草コインとアルトコインの違いは?

2017年には世界中で急激に仮想通貨が人気となり、投資をしたことによって大きな利益を得ている人がいます。急激な価格上昇で「億り人」と呼ばれる億以上の資産を手にした成功者たちがテレビや雑誌に登場することもありました。

いまではかなり知られる存在になった仮想通貨ですが、初心者向けに解説しておくと、円やドルなどの実際のお金のように目に見えて手に持つことができるものではなくインターネット上で取引がされる世界共通の仮想(デジタルデータ)のお金のことです。

たくさんの人が保有するほどそのコインの価値が上がり、手放すと価値が下がっていくというもので、価値の安いときに購入をして高い価値があるときに売ることができれば大きな利益を生み出すことができます。

仮想通貨としてはビットコインが一番有名ですが、ほかにも1500種類とも2000種類以上とも多種多様なコインが世界中で誕生し取引されています。ただしビットコインは世界で一番初めにできた仮想通貨で持っている人も多いので、仮想通貨といえばビットコインという認識の人も多いでしょう。しかしビットコインだけではないんですよ、という部分だけは知っておきたいですね。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

仮想通貨の種類

仮想通貨は「ビットコイン」「アルトコイン」「草コイン」「詐欺コイン」の4つに大きく分けられます。

ビットコインは仮想通貨の草分けのようなものなので一つのくくりとなりますが、その後に生まれてきたたくさんの仮想通貨が「アルトコイン」その中に「草」「詐欺」も含まれます。

アルトコイン=alto coin=alternative coinで「ビットコインの代わり」といった意味です。

詐欺コインは仮想通貨の売買において悪徳な業者から購入を勧められることに使われる仮想通貨のことなので、詐欺コインで検索をして出てくるサイトで紹介されているような仮想通貨には手を出さないように注意が必要なものです。

ではアルトコインと草コインの違いはどのようなところなのでしょうか。

 

アルトコインとはどんなもの?

アルトコインはビットコインでは果たせない役割を持って生まれてきたコインです。

ビットコインはブロックチェーンという仕組みを使って取引が行われます。ブロックチェーンは一定期間内の取引が記載されている台帳のようなもの1冊1冊が一つの塊となっているもの。台帳は実際に日本円やドルなどのお金を取引する銀行なら、銀行とその銀行の利用者しかわからないところですが、ビットコインで使われるブロックチェーンはそれらの台帳がチェーンでつながれ一つのブロックになっているので誰でも見ることができるという仕組みとなっています。

ブロックチェーンはハッキングなどの不正なアクセスが起こる可能性は低く安全性の高い仕組みといわれています。

そのブロックチェーンはビットコインが誕生した時にできた仕組みですが、その仕組みはすべての仮想通貨の基盤とあるもので、この仕組みを使った仮想通貨の機能もどんどん進化し続けています。

このようにブロックチェーンを使いアップデートし続けているコインがアルトコインです。

アルトコインの種類

アルトコインにはイーサリム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどたくさんの種類がありますが、その中でも急騰してきて将来に期待が持てる仮想通貨もたくさんあります。しかし基本はビットコインの代わりとして生まれたものなので、ビットコインの価値が落ちてくればそれに影響されて仮想通貨全体の価値が落ちてしまう可能性も十分あります。

メリット・デメリット

アルトはまだビットコインのようにあまり知られていないものも多いので安く購入することができ、今後のビットコインの動きによって同じように価値が上がっていけば、安く購入して高く売れるという大きな利益が期待できるというメリットがあります。

しかしアルトコインの中には草コインも詐欺コインも含まれているので購入をする際選び方に注意をすることが必要なこと、安いからといって無名なアルトコインを購入しその仮想通貨がそのまま消えてしまい価値がゼロになる可能性もありえます。こういったリスクが伴う部分は大きいデメリットでしょう。

 

草コインとはどんなもの?

草コインはビットコインの後に生まれてきたアルトの中で、ギャンブルに使われる仮想通貨です。ギャンブルに使われるのでビットコインやアルトのようにあまり実用性がなく信用度も低いものでハイリスクを伴いますがその分ハイリターンを期待できるともいえます。

草コインの草とは麻薬のような中毒性があるという意味や、草が生えている様子を表す「w」という字が笑ってしまうほどの良くないコインという意味で、良い意味を持たれていないグレーな仮想通貨だとある大手サイトでは説明しています。

私のところにも「将来カジノで使えるようになる仮想通貨を買わないか?」といった話が来ました。アジアの某国にあるカジノで使えるってことでしたが、これは完全に草コインですね。1コイン10円くらいだったのでギャンブルにお金を使うつもりで1000コインだけ買ってみましたがどうなることやら・・・。相手側は「どこそこの取引所に上場する」「将来価値が100倍になる」など詐欺でよく使われるフレーズを使っていましたが怪しいですね。これも経験と思い買ってみましたが、宝くじを買ったようなもので将来どうなるか楽しみだったりもしています。

このように草コインはギャンブル性の高い仮想通貨と言えます。

草コインはどこで買える?

日本の仮想通貨取引所では草コインを購入することができないので、購入をするときには日本円を海外のお金に交換してから海外の取引所で購入することになります。

また私のように人に紹介される形で話が入ってくることが多いでしょう。私の場合は、お金を振り込んでスマホの専用ウォレットアプリをインストールしたらそこへ送金してくれるものだったので、海外口座は介していませんでした。が、最近は勝手にマイニング計算に利用されていたり個人情報を抜き取られる場合もありますし、そのアプリも裏でどんな動きをしているかわかりません。ので、こういった買い方はあまりおすすめしません。

草コインを買うなら、海外でも大手の取引所で扱われているコインをおすすめします。

ただし日本の取引所で扱っていないので「ビットフライヤーなど国内取引所へ送金して日本円で引き出す」といったこともできないため、日本円へズムーズに換金できないことは考慮しておく必要があります。

 

まとめ

仮想通貨の中でアルトコインと草コインの違いについて解説しました。

このように世界で一番初めに生まれたビットコインを先頭にアルトコインがどんどん生まれてきたのですが、その中にはギャンブルに使われる草コインも詐欺コインも含まれているので購入をする際は気を付ける必要があります。

あまり多く流通していないニッチな仮想通貨は1コイン=1円未満などかなり低価格で購入することができるのですが、その通貨は必ずしも価値が上がるとは限りません。草コインや詐欺コインを購入してしまう可能性もあるので、初心者が仮想通貨をはじめて買うなら日本の取引所で扱われているアルトコインの中から購入することをおすすめします。