オンラインウォレットとは?安全性やおすすめは?

仮想通貨を管理するためには、現実世界の口座や財布の代わりとなる「ウォレット」というサービスを利用しなくてはいけません。

仮想通貨のウォレットにはオンラインウォレットとオフラインウォレットの二つが存在し、それぞれにメリットとデメリットがあるため特徴を理解して賢く使い分けると、大切な資産を安全に管理できるでしょう。

安全性のみを重視するのならオフラインがおすすめですし、利便性を重視するのならばオンラインがおすすめです。

そこでここではオンラインウォレットに注目し、メリット・デメリットを解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

オンラインウォレットとはどんなもの?

ウォレットの役割

仮想通貨は文字通り現実世界には存在しない通貨のことを意味します。ので通貨そのものは通常ネットワーク上に存在しています。

仮想通貨は「ブロックチェーン」というユーザーのネットワークを繋ぐ技術によって過去の取引履歴がすべて記録されているんですが、保管まではしてくれません。よって別の場所に保管することになり、その役割を担うのが「ウォレット」です。

本来、仮想通貨は安全性を従事するためにオンライン上での管理を推奨していません。2018年はじめに「どこそこから○○億円相当の通貨がハッカーによって奪われた」なんてニュースもあったので知っている人も多いと思いますが、オンライン上で管理すれば外部から攻撃されやすくなってしまいます。

ブロックチェーンが他のWebサービスとまったく異なるのは、サーバーを介さずにマイニングという取引の記録作業をできる点です。

現代社会では、インターネットでショッピングするとき電子マネーを利用する機会があります。電子マネーを使えるのは、保管されている電子上のデータをサーバーを介してシステムが処理してくれるから。

取引記録はサーバー上ですべて保管できるため、電子上のデータである電子マネーを利用すると識別を把握してそのデータを簡単に管理することができます。

 

オンラインウォレットのデメリット

一方で仮想通貨の場合には、こうしたサーバーによるシステム処理をしません。サーバーでの管理はたしかに便利ですが、サーバーを狙ったハッキングなどの攻撃を受けやすくなるデメリットがあるからです。

実際に大手企業を狙ったハッキング被害は世界中で後を絶ちません。ハッキングの対象となるのはあくまでもサーバーに保管されているデータであるため、電子上のデータをサーバーで保管する限りは仮想通貨にも同じように危険があることを意味します。こうした危険性を排除したのが、ブロックチェーンという画期的な技術なのです。

ところが仮想通貨を利用する場合、投資や投機といった取引所での取引も想定しなくてはいけません。当然ですが、取引所を利用して仮想通貨を扱うなら、その取引所が準備するオンラインウォレットを使うことになります。

こうしたオンラインウォレットの安全性や信用性は、その企業のセキュリティ技術の依存するわけなので、その点においてハッキングされるデメリットは必ず存在します。

 

オンラインウォレットのメリット

反対にオンラインウォレットにすることのメリットは、取引が簡単・スムーズになることですね。

通常、仮想通貨のウォレットは自分のデスクトップなどで補完することができます。しかしこうした保管方法だと、取引所が提供するサービスを利用することができないんです。

取引所の取引は法律によって厳格に定められているため、その規定にのっとって取引を進めていかなくてはいけません。とくに近年は多額の仮想通貨流出事件があった盈虚で取引に関して厳格化している傾向があり、勝手な取引を進めることは認められていないのです。

仮想通貨としての価値を決めているのも、こうした取引所が想定している相場が存在しているからに他なりません。

仮想通貨は元々投資や投機を目的として提供されているものではなく、世の中の決済システムを新しい形に進化させるための開発されたものです。そのため本質的には、仮想通貨そのものに通貨としての価値は存在しないことになります。

それにも関わらず仮想通貨としての価値が大きく取り上げられるのは、取引所が提供する投資や投機の対象として世界中で人気を集めているからに他なりません。

日本の取引所でも数多くの仮想通貨が存在していますが、取引所が提供するサービスの中で自由な取引を実施することが認められています。こうすることによっては、はじめて仮想通貨は通貨としての価値を見出しています。

こうした通貨としての価値を体感するためには、オフラインではなくオンラインウォレットを利用して通貨を管理しなくてはいけません。

上記で述べた通り、仮想通貨そのものには法定通貨としての価値がないものが大半なので、たとえば日本円に交換したいときにはその交換に対応した取引所や交換所に通貨を一度預けなくてはいけません。

日本の取引所の中には、まだこうした通貨の効果に対応していないものも多く、それだけ仮想通貨の価値に曖昧なものが多い証拠にもなります。きちんと法定通貨と交換したり通貨としての価値を実感したいときには、仮想通貨の管理のためにオンラインウォレットを使うことがもっとも簡単なわけです。

 

おすすめオンラインウォレット

取引所口座なら、日本最大規模で世界的意味ても上位にランクインするビットフライヤーがおすすめです。世界トップを目指しているだけに信用が失墜しかねないセキュリティ面への力の入れ具合は他社以上でしょう。

【参考記事】
口座開設前に読みたいビットフライヤーのことまとめ

ただし取引所が絶対倒産しないとは限りません。もしそんな事態になったら、大切な資産は取り出せなくなってしまいます。

そこで取引所とは別のおすすめオンラインウォレットもピックアップ。

  • blockchain.info
  • coinbase

この2つが利用者も多くおすすめです。両方ID・パスワード設定などを済ませアカウント開設するだけで使えます。

すべての保有仮想通貨を一箇所に保管するより、こういった別ウォレットに分散させたほうが安心です。

 

まとめ

仮想通貨をインターネット上に保管する「オンラインウォレット」について紹介しました。

初心者に限らず、仮想通貨取引をするならたいてい交換事業者で口座開設してオンラインで保管することになります。取引はスムーズですが、事業者側でハッキングなどされてしまうとユーザー側ではどうしようもありません。

二段階認証などをきちんと設定するのはもちろん、大切な仮想通貨資産は別形式のウォレットに移すなども考えておくといいですね。