【初心者向け】仮想通貨投資の始め方。知っておきたいポイントを簡単に解説!

仮想通貨の初心者はとくに自分で情報を取りにいく姿勢が大事です。といってもこういったページを読まれているなら問題ないですね。

そこで初心者向け仮想通貨投資の始め方についてまとめたので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

【簡易版】仮想通貨の始め方

仮想通貨取引の始め方を簡単に解説すると、最初に必要なのは国内の仮想通貨取引所でアカウントを作成します。国内のアカウントの作成には身分証明書が必要であり、出来上がるまでに一週間程度かかるので注意が必要です。

海外の取引所でもいいんですが、初心者にはおすすめしません。海外はメールアドレスがあれば身分証明書がなくても作成可能なところもありますが、金融庁の対応が厳しくなっているのでいつ使えなくなるかもわかりませんからね。

初心者がこの取引の始め方として、売買形式と販売形式を確認するのがポイントです。仮想通貨の初心者は仮想通貨の種類を調べたり、レートを確認するのが始め方の基本になります。

取引所のメリット・デメリットについて調べるのも大事です。

仮想通貨取引ではどのコインを選んで売買をするかがポイントであり、初心者にとっては時価総額の大きいコインだと安全性が高いので選ぶ目安になります。

チャートを調べるのは基本的な取引をするための必須項目です。

手数料がいくらなのかが銘柄や取引所を選ぶ基準になります。それぞれの取引所により売買にかかる手数料が異なるからです。

ムリのない小額から始めるのがベストでしょう。

メイン以外にいくつか銘柄や取引所を分散させる事で、投資をする際に考えらえるリスクを最小限で避けられる可能性が高くなります。

投資をした事がない方にとって、短期的に勝負をするのか長期的にするのかがポイントになります。チャートなどを見る時間があまりない方は、長期的な取引がいいです。定期的にチャートを見る時間がある方は、短期で取引をする事も可能になります。どちらが自分の生活リズムにあっているのか考えて行うのが重要です。

仮想通貨は日本だけでなく世界中で取引をされているので、レートを考えるのが大切になります。

取引所はセキュリティーがしっかりしている会社を選ぶのが大事で、ビットコインでも1万円程度から始められるので自分の予算を決めて始めましょう。

ここまでは初心者向けに始め方をあっさり目に解説してきました。

さあ始めるぞ!と気合十分の方は金融庁に認可されている国内取引所でアカウント作成(口座開設)しましょう。

認可済み日本の仮想通貨取引所一覧

 

ただ単に初心者向け基本知識を箇条書きにしただけですが、「まだ不安だな」「もう少し調べてから始めたい」って人は、ここからもう少し詳しく銘柄や取引所・リスクなどについて触れていきます。

 

【詳細版】仮想通貨の始め方

初心者が気になりそうなポイントをピックアップして解説していきます。

  1. リスクや危険性は?
  2. いまからでも一攫千金は狙える?
  3. おすすめの仮想通貨本
  4. 仮想通貨セミナーは参加すべき?
  5. 初心者向けおすすめ銘柄
  6. 初心者向けおすすめ取引所

 

リスクや危険性は?

投資先として、不動産や株式の他に仮想通貨が話題になっています。現金同様にいろいろな支払いの決済として使えます。

しかし一般的な通貨とは異なり、特定の国が管理しているわけではありません。

元々はまったく価値のないインターネット上の仕組みでしたが、徐々に価値をもつようになりさらにどんどん価値が上昇してきました。将来的には現金に変わって仮想通貨が支払い手段になるのではないかとの見方もあります。

そうなるとさらに購入する人や保有したいと考える人が増え、需要が増えればますます価値が上がっていきます。いまでもすでに価値は高くなっていますが、将来的にもっと価値が上がれば今から投資をしても十分利益を得られる可能性はあるでしょう。

