仮想通貨初心者がおさえておきたい基本用語を解説

仮想通貨の基本用語解説

ここでは仮想通貨初心者がとりあえず知っておきたい用語をピックアップして解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

初心者が抑えておきたい仮想通貨の基本用語

ブロックチェーン

仮想通貨初心者がおさえておきたい基本用語その1は「ブロックチェーン」です。

初心者の人の中には誤解をしている人がいますが、ブロックチェーン=ビットコインではありません。

ビットコインはブロックチェーンという技術を使っていますが、同じものではないのです。

日本語に訳すと「箱の鎖」などとなりますが、箱が一直線の鎖で繋がれているイメージです。

箱の中には取引のデータなどが入っています。

この箱の中に入れられるのは取引のデータだけではありません。

イーサリアムなどの第二世代の仮想通貨はさまざまなデータをブロックの中につめています。

 

取引所と販売所

「取引所と販売所」という用語も初心者が知っておくべきものです。

取引所は、仮想通貨交換事業者のユーザー同士で売り買いする場所。

販売所は、交換事業者から扱われている仮想通貨を買うところです。

Binance(バイナンス)やBittrex(ビットトレックス)など海外の大手交換事業者は、ほとんどが取引所です。

ところが日本のBitflyer(ビットフライヤー)やコインチェックは販売所が設置されています。

日本の最大手であるBitflyerではビットコインやイーサリアムは取引所だが、ライトコインやモナコイン、Liskなどは販売所となっているのでややこしいです。

販売所はスプレッドの幅が広いので購入した時点で含み損失が出てしまいます。

スプレッドとはbidとaskの差のことですが、初心者の人は手数料のようなものと考えておいて差し支えありません。

基本的には取引所で購入したほうが安上がりです。

 

スケーラビリティ問題

次に知っておきたい基本用語が「スケーラビリティ問題」です。

上のブロックチェーンの項目で、箱の中に取引のデータをつめていると解説しましたが、無限につめられるわけでもありません。

1秒あたりに処理できる取引の量は限られています。

ビットコインの場合1秒あたりに処理できる取引の数は2~3と言われています。

そのため世界中で取引が行われるようになるとネットワークが混雑してしまうのが現状です。

送金処理に遅延が発生してしまう、これがスケーラビリティ問題というものですね。

イーサリアムなどはビットコインよりも多くのデータをブロックにつめますので、スケーラビリティ問題はより深刻です。

この解決策としてライトニングネットワークなどが提案されています。

【参考記事】
⇒ライトニングネットワークとは?

 

ICO

2017年から頻繁に耳にするようになった言葉として「ICO(アイシーオー)」があります。

ICOは「Initial coin offering」の略で、トークンを発行して資金調達する方法のことです。

もっともよく利用されているのがイーサリアムのプラットフォーム上で発行されたトークンです。

仮想通貨を新しく作るのに比べて、トークンを発行するのには手間とコストがあまりかかりません。

プロジェクトを進めるための資金を手軽に、かつほとんどコストをかけずに調達するためにICOが行われます。

ただし中にはお金を集めることだけを目的としており、ほとんどプロジェクトの中身がないようなICOも行われていることが問題になっています。

詐欺ICOなどと呼ばれているものです。

 

マイナーとマイニング

「マイナー」とは仮想通貨の承認をしている人のことです。

これだけではわけがわからないと思いますが、送金は承認されなければ相手に届かないので、仮想通貨はマイナーがなければ動きません。

ビットコインのようにPoWのアルゴリズムを採用している通貨にマイナーが存在します。

日本語では採掘者とも呼ばれる存在です。

よく似た言葉にマイニングがありますが、こちらは採掘することを意味します。

【参考記事】
仮想通貨のマイニングを解説

マイニングでは大量の電気が使われるので、エネルギー問題が将来的に浮上する可能性がある、というかすでに世界各地のマイニング施設がある地区でトラブルが発生している例も見かけます。

その問題を解決するためにPoSというアルゴリズムが提案されました。

PoSはPoWの問題点を解決する可能性がありますが、まだ実験が不十分なのであまりメジャーではありません。

イーサリアムは2018年中にPoWからPoSへの移行が予定されています。

 

送金手数料

「送金手数料」についても知っておきましょう。

ビットコインを取引所から送金する場合、500円~2,500円程度の手数料がかかります。

2017年12月に価格が暴騰したときには、一時的に2,500円以上の手数料がかかっていた時期もありました。

ビットコインの価格が値上がりするほど手数料も高騰する傾向です。

現在この問題は改善されており、ウォレット同士の送金なら20円前後ですみます。

ただし取引所からの送金には、別途取引所が独自にとっている手数料も上乗せされるのでやはり500円以上はかかることが多いです。

ビットコインはネットワークの遅延問題がよく起きていますが、手数料を高額に設定することで優先的に承認してもらえます。早く送金したいときには設定を変更しましょう。

 

スマートコントラクト

「スマートコントラクト」とは、イーサリアムに実装されている技術です。

そのほかにも中国版イーサリアムと言われているNEO、そしてビットコインにも実装される予定があります。

スマートは「賢い」、コントラクトは「契約」という意味の英語です。

直訳すると賢い契約となりますが、日本語では契約の自動実行と説明されることが多いですね。

よく紹介される例が自動販売機で、お金を入れてボタンを押すと自動的に飲み物が出てきて必要ならばおつりも出てくる、というような自動プログラムのことです。

 

まとめ

仮想通貨初心者が知っておきたい基本用語を解説しました。

仮想通貨ニュースなどでよく目にする用語のごく一部だけピックアップしているので、ほかにも重要な用語はたくさんあります。

より理解を深めるため、各自知らない用語に出会ったらすぐ調べてみてください。