GMOコインの口座開設方法 初心者おすすめ取引所を徹底解説!

仮想通貨を取引するなら仮想通貨取引所の利用がおすすめ、こうした取引所の中でも特に注目されているのがGMOコインです。

GMOコインが備えるメリットは、どのようになっているのでしょうか?

なぜGMOコインが選ばれるのか、話題の販売所についてチェックしていきましょう。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

GMOコインが選ばれるワケを徹底解説!

話題の仮想通貨取引所GMOコインとは

既に事業者登録が完了済み、GMOインターネットグループが始めた仮想通貨取引所がGMOコインです。

GMOコインでは金融サービスで培われたノウハウが活かされ、堅牢なセキュリティや管理体制も整っています。

主な取扱いサービスは2つ、仮想通貨現物売買と仮想通貨FXがあります。

仮想通貨現物売買は取引所形式のサービスでは無いので、利用者は仮想通貨をGMOコインと売買できます。

取引可能な仮想通貨の種類はビットコインとイーサリアムに加えて、ビットコインキャッシュとライトコイン、さらにリップルです。

どの仮想通貨も日本円で簡単に売買可能、売買手数料は無料になっています。

仮想通貨FXにおいては、ビットコインと日本円の通貨ペアのみが用意され、レバレッジは最大25倍まで選べます。

こちらも取引手数料のほとんどが無料ですが、レバレッジ手数料を要する場合があるので気をつけましょう。

口座開設をするには本人確認が必須、GMOコインなら手続きそのものを簡単に進められます。

 

GMOコインを利用するメリットについて

GMOコインは口座開設における審査時間が最短1日ですから、取引したいタイミングで利用を始められるでしょう。

もちろんメンテナンス時間を除けば24時間365日取引可能、仮想通貨現物売買なら取引相手が見つからないこともありません。

いつでも安心して安全な取引を行いたい人にとって、GMOコインは向いているといえるでしょう。

またGMOコインでは、2wayプライスの表示を仮想通貨現物売買と仮想通貨FXの両方で用いています。

そのため取引価格が分かりやすく、初心者であっても使いやすい仕様です。

取引手数料は無料、販売所形式で心配されるスプレッドも、ほかの仮想通貨取引所と比較すると小さいメリットを備えています。

これ以外にもリスク低減に適したサービスや、便利なスマホアプリを完備、GMOコインには強みが豊富にあります。

 

GMOコインのデメリットとは

GMOコインはスプレッドが発生する販売所形式のサービスのみが提供され、取引所形式には対応していません。

よって、簡単な取引方法よりも利用時の取引回数を重視したいなら、GMOコインの利用があわない場合が考えられます。

もうひとつ、今のところ取り扱っている仮想通貨の種類が限られていることもデメリットです。

アルトコインに投資したいときの選択肢が少なく、独自のトークンも用意をされていません。

GMOコインでは、仮想通貨の新規対応も次々に行っています。

このようなデメリットの解消を利用者から期待されているでしょう。

 

公式サイトの情報をチェックしよう

GMOコインの公式サイトでは、仮想通貨講座やキャンペーン、ニュースなどお役立ち情報を確認できます。

仮想通貨FX専用のスマートフォンアプリ、ビットレ君も公式サイトでダウンロード可能です。

サポート体制も万全で各案内のみならず、メールを使う問い合わせにあわせて電話でのサポートも受け付けています。

ただし、電話サポートは平日9時から17時に限られるので注意してください。

メンテナンス情報についても公式サイトに記載されるため、見逃すことの無いように欠かさずチェックしましょう。

 

GMOコインは、GMOインターネットグループのノウハウが活かされている仮想通貨取引所です。

セキュリティ対策やサポート体制に優れていますので、利用者は安全な取引を安心しながら行えます。

一方でそのメリットは販売所形式であること、初心者にピッタリなサービスをこのほかにも多く取り揃えています。

口座開設に必要な審査時間も短く、手軽に取引を開始できることでもGMOコインは有名です。

仮想通貨の取引に興味を感じているようであれば、話題の販売所、GMOコインを役立てていきましょう。

 