そんな仮想通貨ですが次のようなリスクもあります。

  • 価格の上下が激しい
  • 詐欺に合う可能性もある
  • ハッキングされる可能性もある

価格の上下が激しい

価値はどんどん上がっているものの、上がりっぱなしではありません。当然上るだけでなく下がることもあります。

この価値の上下が仮想通貨はとくに激しく、下がるときにかなり激しく下がるので高い時に買ってしまうとガクッと下がって大きな損が出る可能性も。

もちろんそのまま持っていればまた上る可能性もありえますが、仮想通貨はすでに上限の価値まで達しているとの意見もあり、これからは下がる一方との考えもあります。

詐欺に合う可能性もある

多くの仮想通貨はICOという資金調達方法によって始まることが多いです。このICOの1割は詐欺だといわれています。とくにいまは仮想通貨ブームが続いている状況なので、「今買っておけば将来100倍になる」「絶対儲かる」などの甘い言葉で出資を依頼してくることも多いです。私もいくつかそんな話を持ちかけられました(きちんと調べてその内2つは買いました)。

ですので、「初心者だからよくわからないけどなんかよさそう」と簡単にお金を出す前に、自分で情報を取りに行くことが大事です。

ハッキングされる可能性もある

2018年1月に日本の取引所が580億円相当の仮想通貨をハッキングによって奪われました。ほかの取引所でもそうなる可能性がゼロとはいい切れません。でもいまは取引所の口座以外にも保有する方法はあります。それらを使って分散して持つのもハッキングから守る方法の1つです。

日本円だって家の金庫に入れておいても鍵の業者さんみたいに開けるスキルを持ってる人はいるわけですし、100%安全はありませんからね。

 

仮想通貨は将来性もありどんどん儲けられそうですが、こういったリスクもあり大きく損する危険性を持っている点だけは頭に入れておきたいですね。

 

では初心者は仮想通貨に投資すべきでないか?というと決してそうではありません。

インターネットの利用が進み国際化が進んでいるので、仮想通貨はそれなりに一定の価値を持ち続けるでしょう。すでに広まりつつありますし、遅かれ早かれ決済通貨としても使うようになるはずです。

そのため最初から多くの資産を仮想通貨に変えるのではなく、少しずつ投資をするようにしてみましょう。最初は、無価値になっても生活に支障がない程度のお金から始めます。

100万円が自分の総資産であれば、そのうちの10パーセントや1パーセントだけ行うなどです。もし増やせれば増えた分でさらに投資を行うようにします。生活のためのお金で買わないよう気をつけましょう。

 

いまからでも一攫千金は狙える?

仮想通貨は株やFXと比べて歴史が浅いため、始める人のほとんどは初心者です。一攫千金を狙うには運の要素が大きく作用しますが、決してムリではありません。将来のことは誰も予測できないのが現実で、これは専門家にも言えることです。結果に対して評価することはできても、事前に予測してそれを当てることはプロでも困難です。また専門家によっても話が分かれてしまうため、結局のところは予測というより想像に近いと言えるでしょう。

仮想通貨のバブルはすでに過ぎたと言われていますが、そこには根拠がありません。仮想通貨は終わったという話は今に始まったことではなく、ずっと昔から言われていたことです。そうした中でバブルが発生している現実を考えると、今後もバブルが発生する確率は大いにあると言えます。絶対に訪れるという保証はありませんが、逆に訪れないという保証もありません。現実にもう値上がりする見込みはないと考えて売却したら、数ヵ月後に暴騰したという話は数多く聞かれています。

初心者が一攫千金を狙うためには、安いときに購入して長期保管をしておくのが鉄板です。いわゆるガチホと言われる方法で、ひたすら値上がりするのをじっと待つ方法となります。この投資に回す資金は余剰金にするべきで、余剰金とは当面なくても困らないお金のことです。将来的に使用する予定のあるお金は絶対に回さないようにしてください。生活費の一部を投資に回すような方法は絶対に避けましょう。

デイトレードなどで積極的にトレードを繰り返す方法もありますが、売買には手数料が発生します。少々の値動きに反応して売買を繰り返していると、利益より手数料のほうが大きくなることがあります。毎日資産状況をチェックして、減少していないか認識しておく必要があるでしょう。もし少しずつ減少しているなら、手数料で損をしている可能性が大です。売買をするときは手数料も考慮して、損をしないようにしてください。最初は1万円などの少額から始めて、コツを掴んできたら資金を増やしていくのがおすすめです。

なお初心者にはあまりおすすめしませんが、日本の取引所で扱っていない草コインと呼ばれる将来化けるかゴミになるかわからないギャンブルみたいな仮想通貨を狙う方法もあります。ただし海外取引所を使うことになるので、最初から草コイン狙いは初心者向けとはいえません。

