保険商品系の注目仮想通貨の特徴と扱う取引所を紹介

保険商品系のおすすめ仮想通貨

保険商品系の仮想通貨は、数ある通貨の中でも注目株となっています。

その通貨商品を取り扱う取引所もまた、注目を集めて話題に上っている傾向です。

そこでここでは保険商品に関連する仮想通貨をピックアップしていきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

保険商品系の仮想通貨にはどんなものがある?

iXLedger

iXLedger

代表的な保険系仮想通貨の一つ「iXLedger」は、既存の会社を中心に再保険会社を繋げる、新しいタイプのプラットフォームです。

2017年にHitBTCの上場を決め、8月にCEOの講演が発表されると、市場が即座に反応して価格を上げたほどの期待感があります。

大きく値が動いて話題となったのは、世界第3位の規模を持つ、再保険会社との業務提携が発表されたタイミングです。

2018年になってからも話題性は十分で、日本でも知名度が上がりつつあります。

iXLedgerを扱う取引所

今の所iXLedgerを取り扱っているのは、HitBTCを筆頭にYobitとEtherDeltaです。

中でもHitBTCは利便性が話題となっていて、右肩上がりに成長している、仮想通貨業界で注目の取引所の一つです。

 

fidentiaX

fidentiaX

fidentiaXも同じく、商品に関する取引の場を提供するプラットフォームで、特定の商品に特化しています。

中でも生命保険の取引に強みがあって、仮想通貨界隈でも話題を集めています。

日本では禁止されている商品を取り扱うので、あまり馴染みがないのは仕方がないですが、新たな市場の開拓や将来性が期待されている仮想通貨です。

fidentiaXを扱う取引所

fidentiaXの購入はコスを始めとして、EtherDeltaとEthBitsで売買することができます。

EtherDeltaは度々名前が出る取引所で、割りと多くの通貨を取り扱っているのが特徴です。

一方のコスは手数料を節約できるのが強みで、トークンを保持すると配当が貰える魅力もあります。

仮想通貨でもあるEthBitsとの親和性が高いですから、入手性が良くて購入できる機会は多いといえるでしょう。

 

Insurepal

Insurepalはイーサリアムをトークンのベースとしている、ブロックチェーンを活用した分散型プラットフォームで商品です。

分類的には社会保障保険に分けられていて、契約の自動化と簡略化に強みがあります。

既存の商品はプランの内容が複雑で、よくわからない人にとってはその組み合わせや選び方に対するハードルは高め。

その点Insurepalは、面倒を減らして時間の節約にもつながる、魅力や付加価値をつけることに成功しています。

事故の発生時に必要となる時間と手間に着目して、どうしたら解決できるかを念頭に開発されたものです。

信頼性はイーサリアム由来のお墨付きがありますし、業界で経験を積んだプロが開発、運営チームに参加しているので安心です。

Insurepalを扱う取引所

肝心のInsurepal売買は、日本国内では取り扱いがないので、一度円を他の通貨に変えて購入する流れとなります。

何処でもいいのでビットコインを入手したら、CoinbeかLivecoinでInsurepalを購入する段階に進めます。

日本円を直接送金する必要はないので、決済が処理に時間が掛かるビットコインに限られるとしても、あまり長い待ち時間は要しないでしょう。

Coinbeはややマイナーな取引所ですが、ビットコインを送金するだけで希望の通貨が手に入ります。

Livecoinの方は、取り扱い通貨の数が膨大であること、そして登録が簡単でスピーディーに利用できる点が魅力です。

 

MinexCoin

MinexCoin

MinexCoinは保険商品に限らない、グローバル決済を目指して開発された仮想通貨です。

為替レートの安定性がMinexCoinの特徴で、価格上昇を抑える制御に取り組んで、安定した取引が行えるようになっています。

価格の変動が小さめなので、単なる投資商品としてはあまり向きませんが、決済用途なら信頼して活用することができます。

誕生から日が浅いこと、投資に不向きな価格の安定性という特徴から、話題性は小さく注目度も低めです。

しかし他の通貨にはない価格の安定性は優位で、将来的に評価される価値となり得る可能性を持ちます。

決済用途に特化していますから、決済プラットフォームとして普及できれば、多くの分野で魅力的な商品として扱われるでしょう。

MinexCoinを扱う取引所

このMinexCoinが購入できるのは、海外でサービスを提供しているCoinExchangeです。

CoinExchangeは600以上の通貨を取り扱っている、世界的に見ても巨大な取引所となっています。

MinexCoinの購入に必要な手続きは、メールアドレスにユーザー名やパスワードなど、ごく一般的なユーザー登録を行うだけです。

安全性を高める二段階認証は提供されていますが、本人確認書類の提出は不要なので、すぐにでも手続きを済ませて利用が始められます。

他のマイナーな銘柄の購入もできるので、MinexCoinに興味を持ったら、気軽に登録して便利な利用を始めることができます。

 

 

まとめ

保険分野向けに開発されている代表的な仮想通貨を紹介しました。

将来性を期待できる分野なので要注目です。

いずれの商品もこれからといったところで、知名度や入手性の向上が見られれば、日本でも人気に火がつく可能性は十分あるでしょう。

将来性に期待して早期に購入することも可能ですが、それぞれの特徴を見比べた上で、信頼できる取引所を選び購入するようにしましょう。