日本で実際に決済利用されているビットコイン以外の仮想通貨とそのサービス

仮想通貨は主に投機目的で利用されるケースが多い傾向にありましたが、日本国内でもオンラインサービスだけではなく決済利用に対応した実店舗が徐々に増えており大きな注目を集めています。

まずはビットコインが先行する形となり、有名家電量販店が対応したのを皮切りに飲食店へと広がり、後に有名メガネ販売店、大手旅行会社でも決済利用できるようになりました。

実際の支払いには専用のアプリを使って支払いたい金額を入力するとQRコードが表示され、それを店頭のレジに接続されているセンサーで読み取ればウォレットから直接支払いが行われるという形式や、取引所のシステムを使って自身のウォレットから店舗が指定したウォレットへ送金を行う形式もあります。

一時は世界的なユーザ数の増加からシステムリソースが枯渇し、決済利用した際には支払いが完了するまで数十分から数時間も待たされたり、エラーが出て決済そのものが行えないケースも多発しましたが、2017年8月に実施されたビットコインとビットコインキャッシュに分裂し、2度と元に戻らない意味の英語であるハードフォークが実施されてからは落ち着きを取り戻し、以前のようにスピーディーで便利な決済が行えるようになりました。

相場も一時期の暴騰は落ち着いたものの緩やかな上昇傾向が続き、安値の時期にビットコインを購入したユーザーは相場の恩恵を享受し、投機目的以外の新たな活用方法である決済利用という道を見出し、ちょっとした贅沢な買い物を楽しんでいます。

そんな中で他の仮想通貨も黙ってはおらず、ビットコイン一強の牙城を崩すべくさまざまな展開を見せています。

最近はビットコイン決済に対応するショップも増えてきましたが、それ以外の仮想通貨に対応する決済方法もいつくか出てきているのでピックアップしました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

ビットコイン以外の仮想通貨決済に対応するサービス

BitPointPayアプリ

BitPointPayアプリ

仮想通貨取引所のビットポイントジャパンでは店舗決済アプリのBitPointPayを提供していますが、従来のビットコインに加えてビットコインキャッシュとイーサリアムが利用できる注目の決済方法です。

BitPointPayアプリにはそれぞれのコインの相場や所持している残高が常時表示されているため、レートを見て比較しながらその時点でお得な決済方法を選択できるのも嬉しいところです。

現時点でビットコイン決済と比較して加盟店は少ないものの、その利便性が注目されていることから今後の広がりが期待されています。

FuzeXカードと専用アプリ

FuzeXカードとアプリ

つづいて大注目となっているのが、新たに誕生した仮想通貨のFuzeXの開発元が提供するFuzeXカードの存在です。

クレジットカードとデビットカードが用意され引き落とし口座にFuzeXのウォレットだけではなくビットコインキャッシュ、イーサリアム、ダッシュの対応が既に決定しているほか、最終的には15種類の仮想通貨が利用できる予定です。

さらに専用のアプリではQRコード決済やバーコード決済にも対応し、オンラインや実店舗問わずさまざまな店舗で利用できるようになります。

FuzeXカードは超薄型のコンピューターのようなもので、スイッチを押せば電源が入りカードのディスプレイにさまざまな情報が表示されFuzeXのスマートフォンのアプリだけではなく、ここにQRコードやバーコードを表示させて決済を行うことも可能です。

FuzeXカードの大きなメリットは従来のPOSシステムを利用できるところで、決済を行うには電源を入れてからピンコードを入力しカードのディスプレイでウォレットの残高と現在のレートを確認してから支払いに利用する仮想通貨を選択してカードを店員に渡せば、通常のクレジットカードのようにPOSシステムのカードリーダーで読み取りを行って支払いが完了します。

このため、店舗では他の方法のように新規に専用の読取装置を用意したり使用方法を研修などで取得する必要も無く、ほぼ従来のシステムのまま利用できるため容易に導入が可能なことから、もしもサービスが本格的に始動すれば爆発的に普及することが予想されています。

FuzeXカードはウォレットの役割も果たし、電源をオフにすれば常にオフラインで管理されるコールドウォレットの状態を保持し続けることが可能で、昨今大きな話題となっている常時オンラインで管理されるホットウォレットにハッキング行為が行われるというリスクを回避することが可能なので安心して利用することができるのも重要な要素です。

また、内蔵されているICチップには断片化と暗号化が行われた秘密鍵でデータが管理されているため、万が一カードが盗難されることがあってもウォレットの資産が盗み出されるのは極めて困難で、セキュリティ面も万全です。

そんな夢のようなFuzeXカードは2018年1月にICOが行われ、同日に開催されたトークンのプレセールでは一瞬にして売り切れると言う大盛況振りからも、その期待の高さが現われています。

これらのシステムが本格的に導入されるとなれば流通や店舗の決済の大革新となることから、日本語や日本円への対応、日本国内の実店舗での普及に大きな期待がかかっています。

まとめ