仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴と買える取引所は?

Stellar(ステラ)ロゴ

ここでは2000種類以上あると言われる仮想通貨の中でも取引高の多いアルトコイン「Stellar(ステラ)」の特徴をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

Stellar(ステラ)ってどんな仮想通貨?

Stellar は2014年7月に公開された仮想通貨です。2015年からルーメンと名前を変えましたが、現在でもステラと呼ばれることが多いです。

リップルと同じ開発チームが開発に取り組んでおり、リップルの個人版などと言われています。リップルが銀行送金に使われることを予定しているのに対して、こちらは個人の海外送金などに利用されることが目的で開発されています。

特徴もリップルとよく似ていて、送金速度が非常に速く手数料も安いです。速度に関してはリップルよりも上と言われています。

 

小額決済に便利!

ステラはマイクロペイメント向きの仮想通貨です。

Q マイクロペイメントとは?

A 少額決済よりもさらに小さな金額を送金できる仕組み。

少額決済というとコンビニで100円の飲み物を買うようなイメージがあるんじゃないでしょうか。Stellarではそれよりもさらに小さい金額(1円以下)を送金することに使われることも想定しています。

たとえば有料動画サイトでは、1秒あたり0.5円といった料金設定になっているところも。これをビットコインで支払うとなると、だいたい1回1000円程度の手数料がかかります。ビットコインの場合ライトニングネットワークという改善対策が予定されていますが、送金スピードや手数料の問題がある程度改善されるにすぎません。このケースのように短時間に0.5円といった送金には不向きどころか大損するだけです。

これに対してStellarは、すでに送金速度・手数料の部分で少額決済に使える作りになっているので、ライトニングネットワークが実装されたら本当にマイクロペイメントに使えるレベルになる可能性があります。

ライトニングネットワークとは?

少額決済に対応する技術。仮想通貨の基幹技術「ブロックチェーン」の外で決済処理するので送金速度改善が期待できる。

 

大手企業と提携!

金融コンサルティング会社のDeloitteと提携していることもメリットです。

仮想通貨はまだ日常利用されるほど実用化されておらず、不透明な部分が多くある状態。となると大手企業などと提携をしていることは信用につながります。

またすでに決済手段として採用しているところもあります。日本ではビットコインくらいしか決済手段として使えるイメージがありませんが、世界ではStellarがすでに実用化されている国もあるんです。

 

Stellarを扱う取引所は?

香港に本社を置く大手取引所のBinance、アメリカに拠点があるPoloniex、OKEx、Bittrexなどで取引できます。こういった大手取引所なら初心者にも手を出しやすいでしょう。

初心者の人はマイナーな取引所へ登録をすることに不安を感じる人も多いのでは?

知名度が高くて信頼できる大手の取引所が多数ステラを扱っているということは将来性を感じさせます。日本の取引所ではまだ上場されていませんので、日本の取引所に上場されたときに価格が上昇するということも期待できるでしょう。

 

おすすめの取引所

Binance(バイナンス)

おすすめの取引所は、世界でも最大手のBinanceですね。

Binanceではトレードにかかる手数料は0.1%ですが、BNBというトークンを保有していれば手数料が半額になります。

初心者の人はとりあえずBinanceを利用してみてはいかがでしょうか。いまのところ本人確認しなくても登録できます。日本語対応はしていませんが、使い方を解説したサイトもたくさんありますし、日本人の利用者が多いことからコミュニティで質問をすることもできるのは大きなメリットです。

Kraken(クラーケン)

Krakenは日本語対応をしているどころか、サポートまで日本語に対応しています。そのためいろいろなサイトでKrakenがおすすめされていますが、今から登録をする人は注意しましょう。

残念ながらKrakenは、日本人向けのサービスを停止すると発表しています。6月末にはすべての取引が停止されてしまうとのこと。現在は新規での登録も受け付けておりません。

ほかPoloniexも本人確認をしていない人のアカウントを停止すると発表しました。

世界的に規制を強めていく流れなので、これから仮想通貨のトレードをする人は最新のニュースを確認するようにしておきましょう。

 

Stellarの将来性は?

Stellarは将来性があり、すでに決済手段として採用されている国もあるので価値がゼロになる可能性が低い仮想通貨と言えるでしょう。

同じことはビットコインにも言えます。ただし将来的に使われるようになるとしても、絶対に価格が上がるという保証はありません。ビットコインは1億円になるという予想もある一方で「現在の価格は高すぎる。10万円くらいが妥当だろう。」という意見もあります。

結局のところいくらの価格が妥当なのかは誰にもわからないもの。価値がゼロになることはなくても、資産を減らしてしまうリスクはあります。逆に資産が10倍以上になる可能性もあるので、余裕のある資金で投資するようにしたいですね。

 

まとめ

仮想通貨「Stellar(ステラ)」の特徴をまとめました。

Stellarは2018年12月にライトニングネットワークも予定されています。第二世代の仮想通貨なので、通貨としての機能に加えてプラットフォームやDEXなどさまざまな機能を備えています。最終的に完成したらビットコインよりStellarのほうが性能が上になる可能性も高いでしょう。

日本ではあまり知名度が高くはないですが、逆に今のうちに買っておくとよいことがあるかもしれませんね。