仮想通貨NEM(ネム)の魅力&NEMを扱う日本のおすすめ取引所を紹介!

ここでは流出騒ぎで一気に知名度アップした仮想通貨「NEM(ネム)」について解説しています。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

NEM(ネム)ってどんな仮想通貨?

NEMの特徴

NEMとはニューエコノミームーブメントの略称で、新しい経済圏の創出および、資産の再分配をスローガンに掲げられた仮想通貨です。

単位はXEM。

NEMには様々な機能が付加されており、今後も新しいアップデートを予定されています。そのアップデートの名前はカタパルトといい、処理能力が飛躍的に向上し送金速度がVISAカード並になります。それにより、NEMの普及速度が格段に上昇し、価格が上昇されると言われているのです。カタパルトの実装は2018年の5月を予定しており、その辺りから一気に価格が上昇することが予想されています。

仮想通貨のアップデートとは?

実態のないデジタルデータの仮想通貨なので、

NEMは以前コインチェックから580億円分ものXEMが流出し、ハッカーが闇サイトで販売していました。このことから、一般的なアルトコインの代表であるモナコインなどよりも、一般人からの知名度は高く、多くの投資家から注目されています。現在は闇サイトのNEMは全て売り切れ、市場の売り圧はなくなりましたが、依然として低い価格が設定されています。

このことから、これからNEMを購入しようと考える初心者の方であっても、低価格で大量のXEMを購入可能です。
(※記事執筆時点)

NEMには他にもたくさんの魅力あり!

NEMの魅力はそれだけでなく、Apostilleというシステムによりコインに機能をもたせることが可能です。

この機能はEthereumのスマートコントラクトシステムと似ていて、実装されればNEMが指定された条件に従って自動で送金されるシステムが構築されるようになります。それだけでなくアップデートによりセキュリティも向上し、Multisig(※)がさらにMultisig化され盗難対策になるのです。

Multisig(マルチシグ)とはどんなもの?

例えば、特定の人からNEM(XEM)を盗もうとウォレットの残高を変更したとしても、それを管理しているのは複数の知り合いなので知り合い全てのウォレットの記録を改ざんする必要があるのです。これがMultisigと呼ばれ、複数の承認がなければ仮想通貨を動かすことができません。

また、NEMの開発に携わってきた開発者は、Ethereumやビットコインなどよりも開発がしやすいと口を揃えて言っています。開発がしやすいということは、アイデア次第で今後の可能性が無限に広がっているということです。今話題の人工知能と組み合わせることで、さらなる進化も期待できるでしょう。

以上のことから、NEMはビットコインやEthereumなどと違った特徴を持っており、色褪せることのない独自の機能をいくつも持っているのです。今後ネムがビットコインの値段並みになってしまうことも考えられますし、なにより流出事件により知名度が上がったので、受け入れやすい環境は整ってきたとも言えるでしょう。

もちろんNEMは匿名通貨(※)でもないので、金融庁もホワイトリストとして認めています。政府から認められた仮想通貨なので規制の対象にならないため堂々と使用することも可能です。

匿名通貨とは?

暗号通貨とも呼ばれる仮想通貨の中でもとくに匿名性が高いもの。日本でもコインチェックなど一部取引所で扱われていましたが、金融庁が認可している取引所では政府が認めた仮想通貨しか扱っていないため今後国内では売買できなくなるでしょう。

 

NEMを売り買いできる日本の取引所は?

実際NEMのコミュニティは広がってきています。NEMの取り扱いを行っている取引所は、「コインチェック」や「DMMビットコイン」などがありますが、コインチェックは安全が確認されるまで使用することは避けたほうが良いでしょう。少なくとも金融庁の許可がおりるまでコインチェックを利用することは推奨されません。

DMMビットコインでは、NEMの信用取引しか行っておらず現物取引はできないので初心者にはおすすめできません。

信用取引とは?

レバレッジ取引ともいい、取引所へ自分の現金を証拠金として預け入れると、証拠金の数倍~それ以上の金額で取引できる仕組み。レバレッジとは、少ない力で大きなモノを持ち上げられる「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな額の取引ができます。

信用取引にはロスカットという損失を低減させる機能があり、ある一定数の価格が下がると強制的に負債を手に入れてしまいます。だから値動きが予測できない仮想通貨において信用取引を行うのはリスクがあるので初心者にはおすすめできないのです。

 

NEM取引におすすめな取引所は?

NEMを取り扱う日本の取引所としておすすめなのは「Zaif(ザイフ)」です。

Zaifでは他の取引所よりも低価格の手数料を実現しています。しかも板取引が中心なので、初心者でも簡単に取引をすることができます

それだけでなく、社長の朝山氏はNEM財団の理事でありNEMに関する技術者でもあります。だからNEMの取り扱いに関して適切に行うことができるので、ハッカーからの流出と言ったリスクが少なく、利用しやすいです。

さらに、Zaifでは独自のトークンであるZaifトークンを取り扱いしています。現在はまだ具体的な利用方法が決まっていませんが、今後NEMのシステムを利用して価値のあるものを作ろうと考えているようです。Zaifトークンの値段は1円前後でほとんど価値がありませんが、今の価格を利用して少ないお金で大量のZaifトークンを購入うることが可能です。Zaifが今後東証一部などに上場したら、Zaifトークンの値段は上昇していくでしょう。Zaifトークンを経由することで一部の取扱通貨の手数料が安くなることも想像がつきます。

Zaifの可能性はNEMの可能性とつながっており、今後もまだまだ成長することも考えられるので、発展途上の今のうちに参入しておくことが望ましいと言えるでしょう。

【無料】Zaifで口座開設

 

まとめ

ネガティブなニュースによって一気に注目度が上昇した仮想通貨「NEM(ネム)」の魅力をまとめました。

日本では正式に認められている仮想通貨で、金融庁に認可されている取引所で扱われています。ビットコインと違い価格も安めで初心者でも手を出しやすく、将来性にも期待できる魅力的なコインと言えるでしょう。