性の高い物であれば、既存のアルトコインよりも高額で取引されているものも確認できます。

ただし企業価値に左右されて価格も上下するので、購入を検討されている場合には購入する会社の将来性を調べてから購入する事をおすすめします。

 

トークンの信頼性・安全性は?

最大手仮想通貨のビットコインでは管理者がいない非中央集権的になっていますが、トークンの場合は発行した会社が全ての権限を持っているので中央集権的となります。日本円で例えると、日本銀行が紙幣や硬貨の発行数を調整・管理しているため中央集権的な通貨と言えます。

これは良いことでもあるんですが、信頼性は発行している会社の規模やブランド力に影響を受けるためデメリットがないとは言えません。

きちんとした会社が発行しているものであれば上限を決めて作っているので価値が無くなる心配もありませんが、あまり良く知らない会社の場合だと価格が上がってきた時に勝手に発行数を増やされてしまい価値の低下に繋がる可能性も出てくるのです。発行枚数が決まっていない所が発行するトークンを購入する際には注意しましょう。

初期の発行枚数が少ない所は価格も高騰する事が多いですが、その分流動性も低くなり取り合いになる可能性があるのでなかなか手に入れる事ができません。

 

トークンの保管方法は?

ウォレットも開発されている物が多いのですが、まだまだハードウェアウォレットに移すことが出来る物も少なく、これからの発展に期待することになります。

販売所や取引所に置いておくのも良いですが、自分でハードウェアウォレットに入れておくことができれば、盗難やハッキングなどのリスクからも守ることが出来ます。よって、出来ればハードウェアウォレットに対応している物を購入すると安心です。

 

初心者にもおすすめのトークン

仮想通貨に比べると知名度が低いのであまり興味のない方もいるかも知れませんが、安値で販売されている物も多いのでいきなりメジャーな仮想通貨から投資を始めるのではなく、信頼する会社が発行しているトークンを購入すると相場観を掴む事もできるはずです。

ほとんどの物はメジャーな仮想通貨よりも安価で取引されているので、チャートの勉強をするのにも向いています。

初心者の場合、仮想通貨に興味を持ってレバレッジ(※)などを行う事もありますが、仮想通貨はボラティリティ(※)の高いものになるので、初心者にはおすすめする事ができません。

しかし、トークンならレバレッジで取引をするわけではないので、安心して購入する事が可能です。他にも日本や海外で多くの物が作られているので、勉強をすればするほど、興味を持つ事ができるはずです。

更に企業価値にも直結しているものにもなるので、自分が購入した企業の業績が上がるほど、価格も高騰する可能性が高くなります。株主優待などはありませんが、株に近い物と考えるとわかりやすくなります。

レバレッジとは?

レバレッジ=「てこ」の意味があり、少ないお金で多額の取引ができる仕組みです。「少ないお金」とは仮想通貨においては取引所に担保となるお金(証拠金という)のことで、これを預けるとその取引所で設定されている上限まで投資することができます。5倍や10倍といった取引所が多いですね。

ボラティリティとは?

価格変動性のことで、仮想通貨はまだ誕生から間もないこともありちょっとした出来事が価格の上下にすぐ反映されるボラティリティの大きな商品と言えます。

 

デメリット

もちろんメリットばかりではなくデメリットもあります。

一番の注意点はトークンを発行している会社の業績が悪化してしまった場合、倒産してしまうと価値が無くなってしまい損失にも繋がります。上場している所がその会社の取引所や販売所だけの場合は、取引自体も行うことが出来なくなるので注意が必要です。

しかしこの技術はどんどん発展をしているので、これからの将来性には多くの期待を持つことが出来ます。

トークンの将来性

個人でも発行することが出来ることからそれらを利用したサービスを提供する会社も増えてきており、今後は法人だけではなく多くの個人の方が発行する流れになりつつあります。

芸能人などの有名人向けのトークン発行サービスも登場し多くの方がこの市場に入ってきているため、これからも市場の広がりには期待を持つことが出来ます。また何より自分自身でも発行する事ができるので、仲間内の話題としても利用する事ができるのも魅力です。

他にも基本的には企業が発行する物になるので、何かしらのサービスに利用する目的として作られている事が多くなります。支払いへの利用も進んでいるので、実用化される前に手に入れる事ができれば価値も更に高まるでしょう。なので購入する際には利用価値と今後のロードマップを確認してから購入するようにしましょう。

1円以下でも購入する事ができる物が多いのも特徴になっており、ほんの少しの金額から投資を行うことが出来るのも初心者向けの投資として向いている商材になります。ビットコインやアルトコインなどは敷居が高く感じる方の入門向けにおすすめです。

 

まとめ

仮想通貨の「トークン」について解説しました。

トークンという名前のコインあるわけではなく、個人や企業が独自に発行している仮想通貨のことをトークンと呼びます。

携帯電話で言うとガラケーとかスマートフォンといった、大きなくくりとして使われている呼称の1つですね。

基本的にICO案件として出資を募るときにいち団体が発行するパターンが多く、市場ではあまり知られていないため価格は安め。

それだけに発行者しだいで将来大きく値上がりする可能性を秘めた仮想通貨と言えます。

ただしICOの1割は詐欺とも言われてていますし、発行元情報を詳しくチェックするなど騙されないように注意する必要もあります。

ICO詐欺を見分けるポイントは?