モバイルウォレットとは?安全性やおすすめアプリを紹介

ここではいくつかある仮想通貨を管理するウォレットの中で、モバイルウォレットがどんなものなのか?について解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

モバイルウォレットってどんなもの?

モバイルウォレットはスマートフォンのアプリを利用して秘密鍵を管理するものです。

最近ではたくさんのモバイルウォレットアプリがリリースされていて、自由に自分の資産を移動することができます。高いセキュリティ性をもつものもあり、資産を安全に管理することが可能です。

モバイル用のウォレットは、ユーザーが秘密鍵を入力することでアドレス内において資金管理が可能になり、秘密鍵はスマートフォンのみで管理されます。なのでウェブ上のウォレットよりハッキングされるリスクが低く持ち運びに優れているのが特徴です。

 

モバイルウォレットのメリット

いくつかありますが、どこでも使える利便性の高さは大きなメリットですね。

デスクトップ用ウォレットはインストールしたパソコンがないとウォレットにアクセスすることができず、パソコンを持ち運ぶのも手間がかかる欠点があります。

しかしモバイル用ならスマートフォンさえあればどこでも操作することができ、持ち運びのしやすさが大きなメリットです。

取捨選択がしやすく入手する際にApp StoreやGoogle Playなどを通すため、この時そのアプリの評判や使っている人の数などが一目でわかるので、適切なウォレットを選択できるでしょう。ある程度信用することができるものだけがストアに登録されているので、安心・安全に利用することが可能です。

 

モバイルウォレットのデメリット

デメリットもいくつかあり、たとえばアルトコインに対応したウォレットが少ないことがあげられます。

あまり市民権を得ていないアルトコイン用ウォレットだと認可されないことが多く、アルトコイン対応のウォレットは少ないのが現状です。

ほか、スマートフォンが壊れるとウォレットにアクセスできないケースもあるので、必ずバックアップを取っておくことが大切です。具体的には秘密鍵をメモして保管したり、復元コードをメモに書いて保管するなどを行うといいでしょう。

 

選ぶときの注意点

アプリをリリースするときの監査は厳しいですが、それでも例外的に問題なしとなってしまったスキャム(=詐欺)まがいのモバイルウォレットも存在するので注意が必要です。

リスクのあるものを利用しないようにレビューをチェックしたり、内容をよく見て利用することをおすすめします。

評価が低いものの中にはスキャムではないがデスクトップ版との性能の差が大き過ぎたり、公式アプリなのに機能が悪かったり、日本語に対応していないなどの理由から低評価を付けられていることもあるので、レビューの内容を吟味してから決めるといいでしょう。

 

利用時の注意点

スマートフォンの安全管理に気をつけるためのバックアップなど万が一の場合の予防策を考えておき、スマートフォンを壊したり何かしらのウィルスに感染しないよう気をつけることも大切です。

モバイルウォレットをスマートフォンにインストールしたら、セキュリティソフトを導入したり端末にカバーをつけるなど、スマートフォン本体とその中身を大切に扱うよう心がけたいですね。

 

おすすめのモバイルウォレット

おすすめのウォレットはいくつかピックアップして紹介しておきます。

Copay

Copayは「マルチシグネチャシステム」と言う1つのアドレスにアクセスするのに複数の秘密鍵を求めるシステムになっていて、高いセキュリティ性を実現しているビットコイン用のウォレットです。

パソコンのデスクトップ版もあり連携することも可能で、AndroidやiOSにも対応しています。

 

Bread

Breadは非常に簡単で使いやすいUIが特徴的で、初心者におすすめなビットコイン用ウォレットの1つです。ただしこのウォレットは、ビットコインの単位が通常の「BTC」ではなく「bits」になっているので注意が必要です。

1BTCは1,000,000bitsで、AndroidとiOSの両方に対応できます。

 

Mycelium

Myceliumはビットコイン用ウォレットで、取引に使用していない時コールドストレージ機能によりウォレットをさまざまなネットワークから遮断することができ安全性を高めることが可能です。

ただし日本語対応ではありません。AndroidとiOSの両方に利用できます。

 

Coinomi

Coinomiは複数の仮想通貨を利用ができるモバイルウォレットで、対応している通貨数は70種以上ありイーサリアムやライトコインなども扱っています。複数あるアルトコインをスマートフォン1つで管理したいという人におすすめです。

日本語に対応していませんがAndroidに対応していて、今後はiOS版もリリースされる予定です。

 

モバイルウォレットにはいくつか種類がありますが、ほとんどの場合無料で利用できます。ここで紹介したものはすべて無料で、操作しやすく簡単に使えるでしょう。

あと初心者にはあまり関係ないと思いますが、ここで紹介したモバイルウォレットはビットコインなどのマイニングができないので、購入する前に機能などを確認しておきましょう。

マイニングを行うには「フルノード」というこれまでのトランザクションを記録したウォレットが必要で、他の仮想通貨についてもスマートフォンでは基本マイニングできないので注意が必要です。

 

まとめ

仮想通貨保管方法の1つ、モバイルウォレットについて解説しました。

決済通貨としても日々対応店舗が増えていっているので、スマホで持ち歩けるモバイルウォレットは今後必須になっていくでしょう。

基本的に無料提供されているので、いくつかインストールして使い勝手を確かめてみて下さい。