GMOコインへ登録するための手順と本人確認について

GMOコインでは口座の種類が2つあり、それぞれ利用可能なサービスが異なっています。

実際にGMOコインの様々なサービスを利用したい場合、本人確認手続きまで終える必要があります。

GMOコインへ登録するための手順と、本人確認の方法について知っておきましょう。

口座開設に要する手順について

GMOコインなら日本国内に居住している満20歳以上の個人であれば、口座開設の申し込みができます。

口座開設の手順として、まずは仮口座の開設が必須です。

公式サイトの口座開設をクリックして、メールアドレスを登録してください。

仮口座では、仮想通貨の預入と送付のみしか利用できません。

このほかのサービスを利用するためには、仮口座にログインして再び無料口座開設をクリックします。

本名や住所といった個人情報を登録し、続いて本人確認書類の提出を行ってください。

後日になって口座開設コードが手元に配達されてきますので、ログインしてコードの入力を行います。

さらに2段階認証の手続きも終えれば、口座開設の手続きは全て完了です。

GMOコインにおける本人確認の方法

GMOコインには本人の確認方法が2種類ありますので、口座開設の申し込み時に自分で選べます。

ひとつは、本人確認書類の画像をアップロードする方法です。

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートと各種健康保険証に加えて、住民票の写しであっても本人確認書類として使えます。

もうひとつ、GMOコインなら対面の本人確認方法を利用できます。

対面を選んでいれば、後日届く口座開設コードを受け取るときに、配達業者へ本人確認書類の提示を要します。

画像のアップロードでは有効な各種健康保険証と住民票の写しですが、対面ではこれらを使用できないので気をつけてください。

 

GMOコインでは仮口座と口座の2種類が存在し、仮口座はメールアドレスの入力だけで手に入ります。

仮口座にログインした後、更に手続きを進めれば口座を開設できますが、口座開設には本人確認の手順が必須です。

本人確認書類のアップロードと対面のいずれかを選び、登録完了を目指しましょう。

口座開設無料!詳細はこちら
GMOコイン公式サイト

 

ここからはGMOコインを使うときに気になるポイントについて紹介していきます。

初心者にはGMOコインがおすすめされている理由について

仮想通貨取引所は様々、それぞれ強みや特徴を備えています。

これを踏まえると初心者には、特にGMOコインがおすすめだとよく言われています。

GMOコインが初心者に適している理由として、どのようなことがあるのでしょうか?

サービスが明瞭で分かりやすい

GMOコインにおける仮想通貨現物売買のサービスは販売所形式なので、利用者はGMOコインと仮想通貨の売買を行えます。

仮想通貨は日本円で取引可能、価格表示には2wayプライスが採用されています。

2wayプライスは提示されている取引価格が明瞭で分かりやすい特徴があります。

そのため、初心者であっても混乱することはありません。

提示された価格でほぼ取引できるため、取引所形式における注文板がよく分からない人でも使いやすくなっています。

この2wayプライスは仮想通貨FXでも同じように対応、レバレッジ取引に不慣れな場合でも安心できるでしょう。

また、GMOコインは法定通貨は日本円のみ、仮想通貨ならビットコインと代表的なアルトコインだけを取り扱っています。

そのため、外貨での取引や珍しい仮想通貨を求める上級者よりも、初心者が取引しやすい魅力があるのです。

口座開設手続きや利用方法が簡単

GMOコインは口座開設手続きが簡単、仮口座はメールアドレスがあれば入手できます。

また、口座開設の本人確認では対面といった方法を選べます。

画像のアップロードに不安を感じる初心者でも、対面なら心配せずに済むでしょう。

もちろん取引についても簡単に実行可能です。

仮想通貨現物売買なら取引が3ステップ、取引数量や金額を指定し、購入か売却を選択、そして注文を確定するだけで完了します。

仮想通貨FXも成行注文を選べば3ステップが可能で売買区分を選択し、取引数量を入力、注文確定する手段で行えます。

FXの経験が無い人であっても、GMOコインの仮想通貨FXは始めやすいといえるでしょう。

 

GMOコインは販売所形式のため、初心者に適したサービスを提供しています。

口座開設手続きも簡単ですから、対応している通貨ペアに興味がある場合にはGMOコインを活用してみましょう。

 

GMOコインのような販売所と取引所の主な違いとは?

