仮想通貨投資してる主婦の税金・扶養控除ってどうなるの?

仮想通貨やってる主婦の税金と扶養控除

仮想通貨投資している主婦の場合、税金や扶養控除、さらには確定申告などが気になる人もいるんじゃないでしょうか。

ここでは主婦投資家の税金や扶養控除についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

主婦投資家の税金処理は?

扶養控除

まず扶養控除ですが、これは所得あるいは収入が一定以下の場合に、夫が年末調整することにより税金を少なくできる制度です。

つまり妻の収入が少ない人の場合、夫から税金を多く取っては家計が苦しくなるだろうから、その負担を緩和しましょうというわけです。

ここで所得と収入は、日常的には似たような意味で使っているかもしれませんが、法律上は別の意味がある用語なので気をつけましょう。

扶養控除を受けるためには妻の所得が年間38万円以下か、年間の収入が103万円以下であることが条件となっています。

よくパートなどで働きに出ている主婦さんの場合、「年間の収入が103万円以下になるように調整している」という話を耳にすることがあるでしょう。これはまさに扶養控除を受けるための行動で、もし年収が103万円を超えてしまった場合、夫の税が上がり世帯としての可処分所得がかえって減ってしまうためです。

このように給料としての収入は年間に103万円が一つのラインとなるのですが、これが給料ではなく仮想通貨などの投資による利益の場合103万円ではありません。

 

仮想通貨投資による利益の場合

主婦の稼ぎ バレなきゃいい?

仮想通貨投資による利益の場合は収入ではなく所得で、控除を受けることのできるラインはぐっと下がって38万円になります。もし投資によって38万円以上の利益を得た場合、その年は夫の税金が上がってしまい、さきほどと同じように世帯での可処分所得はかえって減ってしまうことも起こり得ます。

バレないだろうは禁物!

ここで注意をしておききたいポイントについて。

パートなどの仕事による収入の場合、それが家族や税務署にわからないだろうと考える人ってあまりいないはず。もしかすると中には家族にすらわからないようにこっそりとパートに出ているような人もいるかもしれませんが、基本的にはオープンだと考えている人が多いはずです。

もちろん税金の面でもそうで、パート収入が年間103万円を多少超えても夫の年末調整時まともに申告しなくても大丈夫だろうと考えている不埒な人は少ないでしょう。実際このような仕事による収入は、間違いなく税務署に把握されているので誤魔化してもいいことは何一つありません。

ところが仮想通貨のような投資による利益の場合はどうでしょうか。

途端にオープンにはしない、しなくても問題ないと考えている人が多くなるのではないでしょうか。外に働きに出ているわけでもありませんし、もちろんパート先のように同僚や上司がいるわけでもありません。一人でこっそりと自分の部屋でやっていることなので、隠していても別にわからないだろうという気持ちが芽生えやすいですし、それは仕方ないことかもしれません。

でもこの考え方は完全に間違っています。

株式投資でも何でもそうですが、このような投資で得た利益は仕事による収入と同じく税務署には完全筒抜けです。というのも仮想通貨取引は本人確認を行わないことにはできないようになっています。さらに銀行口座を介した取引が基本です。

税務署は全国どんな銀行の誰の口座であってもそれをチェックできるようになっているので、いつどれくらい儲けたかというようなことは完全に筒抜けなのです。

もし莫大な利益を上げ、それでそしらぬ顔をしていると間違いなく税務署から問い合わせがくるでしょう。よって最低限の税金知識を知った上で始めるようにしたいですね。

 

どれくらい利益が出たら確定申告するの?

上で出ている38万円というのはあくまで扶養控除のラインであって、自分自身が税金の確定申告を必要とするラインとは若干異なります。

これは状況によって異なるので一概に言えませんが、だいたい30万円程度というのが一つの目安になるでしょう。1年間の取引で得た利益がその目安以上であれば、自分で確定申告する必要があります。

もちろん家族に秘密にしておくなどということは諦めたほうがいいですね。仮想通貨で得た利益が38万円以上であるにもかかわらずそれを夫に秘密にしていると、当然ながら夫は自分の年末調整で妻の所得はないと書くでしょう。

それが会社を通じて税務署に提出されると税務署でチェックされ、この人の妻は所得38万円以上あるはずだから再確認するようにといった指示が会社を通じて飛ばされるはずです。その結果夫の立場がどうなるかは火を見るより明らかです。

確定申告については、2月から3月にかけて、前年分について申告をすることになります。これを今まで行ったことのない人には非常にハードルの高い作業に思えるかもしれませんが、実は意外とそうでもありません。税務署などのウェブサイトを見てみれば結構丁寧に解説してありますし、ウェブ上で入力することも可能です。不安な人は一度ウェブサイトを覗いてみてください。

 

まとめ

主婦さんが仮想通貨投資したときの税金関係の話を紹介しました。

たまたま草コインがあたって大儲けしても引き出さなければいまのところいいようですが、仮想通貨のまま使えるショップはまだまだ少ないです。生活費の足しにするには日本円に引き出すことになるでしょう。そして引き出せば税務署はわかります。

税務署に行くと職員さんはすごく丁寧で優しいんですが(税務署によるとは思います)、脱税は言うまでもなく厳しいのできっちり確定申告しておきたいですね。