仮想通貨Monero(モネロ)を扱う日本の取引所と特徴を解説

ここでは仮想通貨Monero(モネロ)を扱う取引所やコインの特徴を紹介していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

Monero(モネロ)ってどんな仮想通貨?

Moneroを扱う日本の取引所

仮想通貨Monero(モネロ)を扱う日本の取引所はいまのところコインチェックのみとなります。

コインチェックでは2018年1月にハッキング事件が発生。盗まれたのはネムという仮想通貨ですが、他の仮想通貨も影響を受けました。ビットコインの価格もその影響で下がっています。この時点でビットコインが上昇すると予想していた人も多いようですが、予想外の下落で大損失を被った投資家も多いでしょう。

一部のコインは徐々に売却と出金が再開されました。しかしMoneroについてはまだ売却・出金の再開が未定だったんですが2018/5/7に無事再開↓

ただしもしかしたら、匿名の機能を持っているコインは日本では取引が停止されてしまうかもしれません。匿名の機能がついたコインに期待をしている人も多いでしょうし、できたら取引は停止してほしくないところでしょう。今後の明るいニュースに期待です。

 

Moneroの特徴

この通貨はBytecoinを元にして作られています。Bytecoinからハードフォークをしたわけではなく、あくまで元にして作られているだけです。

【参考記事】
仮想通貨のハードフォークとは?

Bytecoinとは?

Bytecoinはまだ存在しているコインです。世界初の匿名系仮想通貨として注目されています。このコインは時価総額ランキング30位前後とかなり人気があります。Bytecoinではリング署名という技術が使われていて、ほかにワンタイムキーという機能もついています。

 

MoneroこのBytecoinをもとにしているので、リング署名やワンタイムキーといった機能が特徴です。これらの技術によってだれからだれに送金がされたのかということがわからなくなっています

ただし完全な匿名ではないので一部の情報はわかってしまいます。また、あくまで送金元の情報がわかりにくくなっているというだけであり、完全に秘匿されているわけではありません。しかし、通貨として利用をする上では十分な機能であると考えます。

送金速度が速いことも特徴です。120秒という送金速度なので、ビットコインよりも5倍速いです。さらにマイニングの効率が良く、一般家庭にあるパソコンでもマイニングが可能ということも特徴です。Moneroはダークマーケットでも利用されているようです。匿名性の高さは通貨に必要な機能だと思われますが、犯罪などに使われる可能性が高くなる問題点も持っています。

匿名性の機能は必要だと思いますが現段階ではMonero所有のリスクも高いでしょう。なぜなら法律が十分に整備されていないからです。法律が十分に整備されていないという状況と、匿名性が高い通貨が合わさると犯罪が行われる危険性が上がります。将来十分に法律が整備されて、対策が十分にとられたら認められるようになるのではないかと考えられます。投資対象としては長期的に見ておく必要があるでしょう。

 

Moneroを扱う海外取引所

日本の取引所では現在購入ができませんが、海外ではたくさんの取引所が取り扱っています。

BinanceやPoloniexなどがおすすめの取引所です。

初心者におすすめができるのは日本語対応のHitBTCやKrakenです。とくにKrakenのほうはサポートまで日本語に対応しています。Moneroはメジャーな仮想通貨であり、海外も含めると選択肢はとても多いです。初心者のうちはなるべく知名度が高いところを選んでおきましょう。

本人確認には時間と手間がかかりますが、大切な資産を預けるので本人確認をしておいたほうが安全です。「とにかくすぐにトレードを始めたい」というのならば本人確認不要のHitBTCなどがいいでしょう。同時にKrakenにも口座開設をしておいて、本人確認がクリアできたらKrakenに移動するという方法もおすすめです。

Moneroは現在日本の取引所では購入ができませんので、そのかわりにネムなど比較的低価格で人気のある仮想通貨を検討してみてはいかがでしょうか。ビットコインはすでに高いし、イサーリアムやライトコインもすでにかなり上昇してしまっていると感じている人は、ネムがおすすめです。

 

まとめ

匿名性の高さがメリットでありデメリットでもある仮想通貨「Monero(モネロ)」について紹介しました。

日本で唯一扱いのあるコインチェックではいまのところ新規登録を制限していますし、海外取引所で口座開設してまでMoneroを買うべきかというと疑問です。とくに初心者の方が最初に買うならビットコインなどすでに一定の地位を築いている仮想通貨をおすすめします。