IOTA(アイオータ)が買える取引所は?どんな仮想通貨?

仮想通貨アイオータ

IoT(Internet of Things)に関する仮想通貨「IOTA(アイオータ)」についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

IOTA(アイオータ)ってどんな仮想通貨?

IOTAは2016年7月に公開された仮想通貨で、取引手数料が無料であるのが大きな特徴です。

将来性を期待されている仮想通貨IOTAでは、次のようなポイントが注目されています。

 

IOTAの将来性

将来IoT決済頻度が急増する

IOTAはIoTデバイス間の決済用の通貨とも言えるため、今後IoTデバイスは増加の一途となるでしょうから、将来性はあると考えられます。

ちなみにデバイスとは、コンピューターに接続して使う機器の総称です。

そしてIoTとは、パソコンだけでなく車や家電製品などもインターネットに接続するという構想のこと。現在インターネットに接続する端末は、パソコンやスマートフォンおよびタブレットが主なものとなりますが、たとえば車をインターネットに接続すると、給油のたびに自動決済することも可能となります。インターネットを通じて決済システムとつながるからです。

いずれIoTは実現するとされていますから、その決済に用いることができるIOTAは、複数の大手IT企業から注目されすでに提携しています

取引手数料無料の強み

IoTデバイス間の決済は頻繁に発生し、しかも少額なものが多くなるでしょう。

仮想通貨の手数料は取引額に関わらず一定であることが多いので、少額取引ほど手数料が割高となってきます。そのためIoTデバイス間の決済に仮想通貨は比較的不向きであるのですが、取引手数料が無料のIOTAなら何の問題もありません。IoTデバイス間の決済用通貨にふさわしいと言えるでしょう。

なんで手数料無料にできるの?

この通貨の最大のメリットである手数料無料化は、革新的なシステムを取り入れることで実現しました。

仮想通貨ではセキュリティを確保するために、承認システムを分散化しています。そしてそれぞれにおいてデータの整合性が取れなければ書き換えできないシステムです。

システムには整合性を承認する者が不可欠であり、承認者にはその都度報酬が支払われます。承認作業が頻発すると、承認者への報酬すなわち手数料が高くなる構造です。

しかしこの通貨では、独自技術を用いることでデータの整合性の承認者を取引者同士としているため、手数料が無料となります。

そうしたシステムがスムーズに稼働していくものなら、どの通貨も真似をしたいところでしょう。まだ登場したばかりの通貨でありシステムも革新的であることから、この通貨の動向は注目されています。

複数の大手IT企業は、このシステムが信頼できると見たのでしょう。もちろん将来性が非常に高いIoTデバイス間の決済用通貨であることも大きく影響したでしょうが、この通貨とすでに提携していることから、期待値の高さが伺えますね。

 

IOTAの不安要素は?

IOTAでは、アドレスや秘密鍵がその都度変わるため、この点では他の通貨よりもセキュリティが強固であると考えられます。

ただ独自の技術を用いており、公開されてまだ間もないこともあって、全体的なセキュリティの強固さが検証されているわけではありません。脆弱性が急に見つかり価格が大きく下がったこともあります。

そのときは支出を監視する者の署名をハッカーの署名に変更すると、この通貨の所有者からIOTAを盗めることが発覚しました。その後その脆弱性は修正されましたが、今後も他の脆弱性が見つかることを危ぶむ声もあります。

とはいっても仮想通貨自体が登場して間もないため、他の通貨においてもいつ脆弱性が見つかるかわかりません。脆弱性が見つからなくても、仮想通貨全体が信頼性を失うこともあり得ます。

また脆弱性というわけでもないのですが、コーディネーター(管理者)の数が少ないところも懸念材料となっているようです。

数が少ないということは、物理的に壊して回るということも可能だということ。少ない手間で、システム全体が破壊される危険があるのはやはり懸念材料となるでしょう。

たとえば仮想通貨最大の規模を持つビットコインなら数億個も破壊しなければできないため、システム全体が破壊される懸念はまずないとされています。しかしこうした懸念への対応も、そのうち対策を取るでしょう。

このようにIOTAは脆弱性がないとはいい切れませんが、現在のところ通貨として流通しているのは事実です。

 

IOTAの価格

IOTAは高い将来性を見込まれ公開直後には500倍にも値上がりしました。

その後はおそらくは利確で値下がりしましたが、急騰したこともありその分が帳消しとなるほど値下がりしたあとも、取引高は2018年4月の時点で全通貨中10位前後と、かなりの注目度となっています。

スイスフランのような法定通貨でも、想像以上に価格が乱高下することだってありまからね。今後のさらなる上昇に期待しましょう。

 

IOTAを扱う取引所

日本の取引所

残念ながらありません。初心者にはツラいところです。

海外の取引所

買える主な取引所は次のとおりです。

  • Binance(バイナンス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Coinone(コインワン)

まずは中国を拠点とする世界最大手取引所「Binance(バイナンス)」。アルトコインを多く扱っているため、主要な仮想通貨以外を狙っている人にもおすすめです。

Bitfinexは香港の取引所です。米ドルを使った取引高では世界一でここもおすすめ。

OKExは通貨の種類も100以上あり手数料も安めでバランスがとれていますが、IOTAのやり取りはそこまで活発ではないようです。

Coinoneは韓国の取引所。通貨の種類も少なめで、IOTAのためにここで口座開設するほどでもないかな、と思います。

なおここでピックアップした海外取引所は、すべて日本語非対応で、日本円もあつかっていません。

日本の取引所でビットコインやイーサリアムなど対応している仮想通貨を買い、送金してIOTAを買うことになります。

ビットコインを買うなら手数料マイナスのZaifがおすすめです。

公式サイト
Zaif 公式

 

まとめ

IoT関連の決済用通貨として期待が集まる仮想通貨「IOTA(アイオータ)」についてまとめました。

気になるポイントがないわけではありませんが、それは世界各国で規制強化が進む仮想通貨全体に言えること。IOTAに限ったことではありません。

すでに大企業が期待して提携するなどの動きもありますし、将来性に期待するなら持っておきたいコインです。

いまのところ日本の取引所では買えないのがネックですが、そのうち扱われるようになるといいですね。