仮想通貨取引所には大きく分けて、販売所と取引所の2つが存在しています。

取引所では無く、GMOコインは販売所と呼ばれる仮想通貨取引所です。

GMOコインのような販売所と取引所の主な違いとは、どのようになっているのでしょうか?

販売所形式に期待できること

販売所形式の場合、口座開設をした利用者は販売所と仮想通貨の取引をします。

ですから取引相手は常に存在し、取引価格も販売所の提示する額をチェックするだけで把握可能です。

さらに売買手順が簡単で取引に要する時間も短いので、取引を即座にしたい人に販売所形式は向いています。

しかし、販売所ではスプレッドが発生していますから気をつけてください。

仮想通貨の長期保有に期待するようであれば、こうしたスプレッドを気にする必要はほぼありません。

取引を直ぐ実行したいときや、取引で利益を出すよりも仮想通貨の入手を優先したい際などに販売所形式はあっているでしょう。

取引所形式の特徴とは

取引所形式であれば、利用者同士で仮想通貨の取引を行えます。

利用者が注文板を通じて注文を出し合い、取引所は主にこれをマッチングする役割を果たします。

注文板に慣れれば、相場の流れを読みやすい特徴があります。

しかし有利な取引をできるとは限らないので、注意して下さい。

交換レートが不利になる場合や、売買において取引相手が見つからない可能性も考えられます。

事態の急変が見られるときなど、緊急時に適さないのが取引所形式といえるでしょう。

ただし、取引所形式のサービスが提供されている仮想通貨取引所では、基本的に対応している通貨ペアが豊富です。

利益を出すチャンスを広げたい人や、アルトコインなどに興味がある人は取引所形式の利用が推奨されています。

 

販売所と取引所の主な違いは、取引相手が誰なのかになります。

取引相手が販売所そのものなのが販売所、取引相手が同じ利用者同士なら取引所です。

販売所形式がいつでも即座に取引可能なメリットを持つ一方で、取引所では儲けるチャンス自体が多い特徴を備えています。

 

もっと便利に!GMOコインで使えるスマホアプリとは

GMOコインでは仮想通貨FX専用スマートフォンアプリ、ビットレ君を提供しています。

機能が豊富に揃っているため、トレードアプリとして利用すれば利用者はメリットを得られます。

GMOコインをもっと便利に使うことができるアプリ、ビットレ君について見ていきましょう。

ビットレ君の使用条件

ビットレ君はAndroid版とiOS版があり、条件を満たせば使える仮想通貨FX専用スマホアプリです。

これは24時間365日どこにいても活用できます。

GMOコインを利用するなら、手に入れておきましょう。

アプリのダウンロード自体は誰でも可能な一方で、利用時にはログインを求められます。

そのため、あらかじめGMOコインの口座登録を済ませておく必要があります。

口座開設がまだの場合、ビットレ君のログイン画面でも口座開設の申し込みを選べます。

もちろん本人確認書類の提出は必ず必要です。

あらかじめ、書類の準備をしておいてください。

また仮想通貨FXがビットレ君を使えば可能ですが、口座に日本円が入金されていないようなら取引できません。

日本円の入金手続きまでしっかり終えてから、利用を始めましょう。

ビットレ君が備える機能とは

ビットレ君の機能は大きく分けて3つ、トレード機能とスピード注文機能、チャート機能を使えます。

トレード機能では仮想通貨FXに欠かせないリアルタイムのレートに加えて、建玉サマリーや建玉一覧のほか、注文一覧と約定履歴を確認できます。

これらを表示しながらトレードが可能ですし、買値と売値は2wayプライスになっています。

そしてスピード注文機能は1タップで即時発注できる注文方法、相場変動のタイミングを逃さない取引を実行するために活躍します。

チャート機能は全9種のテクニカル指標が利用可能で、見やすさを重視した画面をビットレ君は目指しています。

 

