ペーパーウォレットとは?仕組みや安全性、メリットデメリットまとめ

ここでは仮想通貨を保管する1つの方法「ペーパーウォレット」を中心にウォレット全般について解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

仮想通貨を安全に保管する方法

ビットコインなど仮想通貨はブロックチェーンという取引データが世界中の端末に保管されているシステムで取引が行われていて、銀行のように銀行対一人の顧客と取引するのではなく、取引した内容がほかの人にも公開されています。

しかしその取引をした人が特定されては困るので、口座と同じような意味合いの「ウォレット」という仕組みで仮想通貨を管理します。ウォレットには仮想通貨そのものではなく口座番号のようなアドレスとロックを解除するための秘密鍵を作って、そのアドレスを相手に伝えることによって取引が行われる流れ。よって名前などの個人情報はわかりません。

このウォレットにはいくつか種類があり、それぞれ利便性や安全性などに違いがあります。

そこでビットコインなど仮想通貨を購入したときに一番安全に保管できるペーパーウォレットと、そのほか主なウォレットを紹介していきます。

 

ウォレットの種類

取引をする取引所で保管をしてもらうのが一番簡単でお手軽なんですが、外部のネット環境なのでハッキングに遭うこともありえます。

仮想通貨取引所は今や莫大なお金を抱えているところもたくさんあり、ハッカーによる盗難がないように慎重に保管をしていますが、それでも100%心配はないとは言えません。

また多くの人がアクセスしているため、なかなかつながらないなどのトラブルも。もしそうなったら一時的にしろ取引できなくなることも考えられます。

そのためサイト上でウォレットを作るよりももっと安全に自分でウォレットを作ることも必要です。

ウォレットにはパソコンに作る「デスクトップウォレット」、スマホなどの端末に作る「モバイルウォレット」、USBや外付けのハードディスクに作る「ハードディスクウォレット」、紙に印字する「ペーパーウォレット」があります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは専用のソフトウエアをインストールして作ります。自分のパソコン内に保管されるので多額の仮想通貨の保管しても安心できますが、ウィルスに感染したりパソコンの故障などに気を付けなければいけないというデメリットもあります。

スマホウォレット

スマホウォレットも専用のアプリをインストールして作ります。QRコードが利用できたり実店舗でそのまま財布のように使うことができるので便利ですが、ウィルスに感染する可能性が高いのでデスクトップウォレットよりは安全性が低いですが、サイトで保管をするよりは安全と言えます。

ハードウェアウェレット

ハードウエアウォレットはそのものを他人に盗まれないように注意をし、バックアップのための利用するために作成するとよいでしょう。

ペーパーウォレット

メリット

ペーパーウォレットは紙の財布のことで、紙にアドレスと秘密鍵を印刷して保管をする方法です。実物としてもって置ける安心感があり長期の保存もできることがメリットです。

また火事や泥棒に気をつけていれば、ウィルスやハッカーなどの心配やパソコンやスマホのように故障したりする心配もないこともメリット。ウォレットの中では最も安全な方法といえます。

デメリット

ただ一度ペーパーウォレットから仮想通貨を引き出した場合、もう同じものは使えない仕組みなのでまた新たに作成する必要があるのは面倒です。

また長年の保存でインクや紙が劣化したり作成するときに少し手間がかかるというデメリットも。紙やインクの劣化したり破れたりすると資産を失ってしまうことになります。そのためラミネートを使用したり予備にコピーを取るなどの対策が必要です。

ペーパーウォレット作成の流れ

ペーパーウォレットを作成するときはパソコンをオフラインにしてデータを開き、それを印刷するという手順で、出金の際にはその紙に書いてあるアドレスと秘密鍵をパソコンなどに入力する作業が必要です。

他の保管方法よりも安全性は高いのですが、利便性が悪いというデメリットもあります。

具体的な作成方法

作り方は、まずウォレットを作成サービスを提供している仮想通貨サイトにアクセスし、一旦オフラインにしてから作成します。オフラインにすることでハッカーから100%守ることができるからです。

有名なところだと「bitaddress.org」があり、日本語にも対応しています。
https://www.bitaddress.org/

作成の方法は2通りあり、カウントが100%になるまでマウスをぐるぐる回すとバーコードが出てくるので「Paper Wallet」をクリックする方法と、ランダムに英数文字を入力して作成する方法があります。

このいずれかの方法で公開鍵と秘密鍵を作成、印刷します。

次にほかのウォレットから作成したペーパーウォレットに出金するんですが、出金するウォレットに印刷した公開鍵を入力→数量を選ぶと出金できるので、その作業を済ませればようやく完成です。

逆に取り出す時にはモバイルウォレットかデスクトップウォレットで秘密鍵を入力して入金します。

同じ紙同士や取引所、ハードウエア、ウエブのウォレットには送金ができないという仕組みになっているのでこの点に注意が必要です。

 

まとめ

このようにペーパーウォレットはオフラインで保管ができるのでハッカーやウィルス、故障などの心配がなくて安全なので長期に保管ができるというメリットがある反面、作成の手順や取り出す時などが少し不便であること、神やインクの劣化によって資産を失わないように注意しなければいけないというデメリットがあります。

このような特徴からペーパーウォレットは、金額が大きな仮想通貨を金庫で長期保管するために使うのが理にかなった使い方ですね。