 

おすすめの仮想通貨本

仮想通貨が話題になっていて、スマホから支払いに使えたり儲けたりできると聞くこともあるでしょう。儲け話には誰もが群がりやすいものの、内容をきちんと知らないと大きな損をする可能性もあります。まずは基本的の内容を知る必要があるでしょう。

その時におすすめしたいのが「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」になります。

もっとも有名な通貨といえばビットコインで、ブロックチェーンも良く出てくるキーワードです。これらの言葉以外にもいろいろなキーワードがありますが、それらがわかりやすく説明されています。これを読めば大体の内容がわかるようになります。

仮想通貨のことが分かれば実際に仮想通貨を購入したり投資をしたくなるでしょう。その時におすすめなのが「60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線」です。

こちらのいいところは、初心者にも扱いやすいようにカラーのイラストが多用されているところ。難しい専門用語が並ぶと、なかなか頭で想像しにくくなります。そもそも目で見えない存在ですが、こちらであればイラストから想像がしやすくなっています。本の分厚さもそれほどなく、60分もかからずに読めてしまうかもしれません。ネットと組み合わせれば、かなり仮想通貨の知識が身に付くでしょう。

仮想通貨投資をしたい人が勉強するのにいい本に、「1時間でわかるビットコイン入門 ~誰でもできる超シンプル投資法~」があります。

内容は仮想通貨の基礎が中心になりますが、基本的な投資の方法も書かれています。これまで株式や外貨などの投資をしたことがない人でも、この本を読めば仮想通貨でどうすれば利益が得られるのかなどを知ることができます。ものすごく儲けたい人が読む本ではなく、どうやって投資をするのかがわかる本です。この本で投資のことが理解できるようになれば、さらに儲けられる仕組みを考えて投資に挑戦するためのステップとなるでしょう。

 

この3冊はアマゾンでレビュー件数も多く高評価で特に人気のある本です。知識は武器なので、1冊といわず複数の本を読むことをおすすめします。

 

仮想通貨セミナーは参加すべき?

仮想通貨は価値の変動が大きく、変動にうまく乗れば大きな利益を上げることができ、仮想通貨で大きな利益を上げた人達のことを億り人と言います。仮想通貨は今後ますます発展して価値が上がると言われていますが、仮想通貨は投資で成功させるためにノウハウ等が必要でありリスクもあるので、初心者はセミナーに参加した方が好ましいと言えるでしょう。

セミナーの種類として初心者用や中上級者向け・投資会社がHYIP等で運用するセミナー等があります。

ここで注意したいのは、セミナーを開催している人たちはボランティアで行っているのでは無いということ。特に無料セミナーなら教材を販売・有料セミナーに誘導・投資会社に投資させる等が目的ですね。場合によっては詐欺目的であり、参加者にお金を出させてその後何も対応しない場合もあるんです。

詐欺は民事・刑事ともに扱いが難しく、被害にあうと大切な時間とお金をムダにしてしまいます。

この様なことが無い様に、参加するセミナーが信頼できるのかを事前に判断する必要があります。問題がある場合はインターネットで主催している会社や個人名で検索すると悪い噂が出てくるので、その場合は注意した方がいいですね。

詐欺の場合は入金等を急がせたりしてきますが、それは悪い噂が出る前にお金をかき集めることが目的だからです。また一括のみで対応している場合も、悪い噂が出る前にお金をかき集めることが目的の場合があります(分割だと悪い噂が出たらお金を回収しにくくなるので)。

そういったお金に関する部分を詳しくチェックして、自分なりに安心できるセミナーならぜひ参加してみましょう。

 

おすすめ銘柄

仮想通貨初心者は、いわゆるスキャムコインに注意をしなければなりません。SIMフリーキャムコインとはあらかじめ利用者を騙す目的で作られた仮想通貨のこと。代表的なのが、開発者がほとんどをプレマインしてしまっており、取引所に上場をして値段が上がったらそれを一気に売却してしまい、後は放置するというやり方です。こういった詐欺にひっかからないためには、しっかりと情報収集をして信頼できる銘柄を選んでおくことが重要です。

