マイニング可能な仮想通貨のおすすめとやり方・注意点まとめ

マイニングできる仮想通貨

マイニング可能な仮想通貨はたくさんあります。

大きく分けるとコインとトークンがありますが、そのうちトークンはマイニングできません。なぜなら発行者が最大発行枚数を決めて、その範囲内なら自由に発行できるからです。トークンのうち代表的なものにOmiseGoなどがあります。

TRONやEOSもイーサリアムのプラットフォーム上で発行されたトークンでしたが、2018年にメインネットに以降する予定です。TRONやEOSのように最初はトークンの状態で発行して、その後にメインネットが発動したら独自の仮想通貨になることを予定しているトークンもあるということです。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

マイニングに対応する仮想通貨と方法

この2種類のうちコインのほうなら自由にマイニングができます。一番簡単なのはウォレットで採掘することでしょう。公式ウォレットで特定のコマンドを打ち込むことで採掘を開始できます。

プール採掘方式がおすすめ

しかしこの方法はソロマイニングとなるので、大変非効率です。「ソロ採掘」は大変非効率なので、他の人と協力をする「プール採掘」のほうがおすすめです。

プール採掘の始め方

「プール採掘」はそれほど難しくないのですが、コードの入力などでつまづいてしまう人がいます。そのような人はまずは「MinerGate」そいうソフトを使って採掘をしてみましょう。

MinerGateというソフトは、ダウンロードした後起動するだけで採掘ができるというとても手軽なソフトです。採掘効率があまり良くないということがデメリットですが、初心者の人はまずはこのソフトを使って仮想通貨の採掘を体験してみるとよいと思います。

慣れてきたらプール採掘にもチャレンジしてみましょう。

手順としては、プールのサイトに登録をして専用のソフトをダウンロードします。次にコードを入力して設定をします。設定の仕方は基本的にプールのサイトに書かれているので、その通りにやれば大丈夫です。ここで問題が起きる人は、たいていはコードの入力を間違えているのではないでしょうか。

この方式では基本的にCPUをフル稼働させることになるので、他のソフトを起動している場合にはすべて閉じておきましょう。でないとフリーズしたりパソコンが落ちたりといったトラブルにつながります。

このように仮想通貨採掘のやり方はとても簡単です。重要なのはむしろPCの性能となります。基本的にCPUでは効率よくマイニングすることができませんので初心者向けです。

中級者・上級者になってくると高性能なGPUを自作PCに取り付けて採掘をします。メーカー製のPCではGPUを取りつけることができないようになっていることもあるので、自作PCのほうがおすすめです。CPUに比べてGPUのほうが10倍以上の効率で掘ることができます

 

低性能パソコン利用者向けのマイニング

性能の低いパソコン

ステーキング可能なコイン

パソコンの性能が低いという人は、ステーキングができる仮想通貨を選ぶとよいかもしれません。

ステーキング(Staking)とは?

コインを保有するだけで報酬がもらえる仕組みのこと

ただしステーキングができる仮想通貨については、今のところおすすめできるものがあまりないという問題点があります。なぜなら時価総額ランキングが低くて危険度が高いものばかりだからです。

時価総額ランキング上位のコインのほとんどはPoWというアルゴリズムが採用されています。PoWというアルゴリズムが採用されているコインは基本的にすべてマイニングができます

ビットコインについてはASICという専用のマシンがないと非常に効率が悪いのでおすすめしません。

モネロ、Bytecoin、ライトコインなどがおすすめになります。

もしくは新しく誕生したPoWのコインを掘るのもよいでしょう。新しく誕生したコインの中には非常に効率良く採掘できるものもあります。

ただしそのようなコインは、たいていすぐに価格が暴落してしまうので非常に危険です。なぜならだれもが効率のいいコインをマイニングしたいと思っているのでどんどん発掘されていき、そして大量に売られる傾向があるからです。やはり安定しているのはモネロ、Bytecoinなどですね。

PoSタイプの仮想通貨もおすすめ

低スペックなPCでも電力をあまり消費せずに新規発行コインを入手できるのが、PoSのアルゴリズムが採用されたコインです。

PoSコインで時価総額ランキング上位にきているものはほとんどないので、危険度も高いということは理解しておきましょう。

イーサリアムは2018年中にPoWからPoSへの移行を予定しているので、それを待つのがもっとも安全かもしれません。

Decredは時価総額ランキングが現在27位とやや不安があるものの、PoWとPoSのハイブリットなので将来を期待されています。

日本人でもホルダーが多いXPやストロングハンズは、かなり危険なコインなので投資するときは注意しておきましょう。

モナコインやVergeが51%攻撃を受けてPoWの問題点が浮上しているところなので、PoSコインへ投資するのはおもしろい選択肢です。

しかし現状広く認められているのはPoWのほう。資金のすべてを1つの銘柄に投資するのではなく、5種類以上の銘柄に分散投資させておくことでリスクを減らせます。

 

まとめ

どんな仮想通貨がマイニングに対応しているのか?その中でおすすめはどれなのか?などについて解説しました。

自宅のパソコンでも手軽にできるものもあるので、チャレンジしてみてください。