「NFT」とは何か?仮想通貨との関係は?仕組みや特徴を詳しく解説

2021年に突如として巻き起こったNFTブーム。ネット記事やテレビのニュースなどで「NFT」という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

この記事では、NFTとは何か暗号資産と何が違うのか抱えるリスクや問題点入手する方法将来性や展望についてまとめています。

気になったことわからないことがあれば右上のお問合せフォームより気軽にお問合せお願い致します。

NFTとは何か?

NFT(Non Fungible Token)は直訳すると「非代替性トークン」。

そして非代替性トークンとは「偽造ができない鑑定書・所有証明書が付いており他では代替出来ない(非代替性の)デジタルデータ」の総称を表しています。

つまりNFTとは「このデータを誰が保有しているものなのかが明確なデジタルデータ」のこと。

意外にもデジタル技術が成熟していた従来の技術でもデジタルデータ領域では容易にコピーや改ざんできるものが多く、それを防ぐ術はありませんでした。

この状況を変えてくれたのが、「ブロックチェーン」という技術です。暗号資産(仮想通貨)にも採用されている技術でデータの引き抜き(いわゆるハッキング)などは理論的には不可能とされています。

ブロックチェーンについてはこちら

ブロックチェーンって何?仮想通貨との関係は?

図:「従来のデジタルデータ」との違い

種類 NFT 従来のデジタルデータ
代替性(コピー・改ざん) ×
価値

いまではNFTによってデジタルデータに希少的な価値を見出せるようになったので、様々なコンテンツのNFT化が進んでおります。

たとえば、絵や音楽、電子書籍、フェスチケット、ゲームのアイテム、不動産などがNFT化されています。

デジタルデータとして起こせるものであればどんなものでもNFT化できるので、これからもコンテンツのデジタル化の波というのは広がっていくのだと思います。

「NFTとは?」のまとめ

・NFTとは「所有証明書が付いていて偽造ができないデジタルデータのこと」。
・「ブロックチェーン」という技術が偽造を防止している。
・絵や音楽、電子書籍、フェスチケット、ゲームのアイテム、不動産などあらゆるものがNFT化可能

ビット兄さん

そういえば気になったんだけど、暗号資産とNFTってなんか雰囲気が似てるよね。何が違うのかな。

NFTと暗号資産は何が違うのか?

NFTも暗号資産も「ブロックチェーン上で発行されているトークンである」という点では性質は同じものです。

異なる点としては、「暗号資産は代替可能なトークンでNFTは非代替性のトークンである」ということ。

ビット兄さん

ブロックチェーン上にあればデジタルデータはコピーや改ざんができないんだよね。それならNFTだけでなく暗号資産も「非代替」じゃないの??

参考:非代替トークンとは?

いいえ、暗号資産は立派なFT(代替トークン:Fungible Token)です。

確かに、固有のデジタルデータとしてみれば暗号資産も交換不可能なデータの集合になりますが、「〇〇〇円分の価値をもつデジタルデータ」としてとらえれば同じ価値のデジタルデータは交換可能です。

たとえば、1万円札を1000円札10枚に両替するとします。お札を1枚1枚みれば発行番号が記載されており固有のデータとなっていますが、別のお札と「交換(両替)」できてしまいますよね。

その理由は「1万円分の価値をもつデータ」としてみれば、交換前の1万円札も交換後の1000円札10枚も、全く同じ1万円という価値を表現しているからです。

もうお分かりかもしれませんが、つまり暗号資産も「〇〇円」という同じ価値であれば交換可能な「代替性トークン」ということになります。

「NFTと暗号資産の違い」のまとめ
名称 暗号資産 NFT
特徴 代替可能
(同じトークンが存在する)
非代替
(同じトークンは存在しない)
コピー・複製 不可 不可
分割可否 可能 不可能
活用領域 仮想通貨、ウォレットポイントなど定量的なもの デジタルアート、電子書籍、フェスチケットなど定性的なもの

ビット兄さん

NFTについて何となく分かってきたかも。とにかく替えがきかないから価値があるってことだよね。ちなみにNFTが購入したくなったらどうやって入手するの??

NFTの具体的な購入方法について

結論から言えば、NFTを購入できる専用のプラットフォームから、NFTアートなどを購入することができます。

具体的な流れは以下を参考に進めてみてください。手順に沿って順序良く進めれば1~2日で準備を整えらえる見込みになります。

  1. 仮想通貨取引所でアカウント作成
  2. ウォレット作成
  3. ウォレットに入金
  4. OpenSeaにログイン
  5. OpenSea上で商品を探して購入


 
仮想通貨取引所でアカウント作成

会員登録するのであれば、仮想通貨17種類取扱で国内最多取扱量のコインチェック(Coincheck)がおすすめ。

コインチェック

もしくは手数料系が無料のディーカレットがおすすめ。 取引する際はスプレッド(手数料)を安く抑えられます。

ディーカレット

注意
・登録時に電話番号認証が必要
・登録できる本人確認書類いずれかを準備しておくこと
(例:運転免許書、パスポート、マイナンバーなど)
 
