海外の仮想通貨取引所の口座開設方法とおすすめを紹介

日本でのビットコイン取引に慣れてくると、海外の仮想通貨取引所で口座開設したいと思うときがくることもあるでしょう。日本は法律が厳しく、金融庁が認めた仮想通貨でないと取引できませんからね。

日本で代表的なのはビットコインです。そしてイーサリアムとビットコインキャッシュがそれに続きます。リップルやネムを取り扱っている取引所も増えてきています。

しかしまだまだ十分であるとは言えません。エイダコイン・ステラなどは日本人の投資家にも人気ですが、日本で取り扱っている取引所がありません。

そこで、日本の取引所では買えない人気の仮想通貨や、海外のおすすめ取引所と口座開設方法をまとめました。

日本で買えない人気仮想通貨

日本人にも人気の仮想通貨「ダッシュ」や「モネロ」は、顧客のNEMを流出させたことで話題になった「コインチェック」で扱っていました。が、その後マネックスグループに買収され扱いをやめると発表しています。

もともとコインチェックは正式に金融庁に許可されていない「みなし業者」という扱いでした。他社が扱っていない仮想通貨が売買できることで人気が高まっていたコインチェックでしたが、いまのところコインチェックが倒産する可能性は低いとはいえ、今後そういった他社が扱っていないアルトコインが増えていくかはわかりません。

今回取り扱い停止になったのは、ダッシュやモネロは匿名での取引が可能で犯罪などに使われる恐れがあるから。ビットコインでは過去の取引履歴を負うことができますが、ダッシュやモネロではそれができません。匿名性という機能がついた仮想通貨に投資をするときは気をつけておきたいですね。

しかし、過去の取引履歴がすべてわかってしまうのも問題があります。自分が持っている仮想通貨が過去に犯罪に使われていたりすると、なんだか悪いことに関わっている気分になってしまうでしょう。

またアドレスがわかったら、持っているコインの量もわかってしまうのも問題があります。これでは気軽に友達にアドレスを教えることができません。だれでも自分が持っている資産は人に教えたくないと思うものですからね。

そこで、こういった仮想通貨を買いたいなら海外取引所で口座開設することになります。

 

海外取引所で口座開設しよう

匿名の取引ができるダッシュなどを買いたい人は、海外の取引所を利用する必要があります。

英語が読める人なら問題はないですが、英語が読めない・もしくは苦手な人もたくさんいます。英語が少し読めたらとりあえずは利用することができますが、なにかトラブルが起きたときのサポート対応も英語なので、少し読めるという程度では不安です。

そこで初心者におすすめな日本語対応している取引所をピックアップして紹介していきます。

 

クラーケン

クラーケンは日本語対応しているので口座開設しやすいでしょう。アメリカにある取引所なので、その意味でも信頼があります。アメリカは日本と同じく法律が厳しい国。法律が厳しいということは、許可を受けて営業をしている会社は一定以上の信頼があるということでもあります。

クラーケンは本人確認しないと利用できないので、その意味でも安心です。資産を預ける上で個人情報と結びついていることは重要ですね。個人情報と口座が結びついていたら、もしもメールアドレスやパスワードなどを忘れても個人情報を提出することで資産を引き出すことができます。

※2018年6月に日本市場からの撤退予定であることが発表されました

 

Hitbtc

Hitbtcも日本語対応をしていますが、サポート対応は英語となっているようです。それでもサイトが日本語対応しているのはポイント高いです。

Hitbtcは会社の情報がはっきりしておらず、不安要素もありますが中堅規模の会社なのでそれほど心配することはないでしょう。しかしあまり大きなお金を送金することはおすすめしません。

 

バイナンス
(現在日本語非対応)

世界最大級のBinanceも日本語対応していましたが、日本の金融庁から指導が入りました。ここは本人確認をせずに利用ができることが問題になっているようです。日本の法律では本人確認が必須となっていますからね。

それでも持っておきたい海外口座の1つです。

ここにはいろいろなアルトコインがあるので、ぜひ口座開設の仕組みを整えて再び日本語対応してもらいたいと思います。

 

海外取引所の口座開設方法

口座開設の方法ですが、日本の会社とほとんど同じです。

まずはメールアドレスを登録してログインをします。その後ログイン画面で本人確認のページへ進み、身分証明書のコピーを提出します。日本の会社のように郵送による確認はありません。免許証などのコピーを提出するだけでOKです。

海外の会社の場合、身分証明書も英語のものを求められることがありますが、これは会社によって異なります。日本語の免許証のコピーでOKというところもありますし、英語の証明書が必要になることもあります。一番確実なのはパスポートなので、海外で本格的にトレードをしたいと思ったらパスポートを発行しておくのがよいでしょう。いざというときに大切な資産を引き出せないというのはリスクです。

Hitbtcのように本人確認なしでも利用できる海外取引所はまだたくさんありますが、今後日本の金融庁から指導が入る可能性も高いので注意しておきましょう。

日本の金融庁は日本人の資産保護を目的としているので、急にアカウントを停止されてお金が引き出せなくなるということはないでしょう。しかしどのようなことが起こるのかわからないので、いつでも本人確認書類を提出できるよう準備しておいたほうがよいと考えます。もしも本人確認が任意となっているなら、早めにすませておきましょう。

 

まとめ

大きな値上がりを期待できるニッチな仮想通貨を買える海外取引所の口座開設方法を紹介しました。

ビットコインなどのメジャーなコインもさらに値上がりするという投資家もいますが、さすがにいまから100倍や1000倍になるとは考えづらいので、ロマンを求めるなら海外取引所がおすすめです。

ただし、仮想通貨投資は余剰金の範囲ですることをおすすめします。