海外取引所で仮想通貨を売買するメリットは?安全性や税金はどうなる?

海外取引所で仮想通貨売買するメリットはたくさんありますが、同時にデメリットもあります。

ここでは海外の取引所のメリットとデメリット、そして安全性などについて紹介していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

海外取引所を利用する方法とメリット・デメリット

初心者の人はまずは日本の取引所で口座開設をしましょう。日本の取引所は上級者になっても必要になります。なぜなら、日本円に交換をするためにはそこを利用しなければならないからです。

ビットフライヤーやZaifが大手でおすすめですが、金融庁から許可を受けている正規の会社なら基本的には信頼して大丈夫でしょう。また海外の取引所へいきなり日本円を送ることはできないので、その意味でも日本の取引所で口座開設をすることは必須です。

参考記事
金融庁の許可済み仮想通貨取引所一覧

 

海外取引所で口座開設する流れ

  1. 日本の取引所で口座開設
  2. 仮想通貨購入
  3. 海外取引所で口座開設
  4. 買っておいた仮想通貨で購入

まずは日本にあるアカウントからビットコインなどを購入します。ビットコインはいま送金手数料が高いので、ビットコインキャッシュやライトコインがいいですね。初心者は間違えて販売所で買ってしまうこともあるのでそこだけは注意しておきましょう。販売所はスプレッド(買うときと売るときの価格差)が広いので、基本的におすすめできません。

その後に海外取引所で口座開設することになります。本人確認をしっかりしている会社のほうが安心できます。

 

おすすめの海外取引所

おすすめはアメリカの大手取引所であるBittrexやBitfinexなど。アメリカは日本とまったく同じではないものの、法律による規制が似ている部分があります。そのため、アメリカで許可を受けて営業している会社は信頼ができます。

利用者が多いのは中国の取引所ですね。もっとも有名なのがBinanceでしょう。Huobiも中国の大手取引所です。最近では韓国の取引所も取引量が増えているようですが、韓国では法律による規制が強化されるニュースなどもあり、しばらく様子を見ておいたほうがよいでしょう。

中堅どころとしてはCryptopiaがあげられます。Cryptopiaはニュージーランドに会社があります。Binanceなどの大手では買えない仮想通貨もたくさん取り扱っているので、マイナーな仮想通貨を購入したいならCryptopiaも選択肢に入れましょう。

ただし、利用者数の増加に会社がついていけていないという噂もあります。メンテナンスの情報などはあらかじめ調べておき、自分なりに納得がいったら利用するのがいいですね。

 

海外取引所のメリット

海外取引所を利用するメリットは、日本では取引ができない仮想通貨を取引できるところにあります。日本のほうがサービス内容や安全性は高いので、ビットコインなどメジャーなものを買うときは海外を利用するメリットはあまりないでしょう。

例をあげるなら、Cardano(ADA)という仮想通貨は第三世代と言われていてかなり注目されています。しかしCardano(ADA)は日本でまだ取り扱われていません。エイダコインと読みますが、これが欲しいために海外で口座開設をする日本人投資家は多いでしょう。

Stellar(XLM)はリップルの個人版と言われています。リップルが銀行間の国際送金に利用される目的なのに対し、Stellar(XLM)は個人間の国際送金向けに作られています。Stellar(XLM)もかなり人気高いですが日本ではまだ取り扱いがありません。

このほかにも将来を期待されているのに日本では買えないものがたくさんあります。海外取引所を利用する最大の利点はこういったコインを購入できるというところにあるでしょう。

 

安全性は?

安全性についても、大手を利用しておけばそれほど問題はないはずです。大手でトラブルが起こったなら諦めるしかないですね。

Cryptopiaなどの中堅どころでは問題が起きる可能性もあるので慎重になりましょう。Cryptopiaでは送金が1ヶ月以上反映されないといった報告もあります。世界的に利用者が増加していますが、会社が利用者の増加に追いつけていないという状況のようです。

大手のバイナンスでも日本の金融庁から注意されました。バイナンスは日本語対応していましたが、現在は日本語対応がなくなっています。今後も本人確認をしっかりとしていない取引所は日本の金融庁から注意が入る可能性も高いでしょう。

中小規模の取引所はハッキング事件などが起きて潰れてしまったところもあります。送金するなら少額にしておきましょう。また、板の利用者が少ないために注文が通らないということもあります。

 

海外取引による税金は?

最後に税金について。海外取引所でトレードをした場合でも税金はかかります。現在はビットコインとリップルをトレードしたというようなケース、つまりは仮想通貨同士の交換でも課税対象となるようです。

しかし、これについては問題点も指摘されています。法律がまだ明確ではないので、ニュースをしっかりとチェックしておきましょう。

所得税は利益にたいしてかかってくるものですので、損失を出している人にはかかりません。ただし海外取引所で利益を出した人は、税金をしっかりと納める必要があります。法律がどうなるかまだ明確ではありませんが、取引の記録は保管しておいたほうがいいですね。

 

まとめ

仮想通貨売買で海外の取引所を使うメリットなどについて紹介しました。

日本では扱われていないコインが大量にあるため、掘り出し物を探すなら海外取引所を使うことになります。

日本語対応しているところもあるので、初心者の方はまずそういった難易度の低いところからチャレンジしてみましょう。