マイニング代行「マイニングファーマー」でラクラク副業!

マイニングファーマーとはどんなもの?

仮想通貨は取引所で購入する以外にもマイニングで入手する方法があります。

マイニングとは?

インターネットに接続されたパソコンで専用ツールを起動することで、バックグラウンドで仮想通貨の取引に必要となる暗号化などの処理の一部が分散化コンピューティングによって実行され、それを手伝った報酬として低確率ですが仮想通貨が付与されることがあります。その行為がまるで鉱山で鉱石を採掘する行為と似ていることから、やがて採掘を表す英語のマイニングと呼ばれるようになりました。

それらの運用を効率よく行うためには、高速処理とマルチスレッドに対応したCPUを持っているのはもちろんのこと、昨今では数億の高度な演算を一気に行えるグラフィックカードに搭載されているGPUに注目が集まり、複数のグラフィックカードを搭載するケースがあります。

低確率の仮想通貨の付与を引き当てるためには試行回数を増やすことで少しでも確率を高めることが重要ですが、個人で運用する場合には1台のパソコンならば何とか用意できても複数台となれば費用の面でも設置スペースの面でも困難です。

そんな問題を解決するソリューションとして、マイニング代行を取り扱っている「マイニングファーマー」が登場し大きな注目を集めています。

そこで新サービス「マイニングファーマー」がどんなサービスなのか?について解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

マイニングファーマーとはどんなもの?

マイニングファーマー公式サイト

同社はタイ王国に拠点を置き、大規模な専用サーバールームを備えてマイニングファーム運営を行っています。

 

マイニングファーマーの仕組み

ユーザーは自身で専用のパソコンを用意することなく予算に応じて適切な機器の選定を行った上で運用され、ユーザーが用意した報酬受け取り用の仮想通貨ウォレットに自動的に振り込まれる仕組みです。

 

マイニングファーマーを利用するメリット

マイニングファーマーのメリット

専用サーバーの運用には多くの電気代がかかるだけではなく、一般家庭向けの電力容量では複数台の稼動は不可能ですが、マイニングファーマーであればすべてを任せることが可能で、電気代の心配や24時間運用の保守管理も必要ありません

さらにマイニングファーマーでは、アジア圏でも比較的電気代の安いタイ王国に専用のデータセンターをオープンしていることからコストを削減できます。

日本人ユーザーが税金対策からマイニングファームを運用する場合には日本国内での運用が提案されることがありますが、その場合は通常の電気料金よりも安く利用できる電力会社と契約していることからトータルコストを抑えることが可能です。

 

マイニングファーマーで用意されているプラン

マイニングファーマーでは、初心者の方から自身で運用できる方までさまざまなニーズに合わせて次のようなプランが提供されています。

  • フルパッケージすべて丸投げモデル
  • 機器の輸入代行
  • 運用管理のみ
  • 機器の設置設計代行

それぞれのプランの特徴を解説していきます

フルパッケージすべて丸投げモデル

「フルパッケージすべて丸投げモデル」は、100万円以上が目安で機器購入プランから運用プランまですべて任せることが可能です。

機器の輸入代行

自宅で運用や管理をする方のための「機器の輸入代行」は、20万円以上が目安。このプランでは、同社と取引のある複数の海外業者が取り扱う製品の中から機器ごとに最適な見積もりが提案されます。

運用管理のみ

電気代が高額な方向けの「運用管理のみ」は、電気代実費と運用管理報酬の合計額の支払いとなり、自宅にサーバーの設置スペースが無い場合や電力容量が足りない場合に運用を任せることができます。

機器の設置設計代行

「機器の設置設計代行」は、都度見積もりとなっており自宅で運用したい方のために最適な機器を輸入、または輸入代行し設計や設置も任せるプランです。

 

マイニングファーマーのマシン費用

マイニングファーマーでは複数のASIC製造メーカーと提携していてこれまで数多くの輸入実績があります。

BAIKAL社のBK-Xを1台輸入する例では本体価格が1599ドル、別売りのPSUが15000円、送料が約100ドルに関税と消費税の実費、購入および受け取りの手数料が端末代金の20%が発生します。機器が届いてから約7営業日以内に運用が開始される流れです。

運用代行のみを利用する場合には別途1台につき期設定費3000円が発生し、機器選定から注文した場合はこの初期設定費を含んだ金額で提案が行われ、ASICは単体では動作せずUPS電源や電源ケーブルに加えてLANケーブルなどの必要なパーツは別途実費が請求されます。

 

毎月の運用コスト

マイニングファーマーの月額費用は、各種ASICまたはGPUに対して運用管理月次報酬を支払う形です。

kw/h15円を720時間稼動した電気代に加えて日本国内で運営した場合は収益の20%、タイ王国で運用した場合は収益の15%を支払います。

収益報酬は運用ボリュームによりボリュームディスカウントが可能で、ビットコイン以外の仮想通貨に変更する場合には都度手数料が発生します。

月額費用は毎月月末締め翌月10日の支払いとなり、万が一遅延した場合は稼動を停止される場合もあるため注意が必要です。

 

安心して任せられる?

自宅や日本国内での運用はいざ知らずタイ王国での運用に不安を感じるユーザーへの要望に応え、同社では常時監視カメラでリアルタイムに稼働状況を確認できる体制を整えているのも高い信頼性を証明しています。

 

詳細はこちらから
マイニング代行サービス「マイニングファーマー」顧客新規開拓プロモ

 

まとめ

マイニング代行サービス「マイニングファーマー」のサービス内容を紹介しました。

マイニングファーマーはこれまでに無かったマイニング代行というサービスの提供で、個人でサーバーを用意できない方でも報酬を得られる可能性のある新たなソリューションを提供しています。