 
ウォレットを作成

OpenSeaなどのNFTプラットフォーム(NFTを購入できる場所)を利用する際に、資金を管理するためのウォレットが必要になります。 

代表的なウォレットとしてChromeウェブストアからダウンロードすることができるMetaMask(メタマスク)がおすすめ。ダウンロード時には、画面右上にある「Chromeに追加」をクリックしてダウンロード

MetaMask(メタマスク)

もしくは、送金や受取などが接続するだけで簡単に行えるハードウェアウォレットを提供するLedger Nano S(レジャーナノS)がおすすめ。仮想通貨を管理する際にインターネットから完全に隔離できます。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 
 
ウォレットに入金

お使いのウォレットによって操作方法は変わりますが、どのウォレットでも概ね操作は同じです。

ウォレット内の機能(会員ページなど)から「販売所ページ」を選択し、「ETH(イーサリアム)」を選択。交換する通貨(通常であれば日本円であるJPY)を選択し数量を指定してください。

「購入」ボタンで購入。 購入後「コイン送金」を選択し、宛先や数量を指定後「送金する」でコイン送金

注意
・NFTアートを購入するならば「イーサリアム」の購入が必要になリます。
・宛先(アドレス)は事前に十分に確認しておくこと
 
 
OpenSeaにログイン

ウォレットへのコイン送金が完了したら、NFTプラットフォームにアクセスしましょう。 ここでは便宜上代表的なプラットフォームである「OpenSea」での設定方法をご紹介します。

トップページ上部(もしくは最下部)にある「My Account」から「Settings」を選択。「MetaMask」で設定されていれば「MetaMask」で「Sign In」を押下しサインイン。 

自分のアカウントを選択し「ユーザ名」「メールアドレス」を入力しログインしましょう。
※「Bio」という項目があれば無視して大丈夫です。 

登録完了後に登録したメールアドレスにメールが届きます。届いたメールに記載のURLからジャンプし認証を済ませれば登録はすべて完了です。

 
 
OpenSea上で商品を探して購入

登録が完了すればプラットフォーム上で様々な商品をさがして購入しましょう! 会員ページの上部にある検索ボックスから自由に検索ができます。

Googleなどの検索と同様に複数ワードでの検索にも対応しているので例えば「アート 動物」などで検索することも可能です。 ちなみに購入については、購入したいNFT商品をクリックして「今買う(英語表記:Buy now)」をクリックすれば簡単に購入することができます。 

購入する際の「ETH:イーサリアム」残高が不足すれば、Step.3に記載の方法で必要に応じてウォレットに入金出来ます。

自分だけの特別なNFTを見つけて存分に楽しんでください!

 

NFTのリスクや問題点・抱える課題について

NFTは従来のデジタルデータの概念を覆した、唯一無二のデジタルデータという性質から多くの財産を生み出していることは言うまでもありません。

ただ、NFTそれ自体と法整備についてはまだまだ未熟なところがあります。思わぬ落とし穴にはまらぬよう、今現在抱える課題や問題点には目を通しておきましょう。

NFTには法規制上の問題点がまだまだ多くありますが、特に話題としてピックアップされる4つの問題点があります。

問題①:NFT上のアートにおける問題

・NFTアートの作者とNFTアートの販売者(発行者)が一致しているかどうか

著作権の問題にも絡むと思いますが、自分の作品ではないアートをNFT化するのを防ぐためにNFTプラットフォームにて「本人確認」が高精度で行われなければなりません。

現状諸制度は整備されていないプラットフォームがほとんどですので、如何にして販売者が作品の作者であるということを証明(確認)するかが肝になってきます。

・NFTアートのユニーク性が失われないかどうか(NFTを購入し他のプラットフォームなどで販売することがないか)

現状(2021/10月)プラットフォームで購入した作品を別のプラットフォームでNFT化することに関しては規制されておりません。

ある意味、NFT発行者とプラットフォームの間で発行数の規制などがなされているだけで、他のプラットフォームに逃げてしまえば規制はまた同じ数だけの作品が発行できてしまいます。

発行者を信用することで成り立っている状態なので、いつこの仕組みが崩れるか分かりません。

問題②:NFT上のゲームにおける問題

・NFTを利用したゲームは賭博行為に該当し法律に抵触するのではないか

ゲーム内における、NFTガチャ、NFTの強化、NFTの合成、課金を参加費にした大会などが、賭博行為に当たるのではないかという問題です。

そもそも「賭博」とは、「偶然の勝敗により財物・財産上の利益の得喪(とくそう)を争う行為」とされています。
参考:刑事事件弁護士ナビ

NFTの価値というのが、その時々の相場によって左右することで「偶然の勝敗」に該当するのかどうかというのがポイントになってきそうです。

・景品表示法の「景品類」の制限に該当するのではないか

景品類とは、「事業者が、顧客を誘引するための手段として、方法のいかんを問わず事業者が自己の供給する商品または役務の取引に付随して提供する物品、金銭その他の経済上の利益」をいいます。
参考:森大輔法律事務所

