MT4(メタトレーダー4)がある仮想通貨取引所と利用時のメリット・デメリット

メタトレーダー4

ここでは一部の仮想通貨取引所で採用されている取引ツール「MT4(MetaTrader4/メタトレーダー4)」について紹介していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

MT4ってどんなもの?

MT4解説の前に、簡単に仮想通貨とFX取引について解説しておきますが、知ってる人は飛ばしてください。

 

仮想通貨とは?

仮想通貨とはどんなもの?

新しい金融投資先として注目されているのがビットコインをはじめとした仮想通貨です。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれるもので、インターネット上で取引される電子データになります。

そもそもことの始まりであるビットコインは、ブロックチェーン技術を使うことにより中央のサーバーが管理するのではなく、それぞれのユーザーが保有している取引台帳を互いに参照することによって、そのデータの移転を行うというものです。

中央サーバーで管理されている場合には管理コストが掛かりますし、またセキュリティ面でもリスクが伴いますがブロックチェーン技術によりそれぞれのユーザーが保有している取引台帳を互いに参照することでデータの移転を行うため中央サーバーで管理するコストが小さくなります。

またひとつのサーバーで集中管理されているわけではないので、台帳を保管しているユーザーが存在すればデータの移転が行えます。

このような技術的特徴からビットコインは送金の手段として使われるようになっており、これが暗号通貨と呼ばれるところです。

これは暗号キーに金銭のデータを付与することによって送金を可能としたもので、中央サーバーが存在しないため少ない手数料で送金することが可能となるものです。

一方で暗号キーそのものは数に限りがあり、ビットコインの場合にはそれらを求めて投資することが起こり、これが価値を上昇させています。

市場として形成された仮想通貨は価値の上昇と下落を繰り返しており、これらの価格変動を狙って投資をする人も多くなっています。

仮想通貨を利用する場合には取引所を利用するのが一般的ですが、取引所にもさまざまな種類があります。

つまり金融取引が行えるところもあり、このような取引所ではFX取引に対応しているところもあります。

 

FX取引とチャート

FX取引は証拠金取引のことで仮想通貨を直接購入するのではなくその権利を売買するものです。

これによって下落時にも利益を出すことが可能となり新しい金融投資として注目されています。

このような激しい売買をするさいには重要になってくるのがチャートによる情報です。

チャートは、過去のデータを表示させるものですが、さまざまな機能を付与させることができます。

たとえば移動平均線という考え方はもっとも有名で、設定した過去の値動きを表示し、ライン化することで価格が上昇中であるのか下落中であるのかを知ることができます。

またスローキャストやMACDなどは相場の過熱感を示すものです。複数のラインを表示させクロスすることで売買のタイミングを見るといったものもあります。

基本的に取引所でチャートは無料提供されていますが、独自システムのものが使われていることが多く使い勝手に関してはバラバラ。

またこのような独自システムを導入する傾向にあるのは日本ぐらいで、海外では外部ソフトウェアを使って行うのが一般的となっています。

その外部ソフトウェアとしているのがMT4と呼ばれるものです。MT4はメタトレーダー4と呼ばれる取引ソフトウェアでロシアの会社が開発したものです。

 

MT4とはどんなツール?

メタトレーダー4とはどんなもの?

実際には開発会社が提供しているものもありますが、それぞれの取引所がカスタマイズしたものを利用することになります。

ソフトウェアとしてはチャート表示と取引ツールの2つが利用できるようになっていますが、チャート表示を使用することも可能で、日本でも愛用者が多くいます。

ただMT4に対応しているところは国内では少数派です。

MT4を使うメリット

MT4が対応しているメリットとしては、

  • 会社を変えても取引環境が変わらないこと
  • 豊富なテクニカル分析が可能であること
  • カスタマイズすれば自動取引ができること

などが挙げられます。

テクニカル分析に関しては、スタンダードで提供されているもののほかカスタマイズすることが可能で、独自に分析することも可能です。

使い込めば使い込むほど独自のチャート表示をさせることが可能、というのがMT4の最大のメリットといえます。

MT4のデメリット

一方でデメリットは、日本ではあまり受け入れられていないため対応している取引所が少ないことです。

また英語での使用となるので、英語が不得意な人にはハードルが高いもので、またそのまま使うことはあまりなくそれぞれにカスタマイズして使用する性質のソフトウェアであるためその知識が必要になってきます。

このため素人には扱いにくいものといえます。

MT4がある仮想通貨の取引をする場合には、ある程度のコンピューターを扱う知識が重要です。

デメリットはやはり英語や使い勝手が日本のシステムと違うところであり、うまく使いこなせない可能性もあります。

このためサービスを提供しているところでも、独自システムと併用しているところがほとんどです。

 

MT4が使える国内取引所は?

現在は1箇所のみ。

「BITPOINT(ビットポイント)」で利用できます。

取引手数料が無料なので低コストで運用できるのは強みの取引所ですね。

公式ページ
BITPOINT

詳細
取引所BITPOINTの特徴まとめ

 

まとめ

チャート機能などが盛り込まれた仮想通貨売買に便利なソフトウェア「MT4」について紹介しました。

MT4は使い込めば使い込むほど自身の希望にあった取引をすることが可能になる素敵なツールです。わかりにくさもインターネット検索すれば丁寧に解説しているサイトも見つかるため、最初のハードルを乗り越えた先に快適な投資ライフが待っているはず。

自動取引機能もあるため、取引に必要な時間を大幅に節約することもできます。

ぜひチャレンジしてみてください。