草コインとICOの違いは?それぞれの特徴や買い方も解説

ビットコインはわかるけどほかの用語はさっぱりわからない、そんな仮想通貨初心者にとって草コインとICOはなにが違うのかわからないのではないでしょうか。

草コインはコインとついてるのでなんとなく仮想通貨なんだろうなと予想できなくもありませんが、ICOのようにアルファベットになるとさっぱりです。

そこでこの2つの仮想通貨用語の違いを紹介していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

草コインとICOってどんなもの?違いは?

草コインとICOの違いですが、仮想通貨として取引所に上場している物かどうかの違いになります。

草コインの場合はきちんと取引所に上場しているのでそこで口座開設さえすれば誰でも購入する事が出来ますが、ICOは上場されてないので、どこでも買うことは出来ません。

草コインの特徴

草コインの特徴としては、海外取引が主にされており、買い方としては海外の取引所にて購入する事が可能です。海外の取引所も数多くありますので、自分がほしい草コインを販売されている取引所を探す必要があります。

また海外だけではなく日本でも行われているので、海外でも日本でも好きな場所で購入する事が出来ます。但し、取引所に登録して購入するのではなく、買い方としてICOが開催されている会社で購入する事になるので注意が必要です。

仮想通貨としての価値の違い

草コインの場合は上場されているので価値がついていますが、ICOは上場されないようだと価値がつかないままで終わってしまう可能性も考えられます。特に聞いたこともない様な会社の物を購入すると価値がつかない可能性もあるので、購入する時にはよく調べてから購入しましょう。

ICO案件に手を出すときに気をつけたいこと

特にICOの場合はこれからのロードマップやホワイトペーパーを必ず確認するようにしましょう。上場までの道のりがきちんとされている物なら信頼することが出来ますが、道のりがきちんとされていない物だと購入しても価値が出ないだけではなく、実際に上場しない可能性も出てくるので注意が必要です。

草コインに手を出すときに気をつけたいこと

草コインの場合も一度上場したからと言って安心してはいけません。流動性が低い物は上場が廃止になる事もあり、一旦廃止になってしまうと同じ取引所では上場する事が基本的に出来ません。このため、海外取引所で購入する時にある程度流動性を持っている物を購入する必要があります。流動性が低いほど高騰した時に価値が出ると考えられますが、廃止されてしまうと無価値になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

2つの違いを比べるとどちらにしてもリスクがそれなりにありますが、当たった時は返ってくる金額がかなり大きなものとなる可能性が高くなります。とくに、注目度が低い仮想通貨は価格も安いので大量に仕込むことが可能です。保持している枚数が多ければ多いほど、価値が高騰した時に大きな利益を得ることが出来ます。

また上場前の仮想通貨に関しては100倍以上になるのは珍しくなく、今現在日本国内で取引されているアルトコインも上場する前の段階ではかなりの安値で売られており、今の価格は何百倍にも膨れ上がった価格になるのです。優秀な価値を持った仮想通貨ほど、価格が上がることに期待を持つことが出来ます。

 

購入時の注意点

次に購入する時の注意点ですが、日本では基本的にメジャーなアルトコインを購入する事しか出来ません

これは金融庁が許可をだした仮想通貨しか日本国内で取扱をする事が出来ないためです。

そのため海外の仮想通貨取引所を利用する必要がありますが、海外では日本語が通じる所を選ばないと問題が発生した時に時間がかかってしまうので、出来るだけ日本語が通用する所を選ぶようにしましょう。大手の所であれば日本語を利用して取引することも出来るので、サポートも期待することが出来ます。あまり知られていない所を利用するとサポートに期待をする事もできませんので注意が必要です。

他にもICOに関してはその会社が用意したサーバーで購入するため、ユーザー数が多いとサーバーがダウンしてしまう事もあります。なので、購入する場合にはサーバーも気にしてから購入するようにしましょう。

次に専用のウォレットを会社が用意してくれている場合もありますが、ほとんどの場合はウォレットは後から用意される流れになっています。終了した後に直ぐに配布がある訳ではありません。配布まではある程度の時間がかかる可能性が高いので、のんびり待つことにして下さい。焦って運営に何度もメールを送るとそれだけ配布が遅れてしまう事にも繋がりかねません。信頼できる会社から購入ものであれば配布は確実に行われるので、安心して待つようにしましょう。

また、取引所に上場するまでには長い場合は半年以上かかる事もありますので、焦らないことが大切です。

これは仮想通貨全てに言えることですが、はじめての投資を仮想通貨から入る方が増えてきているので、少しの事で騙されたのではないかと思われる方も少なからずいるようです。実際に仮想通貨を使ったその様な事件もありますが、一般的にほとんど起こる可能性はありません。特に昔から長い間運営している所は信用する事ができるので、不具合が生じた場合にも会社のアナウンスを待つようにして下さい。多くのユーザーが問い合わせを一斉に行うとそれだけ多くの人手が必要になるので、時間が余計にかかる結果になるので注意が必要です。

上場後はロードマップがしっかりしていれば買いたいと考えるユーザーが増えてくるので、予想以上の高値になる事も期待できます。よって売るのは様子を見てからにしましょう。

 

まとめ

仮想通貨の中でも大きな利益を得られる可能性がある「草コイン」と「ICO」の違いを紹介しました。

両方ともビットコインやイーサリアムなどメジャーな仮想通貨に比べてかなり価格が安いのが大きな魅力。また取引所に上場でもしてくれたら大きな上昇が見込めます。それだけに多きく稼ぎたいと夢を持って始める人も多いと思います。

ただしその分リスクもあるので、生活費を削ったり消費者金融で借りてまでチャレンジすることはおすすめしません。あくまで余剰金で始めましょう。