POLONIEX(ポロニエックス) 海外取引所のメリットは?口座開設すべき?

海外取引所ポロニエックス

POLONIEX(ポロニエックス)は、世界でもトップクラスの規模を誇る日本人にも人気のある海外の仮想通貨取引所。

ここではそんなPOLONIEXの特徴やサービス内容をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

POLONIEX(ポロニエックス)ってどんな取引所?

POLONIEXで扱っている仮想通貨の種類はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、あるとコインなど多岐に渡ります。

POLONIEXは手数料の低い取引所の代表格であり、同じような特徴を持つBittrex(ビットトレックス)を選ぶ人も多いです。

Bittrexとの違いは、コインの審査がやや厳しいこと、コイン全体の取引量が多いことなど。手数料は0.10%~0.15%となっており、これはかなり安い水準と言えます。デイトレードなど頻繁に取引を行う投資家にとって大きなメリットがあります。

Poloniexのサイトは日本語には非対応。英語表記にしか対応していません。

そのため最初は戸惑う点も多いかもしれませんが、ユーザーインターフェースの操作性に優れているので問題ありません。慣れてくると扱いやすくなっていきます。

入金は日本円ですることが出来ず、仮想通貨で入金することになります。基本的にはビットコインとアルトコインの取引がメインなので、ビットコインを日本国内の取引所で入手して、POLONIEXへ送金しましょう。

仮想通貨での入金手数料は無料となっていて、出金手数料は明示されていません。各取引の際に自動で引かれた額が表示されます。多くの投資家が利用しているサイトなので信用性が高いとされています。

 

POLONIEXのサービスいろいろ

レンディング

POLONIEX取引所の特徴を語る上で重要なのがレンディング(自己資産を貸し出すサービス)の存在です。

レンディングとはマージントレーダーに通貨を貸すことで、貸している間も利子が貰えるサービスとなっています。

自分の資金を他のユーザーに融資でき、期間は最大で2日です。レンディングにおいては利子のうち15%が手数料として引かれます。

マージン取引

通常の現物取引に加えて、マージン取引も行えるようになっています。

マージン取引とはレバレッジをかけた取引のことです。レンディングアカウントを見てみると、各通貨がどのくらいのローンレートにて取引されているかがわかります。

もし指定した金利以下で提供する人物がいない場合は、マージンオーダーの代わりにトリガーオーダーが行われます。取引が不成立になり、オーダーブックに登録された状態で取引町になっていても、利子が発生する仕組みです。

 

POLONIEXを使うメリット

アルトコインの取引規模が大きい

POLONIEXの大きなメリットとして、アルトコインの取引規模が大きいことが挙げられます。

規模の大きさや利用者の多さから、ビットコインなどの比較的よく知られた仮想通貨だけでなく、アルトコインの流動性も高くなっています

利用者が多く売買の回数が多ければ多いほど、POLONIEX側も手数料を下げても儲かるので、アルトコインの売買にかかる費用が少ないことに繋がるわけですね。

アルトコインの種類が多い

取扱う仮想通貨の数は100種類くらいで、非常に多いと言えます。

 

POLONIEXのデメリット

PLONIEXのデメリットは日本語へ対応していないこと。

仮想通貨に関する言葉はそれほど多くありませんが、慣れないうちは使いにくいかもしれませんね。また当然ですがトラブルがあったら英語で問い合わせをしなくてはいけません。

ただし実際の操作においては、英語がよく分からなくてもそれほどデメリットにはなりません。

そのほか日本円での入金も非対応。アメリカドルでの入金は出来ますが、日本人がアメリカドルを日常的に持っていることは少ないので、実際には仮想通貨を用意することになるでしょう。

世界的な規模を誇る取引所であるがゆえに、ハッカーに狙われやすいことにも留意しておきましょう。

 

POLONIEXで口座開設する流れ

POLONIEX 口座開設

POLONIEXの口座開設を行うにはまずホームページにアクセスしましょう。

ホームページ
https://poloniex.com/

英語での表記しかありませんが「Set up trading account」をクリック。するといくつかの情報を入力する画面が表示されます。

Countryのところに国、Emailのところにメールアドレス、Passwardのところにパスワード、Repeat Passwordのところに再度パスワードをそれぞれ入力していきましょう。

「私はロボットではありません」のところにチェックを入れると、機械ではないことを証明する画面が表示されます。その指示にしたがって画像を選べばOKです。

画像が見にくかったり、よく分からなかったりする場合はヘッドホンのマークを押します。そこに「再生」という文言があるので押すと、英語の語句が再生されます。聞き取れたらその内容を入力すればOK。でもヒアリングのほうが多くの日本人にとっては難しいはず。画像選択の方で済ませましょう。

その後も画面に表示されるとおりに入力を済ませればOKです。英語があまり分からなくても口座の開設までは簡単にできるでしょう。

しかし注意事項など読めないと契約上問題があるので、翻訳ソフトどを使ってチェックしておくことをおすすめします。

 

まとめ

POLONIEXは仮想通貨取引所としては規模や内容ともに世界トップレベルです。

日本語へ対応してないことは大きなデメリットですが、今後日本語対応が行われる可能性もあります。

言葉の問題さえ乗り越えれば使い方も簡単で、レンディングによる利益も出せるおすすめの取引所です。