上記制限のうち、「その他の経済上の利益」という箇所にNFT上のゲームで扱われる仮想通貨が抵触してしまう可能性があります。

抵触するとなれば、NFT上のゲームで提供される課金額や、NFTの価値自体に強い制限がかかってします可能性は高いです。

問題③:NFT取引のガス代における問題

NFTだけでなく仮想通貨取引にも当てはまることですが、NFTの取引にはガス(Gas)代が掛かります。

ガス(Gas)というのは、「イーサリアム(ブロックチェーン)上で実行されるプログラムや取引データの管理演算にかかる計算の単位」を指します。

参考

イーサリアム (Ethereum/ETH) のガスとは?Kasobu

NFTの取引が急増したことで、NF取引時に支払うこのガス代が今後いかに抑えられるかというのが肝になりますね。

問題④:NFTの価値暴落のリスク

意外と忘れている方も多いかもしれませんが、NFTとは一点ものの商品でありその資産価値というのは日々大きく変動します。

一般的にNFTアートをはじめとしたNFTコンテンツというのは、ごく一部の資産家が取引に参入することでその価値というのが大幅に吊り上がっているのだといわれています。

いまはNFTという商品の目新しさや、市場の未熟性というのも相まって世間の関心が高まっている段階にあります。いままで適正価格以上の値がつけられていた商品については、暴落する可能性があります。

そこで注意しなければいけないのが、NFTの価値自体は変わっていなくとも仮想通貨の値が下がることによってNFTの価値が下がるのではと考える投資家の売りが先行することです。

今後どこかのタイミングでNFT市場の衰退が感じられたときに、上記の悪循環によって突如として暴落する可能性があります。その点十分に注意してください。

NFTの問題点・課題についてのまとめ

【NFT上のアートにおける問題】

【NFT上のゲームにおける問題】

【NFT取引のガス代における問題】

【NFTの価値暴落のリスク】

ビット兄さん

問題が多くて不安になっちゃうね。いままさに成長中の市場だけどNFT市場は今後どうなっていくんだろう。

NFTの今後の展望、将来性について

デジタルコンテンツの国内市場規模というのは、概算で2021年の298億米ドルから2023年には334億米ドルまで拡大します。

参考

デジタルコンテンツとは何?市場規模や意味、種類についてサクッと解説COLOR ME

世界規模で見れば、3071億米ドルから3523億米ドルまで拡大します。この数字はNFTもこの増大率と同じだけ加熱することを表しています。

今後は、著名人やインフルエンサーなどが保有するインターネット上のデータに価値が付与されたりしていきます。それを筆頭にデジタルデータの規模の成長の分だけ、NFT化の種類が多様化していくでしょう。

NFTの潜在的な成長力というのは言うまでもないですが、その成長のスピードを左右するのはNFT市場というのが世間にどれだけ認知されるかということです。

多くの人々にとってはNFTという言葉自体が、聞きなれない言葉であることは事実です。この記事を皮切りに、もっと世間にNFT化の波が広がって市場が成長することを筆者も楽しみにしています。

NFTの展望・将来性についてのまとめ

・デジタルコンテンツ市場規模が大きく拡大

・NFTの潜在能力に期待

NFTについてのまとめ

NFTについてくわしくまとめて執筆してみましたがいかがだったでしょうか。本記事を簡単に以下に要約したいと思います。

NFTとは何か?

・NFTとは、所有証明書が付いていて偽造ができないデジタルデータのことである。
・「ブロックチェーン」という技術が偽造をできないようにしている。
・絵や音楽、電子書籍、フェスチケット、ゲームのアイテム、不動産などあらゆるものがNFT化可能

NFTと暗号資産の違いは?

名称 暗号資産 NFT
特徴 代替可能
(同じトークンが存在する)
非代替
(同じトークンは存在しない)
コピー・複製 不可 不可
分割可否 可能 不可能
活用領域 仮想通貨、ウォレットポイントなど定量的なもの デジタルアート、電子書籍、フェスチケットなど定性的なもの

NFTの具体的な購入方法は?

・仮想通貨取引所でアカウント作成
・ウォレット作成
・ウォレットに入金
・OpenSeaにログイン
・OpenSea上で商品を探して購入

NFTの問題点・課題は?

・【NFT上のアートにおける問題】
・【NFT上のゲームにおける問題】
・【NFT取引のガス代における問題】
・【NFTの価値暴落のリスク】

NFTの展望・将来性について

・デジタルコンテンツ市場規模が大きく拡大
・NFTの潜在能力に期待

まさにNFTバブルという状態にある市場ですが、「膨らむバブルあれば、はじけるバブルがある」というのは危惧しなければならないですよね。

デジタル時代の新たな形を切り開こうとしている今、そして今後についてもNFTについて注視していく必要がありますね。