Ripple(リップル)を扱う日本の仮想通貨取引所とおすすめを紹介

ここ数年で仮想通貨もニュースで取り上げられるなど一気に話題が大衆化してきましたが、その中にも最もメジャーなビットコインを始め、様々なものがありどれに投資すれば儲かるのか分かりづらいのも事実です。

今回はビットコインほど有名ではないですが、その中でも話題性があるRipple(リップル)について取り上げます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Rippleの特徴と扱う取引所

Rippleの特徴

これから将来的に需要が伸びていくと予想される仮想通貨の中で、ビットコインの次にメジャーとなるのが予想されるのがリップルです。

まずリップルは仮想通貨と呼ばれていますが、実際には通貨全体の事ではなく、その中の1つのコインという事です。

アメリカのRippleIncが開発した金融商品の決済、そして送金するためのシステムの事を指します。その目標は現在ある銀行で日常的に行われている為替取引。平たくいうならば送金の仕組みをコストが掛からないように実施できる事を目標に運営されています。そのためリップルのシステムを一言で簡単に説明してしまうならば、銀行などの間でお金をやりとりするときの仲介する通貨を導入して、手続きをスムーズに実施するというものです。

リアルな世界でいうとアメリカドルを日本円に交換する作業は銀行などの金融機関、あるいはシステムが内部で行っている処理です。それでアメリカドルや日本円などの、メジャーと呼べる通貨であれば時間をかけずに交換する事ができます。それに対して日本で出回っていないような通貨を日本で交換しようとすると時間が非常にかかって手間に感じるでしょう。

そのような場合、手間がかかる送金する手続きを共通の仲介してくれる通貨をかます事で、手続きを簡単にしようという意思のもと開発された決済システムがRippleというわけです。

Rippleは通貨名じゃない?

ここで注意したいのが通貨の名前ではなくてシステムの名前だという事です。そしてこのシステムの中で仲介する通貨にしようされるのがXRPというもので通称リップルと呼ばれているのです。通貨としてのXRPの事をリップルコインという言い方をする事もありますが正式名称ではない点に注意が必要です。あくまでもシステムと通貨が同じ名前なので区別のために呼ばれているだけなのです。

仲介用の通貨のため、一般にわれわれ一般消費者、投資家が利用する場面で登場する機会はほとんどないかと思いますが、銀行などの金融機関でリップルのシステムが今後普及するような事になれば、それだけ金融機関が採用した安全の仕組みという事になりますので仲介通貨としてのXRPも価値の上昇が見込めますので注目を集める事でしょう。現在このXRPは仲介用だけではなく、取引所で購入する事もでき、投資することができます。

気をつけたいポイント

1点注意すべき点としては取引所の通貨のやりとりがIOU取引になるという点です。これは取引所などのゲートウェイと呼ばれる預金残高などを管理する場所が顧客に対して発行する借用証書という意味合いです。そのためリップルは実際には通貨というよりも借用書の代わりという性質を持っているので初心者の方には少し分かりにくいかもしれません。借用書は通常、借りた側と貸した側の間で成立しますが、リップルというネットワークシステムに参画しているユーザー同士であればリップルという借用書によってお金のやりとりが可能になるという訳です。

日本の取引所でRippleを扱っているのは?

さて、リップルを取引所で日本円で購入できるおすすめな取引所は

  • ビットバンク
  • GMOコイン
  • DMMビットコイン
  • ビットトレード
  • ミスターエクスチェンジ

などがあげられます。少し前にコインチェックも取引が可能でしたが、ハッキングの被害でNEMが流出してしまい、出金などが停止してしまったためセキュリティ対策をしっかりしてから見極める必要があります。コインチェックは現在買収されるとの話もでていますし、金融庁からの業務改善命令を遂行中。今後きちんと認可されたらおすすめと言えるでしょう。

ちなみにエクスチェンジ東京は2016年末で役割を終了してしまうため、新規の口座開設は受け付けていません。のでコインチェックも含めると6つの取引所から選ぶことになりますが、もしどれかをおすすめするとするならばGMOコインかDMMビットコインと言えます。

理由はどちらも親会社がインターネットセキュリティの分野では先行していて安心感がもてるのと企業グループとしても健全だと自信を持って言えるからです。

参考記事
GMOコインの詳細情報をまとめました

ほかの所がダメだという事ではありませんが、仮想通貨は特に信頼がおけるところではないと、まだまだ危なっかしいため少しでも信頼がおける所に預ける事をおすすめします。

 

まとめ

アルトコインのなかでも取引高上位の「Ripple(リップル)」について紹介しました。

価格はビットコインと連動しているので、これを買えばビットコインより儲けられるというものでもありませんが、将来性含めてRippleを選ぶ価値は十分あるでしょう。

価格もビットコインより買いやすいので仮想通貨初心者にもおすすめです。