仮想通貨のレバレッジ取引とは?対応するおすすめ取引所も紹介

仮想通貨売買ができる取引所は数多くありますが、中には持っている軍資金以上の金額を動かせるレバレッジ取引ができるところも。

そこで、レバレッジ取引とはどんなものなのか?またサービスを提供している国内の仮想通貨取引所を紹介していきます。

レバレッジ取引とはどんなもの?

レバレッジ取引とは、主に外国為替証拠金取引、通称FXと呼ばれる投資において使われることが多い用語で、仮想通貨に限ったものではありません。

外国為替のように、主に相場の変動で利益を上げようとする場合に、相場の変動率を拡大できる方法、というとわかりずらいんですが投資額を大きくできるってことですね。

これは仮想通貨取引でも外国為替と同じように使うことができます。おすすめの取引所は個人の好みにもよるかもしれませんが、そもそもこの方法を扱っていないところもあります。

また、レバレッジの幅を倍率で表すのですが、倍率が高ければ高いほどいいという単純なものでもありません。倍率が高いほど相場の変動率も高くなるものの、利益が大きくなる代わりに、損失も大きくなることを意味しているからです。

そのため、単純にレバレッジの倍率が大きなところを選ぶのではなく、自分の身の丈にあった倍率が設定されているかどうか?の観点で選ぶのが安心です。

 

さて概略はこれくらいにして、レバレッジとは一体どういうものなのか、具体的に説明していきます。

レバレッジの取引例

ここでは一番有名なビットコインを例に説明を進めていきます。もちろんイーサリアムであっても基本的には同じことですし、その点ではアメリカドルやユーロなどの仮想通貨ではない外国為替であっても考え方そのものは変わりません。

1ビットコインは日本円ではかなり高額で、実際には小数点以下での売買になることも多いでしょうが、話をわかりやすくするために1ビットコインが100万円として考え、投資資金についても100万円あるとして進めます。さほど極端な想定ではないでしょうから、理解を得る上では問題ないでしょう。

普通に100万円でビットコインの売買すると、当たり前ですが1ビットコインに交換されます。これで利益を狙っていくわけですが、それには相場の値上がりを待つことになります。

首尾よく相場が値上がりし、1ビットコインが100万円から105万円に値上がりしたとしましょう。すると持っている1ビットコインの価値が100万円ではなく105万円になりました。もちろんビットコインのままで持っている限りこの利益は潜在的なものでしかないわけですが、ここで日本円に交換したとします。すると当然105万円となり、差し引き5万円の利益を手にすることができました。

これを変動率、利益率という観点でみてみます。

変動率

相場は1ビットコイン100万円から105万円になったので5%の変動です。

利益率

一方で利益は、100万円の投資資金が105万円になったので5%の利益です。

ここで、相場の変動率と利益率が同じ数字になっていることによく着目してください。聡明な人は、よく着目するも何も同じ数字になるのは当たり前のことだろうと言われるかもしれませんね。

ですがそれは、普通の売買だからなのです。この後で説明するレバレッジにおいてはこの2つが一致しないことが起こりるため注意しましょう。

レバレッジは、ある意味で人の褌で相撲を取ることに相当すると言えます。つまり自分の投資資金だけではなく、人のお金を借りる形で投資ができるんです。

自分の投資資金に対していくらのお金を借りることができるのか?という数字を倍率と呼んだりもします。

 

レバレッジ3倍の場合は?

たとえばレバレッジ3倍で取引した仮定しましょう。この数字は取引所が設定している範囲内で自分自身で決めることができます。

3倍の倍率で行うと、自分の投資資金100万円に対してその3倍である300万円のお金で投資することが可能になります。どうしてそんなことが可能かどうかは、結局のところその差額の200万円を取引所から借りているからですね。

仕組みはともかくとして、300万円でビットコインを買うとどうなるでしょうか。1ビットコイン100万円だったので当然3ビットコイン購入することができます。そして先ほどと同じように相場が変動したとして、1ビットコイン105万円になったとき日本円に交換するとどうなるでしょうか。簡単な掛け算で315万円になることがわかります。

ですがここで、この315万円のうち200万円は自分の投資資金ではなく借り物だったことを思い出してください。借りたお金は返さなければいけません。差し引くと、自分の手元に残るのは115万円となります。元々は100万円の投資資金だったのですから、利益は15万円になったことがわかるでしょう。

さてここで、変動率と利益率をあらためて確認してみます。

相場の変動率は先ほどと同じ5%であるにもかかわらず、利益率は5%ではありません。100万円に対する15万円ですから利益率は15%となっており、これは5%からレバレッジの倍率である3倍分が高くなっていることがわかります。

 

レバレッジ取引可能なおすすめ取引所は?

まずは安心感のある金融庁が認可している国内取引所をおすすめします。その中で、仮想通貨の取引が活発な大手から選びましょう。

たぶん仮想通貨取引所についてネットで調べると、この辺は必ずでてくるところ。最近金融庁の調査も厳しくなり、業務改善命令がでているところもあるので、最低限認可済みのところから選びたいですね。

初心者ほど「大儲けしてやろう!」と高いレバレッジ倍率で取引しがちですが、それだけリスクが高くなります。なので最初は2~3倍、頑張って5倍くらいまでにしておいたほうがいいでしょう。取引時に倍率は自分で決められるので、この中ならどこを選んでもいいですね。

 

まとめ

少ない軍資金で大きな金額を投資できる仮想通貨のレバレッジ取引について紹介しました。

最大20倍ものお金を借りられるbitbankでやる場合、仮に元手10万円なら200万円分も購入できてしまいますが、価格変動の激しい仮想通貨なので最初は低い倍率からチャレンジすることをおすすめします。