とはいっても初心者の人は経験を積まなくてはなりません。情報収集をして「絶対に勝てる」という銘柄を見つけてから投資をするのが安全ですが、それではチャンスを逃してしまうこともあります。

そこでここでは、初心者の人でも比較的安全に投資ができるおすすめの銘柄を紹介します。ただし仮想通貨は全体的にリスクが高いので、ここで紹介する銘柄なら絶対に安心というわけではないことに注意をしておいてください。

ビットコイン

一番おすすめできるのはやはりビットコインです。もっとも歴史が古く、現在も時価総額ランキング1位をキープしているからです。時価総額は信頼の証でもあります。今年はライトニングネットワークの実装も予定されているので、さらに価値が上昇することが期待できるでしょう。「500万円になる」「1億円になる」といったように予想はさまざまですが、多くの人は価値がまだ上昇すると見込んでいます。

ネム

次におすすめなのはネムです。ネムは2018年にカタパルトという機能が実装される予定です。この機能が実装されたら全仮想通貨の中でもっとも性能がいいコインの1つになると言われています。ネムのように新しい機能が実装されることが予定されているコインは、実際にそれが実装された後に価値が暴騰する可能性が高いので、あらかじめ仕込んでおくことがおすすめです。

ステラ

まだ日本の取引所に上場されていないコインですが、ステラもおすすめです。ステラはリップルの個人版とも言われており、リップルと似た特徴を持っています。送金速度がとても速く手数料が安いです。また2018年の12月頃にライトニングネットワークが実装される予定だそうです。まだ日本の取引所に上場されていないので、もしも上場されたら日本人のお金が一気に流入して暴騰する可能性もあります。リップルはすでに日本で上場されているので、それと似た特徴を持っているステラが上場される可能性は高いのでは?とも考えられます。

 

おすすめ取引所

仮想通貨初心者におすすめの取引所を日本と海外に分けて紹介します。

日本の取引所の中ではビットフライヤー(bitFlyer)がもっともおすすめです。2014年にサービスが開始された歴史のある取引所。コインチェックは2018年1月にハッキング事件が起きて、現在はサービスの一部が停止中です。Zaifも金融庁から指導を受けているようなので、現在はビットフライヤーがもっとも信頼できる会社ですね。取り扱いされている仮想通貨の種類も多く、将来性のあるものばかりです。

ビットフライヤーで口座開設!の前にチェックしたいポイント

2018年1月にサービスが開始されたばかりのDMM bitcoinもおすすめです。こちらはレバレッジ取引がメインとなります。5倍のレバレッジをかけて取引ができるので、持っている資産以上のお金をかけたいという人におすすめです。レバレッジは最大で5倍ですが、仮想通貨は変動が激しいので5倍でも十分でしょう。ロスカットをしてしまうリスクも高いので気をつけて投資をしましょう。初心者の人には基本的には現物取引がいいと思われます。

DMM bitcoinを詳しく解説!

初心者の人は日本の会社を利用しておくのが安全ですが、日本では取り扱いがない仮想通貨を買いたい人もいるでしょう。ステラやADA、NEOなどは日本では取り扱いがないけど人気のあるコインです。そのような場合には、海外の取引所を利用するしかありません。

アメリカに本社があるBittrexは日本人もたくさん利用をしているようです。しかしBittrexは現在新規登録を停止しているようです。新規で登録をしたい人はしばらく待つ必要があるでしょう。

世界最大と呼ばれているのはBinanceですがやや不安があります。なぜなら日本の金融庁から指導が入ったというニュースが出ているからです。その後公式サイトの日本語表記も非対応となってしまいました。またBinanceはヨーロッパに本社を移すとい噂があります。利用をするときはやや注意をしておいたほうがよさそうです。

ヨーロッパ最大の取引所と言われているのはHitBtcです。こちらは日本語対応をしています。しかしHitBtcは本人確認なしでも利用ができるので、大金は預けないほうが無難です。ログイン時にエラーが出るという報告などもあります。

初心者の人はここで紹介した会社を利用しておくのが無難です。海外の中小の会社を利用するとしても、送金するのは少額にしておきましょう。閉鎖・倒産してしまったらお金を引き出せなくなります。日本語対応をしているかどうかも1つのポイントです。