ハードウェアウォレットとは?仕組みや安全性、おすすめは?

2017年以降に世界的に仮想通貨が普及が進み、多くの人が売買取引に参加したりお店で商品やサービスの支払いに利用しています。

そして仮想通貨の普及に伴い、コインの盗難被害に遭う人が増えているのが現状です。

仮想通貨の仕組みは従来型の電子マネーや銀行口座とは違い、秘密鍵のデータをきちんと保管しないとコインが盗まれてしまう恐れがあります。大切な仮想通貨を安全に守るために、ハードウェアウォレットと呼ばれるデバイスを利用することも考えておきたいところです。

そこでハードウェアウェレットの仕組みとおすすめの製品をいくつかご紹介します。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

ハードウェアウェレットとはどんなもの?

一般的に仮想通貨はインターネットを利用してコインを送信したり残高照会を行います。

仮想通貨のコインを送金をする際にはインターネット上で保管されているブロックチェーンに電子署名を行う必要がありますが、署名の際に自分専用の秘密鍵のデータを使用します。

そのため、インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンなどの携帯端末にウォレットアプリをインストールしてコインアカウントの秘密鍵を管理すれば、出金を行う際に非常に便利です。

利便性の高いウォレットアプリですが、これを利用するとパソコンやスマートフォンがウィルスやハッキングの被害に遭って仮想通貨の秘密鍵のデータが盗まれてしまう恐れも。秘密鍵のデータが悪用されるとコインが不正に送金されてしまいます。

 

仮想通貨を盗まれないようにするには?

このような被害に遭わないようにするための対策として、仮想通貨の秘密鍵をオンラインに接続されたデバイスへ保管しないようにする方法があります。

 

一番盗まれにくいペーパーウォレット

仮想通貨をハッキングから守るために、紙に秘密鍵のデータ(文字列またはQRコード)を印刷しておくペーパーウォレットと呼ばれる方法が用いられてきました。どんなに有能なハッカーでも紙に印刷された情報を盗み見ることは不可能なので、この方法は非常に安全性が高いと言えます。

ただしこの方法は出金のたびに印刷されたQRコードをウォレットアプリに読み込ませなければなりませんし、ペーパーウォレットが物理的に盗まれてしまうとコインが盗まれてしまいます。

 

安全で利便性の高いハードウェアウェレット

仮想通貨の秘密鍵をオフライン上のデバイスで安全に保管するために、ハードウェアウォレットが考案されました。この方法で仮想通貨を保管すれば大切な資産をハッキングの被害から守ることができます

ハードウェアウォレットは出金の際にだけパソコンやスマートフォンのUSB端子に挿入してインターネットにアクセスすることができるので、通常のウォレットアプリと同じように便利に使うことが可能です。

出金時以外はパソコンやスマートフォンから外しておくことで秘密鍵のデータをオンライン上から遮断することができるので、非常に安全性が高いメリットがあります。持ち主しか知らないパスワードを入力しなければ出金ができないので、万一デバイスが盗まれたとしても自分のコインを安全に守ることができます

初期設定の際に入力した復元フレーズ(英単語)のメモを保管するか記憶しておけば、デバイス本体が盗まれたり破損した場合でも自分のコインアカウントを復元することが可能です。

受取用のコインアドレスのみを通常のウォレットアプリに登録しておけば、入金確認をする際に便利です。

ハードウェアウェレットのデメリット

ハードウェアウォレットは安全性と利便性の両方の面で非常に優れていますが、本体の購入価格が高い上に品切れで入手しにくい場合があるというデメリットがあります。

オンラインショッピングサイトなどで販売されているデバイスの本体価格は1万5千円~数万円と高額なので、少額のコインを保管する場合には不向きです。

現在はいくつかの会社がハードウェアウォレットの製造・販売を行っています。いずれのデバイスも海外の会社が製造した商品ですが、オンラインショッピングサイトから購入するか製造元の公式サイトにアクセスして個人輸入をするなどして入手することができます。

 

初心者におすすめのハードウェアウェレット

Ledger Nanoシリーズ

個人でデバイスを利用する場合には、Ledgerというフランスの会社が製造するLedger Nanoシリーズが一番おすすめです。この製品はUSBメモリと同じサイズなので持ち運びが簡単ですし、スマートフォンやタブレット端末でも利用できます

Ledger Nanoが優れているのは対応する仮想通貨の種類が非常に多いことで、2018年時点では25種類もの通貨を保管することができます。

2017年8月以降にビットコインのブロックチェーンが分裂して新たな仮想通貨が誕生しましたが、旧モデルのLedger Nanoシリーズを利用している場合でもファームウェアの更新をするだけで新たに誕生したハードフォークコインの出金をすることが可能です。

Ledger Nanoはアマゾンなどのオンラインショッピングサイトで購入することができますし、販売価格が1万円~2万円で他の会社の製品よりも手頃な値段で入手できるでしょう。

▼アマゾンで一番レビュー評価が高かった商品

 

まとめ

大事な仮想通貨資産の保管に最適なハードウェアウェレットを紹介しました。

最近はパソコンだけでなく、スマートフォン用のウォレットアプリがハッキングの被害に遭って仮想通貨が盗まれてしまう事例が増えています。多額のコインを安全に保管するために、ハードウェアウォレットの活用をおすすめします。