仮想通貨の保管方法は?ウォレットの種類を解説!

デジタルデータで保管されているビットコインなどの仮想通貨。

電子マネーのようにスマートフォンで保管しているのはなんとなく知っている人も多いのでは?

そこで仮想通貨の保管方法について詳しく解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

仮想通貨の保管方法

保管はウォレットで

仮想通貨は「ウォレット」に保管します。

ウォレットとは、スマホやパソコンなどコンピュータ上のソフトウェアにデジタルデータとして保管するためのもの。

日本語に訳すと財布ですが、その名の通り仮想通貨用の財布、もしくは銀行口座みたいなものです。

ウォレットはどうすれば持てる?

仮想通貨を保管するためのウォレットには作る場所が複数存在しています。

現実の財布をたくさん持つのは面倒ではあるもののリスクを分散できるメリットも。

ウォレットも同じように複数持ってそれぞれに保管すれば、2018年初頭にあったコインチェック流出事件のようなリスクを最小限に抑えられます。

 

そこでここではウォレットの作成場所を紹介していきます。

仮想通貨取引所で口座開設

テレビCMでよく見かけるbitFlyer(ビットフライヤー)などの仮想通貨取引所で口座開設するタイプ。

厳密にはウォレットではありませんが、代表的な預け先なので取り上げました。

自分で管理するわけではないので取引所のセキュリティレベルは非常に重要なポイントです。

コインチェックのように金融庁に登録されていない取引所も多いので、初心者の方は最低でも認可済み取引所を選びましょう。

パソコン・スマートフォンで開設

一番使い勝手の良いタイプがこれ。

仮想通貨でモノが買えるお店も増えてきているので、スマホアプリで管理できるウォレットなら決済通貨として手軽に使えます。

仮想通貨を保管するためと言うより使うためのウォレットと言えます。

悪質なウイルスに感染させられたりウォレットアプリに何か仕込まれていたりしないなら、自分で管理することになるので普通の財布と同じ感覚ですね。

QRコードを使った送金もできます。

インターネット上に開設

インターネット上で提供されているウォレットサービスを利用します。

クラウド上での管理なのでどのパソコン、スマホ、タブレットなどからでもアクセスできるのが便利。

これも取引所の口座と同じく、管理会社のセキュリティがポイントですね。

 

ウォレットの種類&特徴

仮想通貨を保管できるウォレットには次の種類があります。

  1. モバイルウォレット
  2. デスクトップウォレット
  3. オンラインウォレット
  4. ペーパーウォレット
  5. ハードウェアウォレット

細かく分かれていますが、大きく分類すると

  • 完全型
  • 簡易型

に分かれます。

2種の違いは取引が記録されているブロックチェーンデータ全部を端末側にダウンロードするかどうか。

そのため、完全型はある程度大きな容量を必要とし、初期設定が終わるまで数日かかります。

また起動するたびに同期作業が発生し、時間もかかります。

ただその分外部との繋がりが減るためセキュリティ面で優れています。

 

逆に簡易型は容量は数百MB程度あればよく、設定も数時間で終わります。

ブロックチェーンデータも一部のみダウンロードするだけなので動きも軽く使い勝手は上ですね。

 

では5つのウォレットそれぞれの特徴を解説していきます。

①モバイルウォレット

iPhoneやAndroidスマホ向けにアプリ形式で提供されているウォレット。

メリット
  • QRコードが使える
  • 決済機能がある
  • 携帯性が高い
  • 取捨選択が簡単
デメリット
  • ビットコイン以外に対応しているものが少ない
  • スマホが故障したらアクセスできなくなる
代表的なもの
  • Mycelium
  • breadwallet
  • Bicoin Wallet
  • 取引所提供のアプリ
    など
特徴

日常の決済利用では一番便利ですが、セキュリティ面には不安も。

ロックを掛けるのは当然として、顔認証は寝ているときに操作される可能性もありますし、指紋認証も同様です。

またスマホが盗まれてもデータごと盗られるわけなので同じこと。

紛失しても一緒ですね。

自己管理が特に大事なウォレットです。

あまり高額な仮想通貨の保管にはおすすめできません。

②デスクトップウォレット

自分のパソコン上にインストールして保管・管理するタイプのウォレット。

メリット
  • 取引所に何かあっても影響なし
  • オンライン接続タイプよりセキュリティ高い
  • ネット接続しなくても残高をチェック可能
デメリット
  • パソコンが故障すると見られなくなる
  • ハッキングやウイルス被害に合う可能性あり
  • インストールしたパソコンしか使えない
代表的なもの
  • Bit core(完全型※)
  • Electram
  • Copay
    など
特徴

モバイルウォレットのように保管している機種本体が盗まれたり失くす可能性は低くなりますが、ノートパソコンならわかりません。

またネット接続中にハッキングやウイルスに攻撃される可能性もありえます。

無料より高機能な有料セキュリティソフトのインストールはしておいたほうが安心ですね。

③オンラインウォレット(ウェブウォレット)

サービス提供者のホームページ上で保管するウォレット。

メリット
  • 取引所のものならサービス内で仮想通貨の売買が可能
  • スマホやパソコンなどサイトに繋がる端末ならなんでもOK
デメリット
  • 取引所に何かあったら保管しているものが戻らない可能性あり
  • 一時的に繋がらない、繋がりにくくなるときがある
代表的なもの
  • Blockchain.info
  • Zaif
  • bitFlyer
    など
特徴

仮想通貨取引所の口座はこれです。

サイト運営側によってセキュリティのレベルやサービス内容が違います。

コインチェックのように、取引所に何かあれば出金停止などの措置がとられるリスクもあります。

④ペーパーウォレット

ウォレットのアドレスと秘密鍵を紙に印刷し保管するタイプ。

メリット
  • 取引所の影響を受けない
  • ハッキングされない
  • 一番安心して高額資産を管理できる
  • 決済には使えない
デメリット
  • 紙を失くす可能性あり
  • 印刷の手間がかかる
  • 残高のチェックが面倒
代表的なもの
  • bitaddress.org
    など
特徴

最も安全に仮想通貨を保管できるウォレット。

億り人になったなら、長期保管する分だけこの形式にしておくと安心です。

ただ一回引き出すと使えなくなってしまいます。

モバイルウォレットのように日常的に使う場合には向いていません。

⑤ハードウェアウォレット

保管専用の端末(USBメモリなど)に保管するタイプ。

メリット
  • ウイルス感染に強い
  • オフラインで管理可能
  • 取引所の影響を受けない
デメリット
  • 保管用端末代がかかる
  • 端末の紛失、破損の可能性あり
  • リカバリーなど管理に手間がかかる
代表的なもの
  • Trezor
  • Ledger Nano
  • Keepkey
    など
特徴

端末さえ壊れなければ安全でセキュリティも高め。

パソコンに接続するだけで使えるので携帯性もあり。

ただ保管用端末が高いので万人向けではありません。

 

まとめ

仮想通貨の保管方法と、保管するためのウォレットについて解説しました。

保管にはいろいろな手段があります。

どれか1つだけでなく複数持って、保有量によって使い分けるのが便利です。

リスク分散にもなるので、いろいろな保管方法に分けて仮想通貨を保有するのがおすすめです。