ビットレ君の利用にはGMOコインの口座開設が不可欠、口座を手に入れたらビットレ君を利用してみましょう。

3つの便利な機能があわさっていますので、ビットレ君は活用すれば仮想通貨FXの実践に大きく役立ちます。

 

GMOコインで利用できる主な取引通貨の種類について

現在では世界規模で人気が高まっている仮想通貨、その種類には新しいものが続々と登場しています。

仮想通貨取引所によっても、対応している仮想通貨にはそれぞれ違いが見られます。

GMOコインで利用できる主な取引通貨の種類について、確認してみましょう。

仮想通貨の種類とは

インターネット上においてのみ存在する、実態の無い通貨が仮想通貨です。

仮想通貨は暗号技術に優れているため、情報の改ざんは不可能、安全性が高い特徴を持っています。

また仮想通貨の種類を大きく分類するならば、それは2種類しかありません。

世界で初めて登場した仮想通貨であるビットコインと、そのほかの仮想通貨です。

ビットコイン以外の仮想通貨は総じてアルトコインと呼ばれています。

このアルトコインは、ビットコインが持たない特徴や強みをほぼ保有しています。

ですからアルトコインに投資を検討する場合、どのような強みを備えているかが大きなポイントになっています。

さらに仮想通貨は上位にランクされるものだけで、実は全体における時価総額のほとんどを占めています。

いくら種類が豊富だと言っても、人気が集中しているのが実態だといえるでしょう。

GMOコインで取引可能な仮想通貨について

GMOコインでは、仮想通貨現物売買においてビットコインとアルトコインを取引可能です。

アルトコインはスマートコントラクトが有名なイーサリアムと、世界で2番目に登場したライトコインをまず用意しています。

このほかにもビットコインから派生したビットコインキャッシュや、銀行間取引などで期待をされているリップルも取引できます。

GMOコインが対応しているものは、いずれも時価総額ランキングで上位に位置する人気の仮想通貨です。

これらを日本円で売買できますので、GMOコインを利用すれば押さえておきたい仮想通貨をしっかり入手できるでしょう。

ただし仮想通貨FXではアルトコインの取引は選べず、ビットコインのみの対応になります。

 

仮想通貨にはビットコインとアルトコインがあり、その人気は一部の種類に集中しています。

GMOコインではこのような仮想通貨を揃えていますので、利用者はポイントを押さえた取引を実践できます。

 

安全に利用できる販売所なの?GMOコインのセキュリティについて

仮想通貨取引所選びにおいて、最も重要なポイントがセキュリティ対策などの安全性です。

GMOコインは、果たして安全に利用できる販売所なのでしょうか?

セキュリティへの取り組みについて注目をしてみましょう。

ハッキングと内部不正に対する対策について

仮想通貨は維持や発行においてマイニングが必須なので、仮想通貨そのものの安全性はしっかりしています。

しかし、仮想通貨の仕組みがいくら安全であっても、仮想通貨を盗まれるようなら利用者は被害を受けてしまいます。

仮想通貨取引所には仮想通貨が集まりやすく、こうした特徴は仮想通貨を盗もうとする犯罪者から狙われやすい状況を招いています。

ですから、仮想通貨取引所にとって盗難対策は万全でなければいけません。

GMOコインはコールドストレージと呼ばれる方法を活用、仮想通貨の秘密鍵はオフライン保存しています。

これによってハッキング被害の防止が可能ですし、さらに内部不正対策としてマルチシグネチャの仕組みも同時に採用しています。

仮想通貨の送付には複数部署の承認を要することで、不正防止の体制を作りだしています。

なりすましやサイバー攻撃への対策とは

仮想通貨の盗難被害を防げても、利用者のなりすましには別の対策を実施する必要があります。

GMOコインは本人確認を徹底、口座開設の申し込み時に本人確認書類の提出か提示が必須です。

ログインパスワードの設定でも文字数や文字種制限を活用し、パスワードを強固にしています。

資産を口座から引き出す際には、2段階認証の手順を要します。

なりすまし対策は、厳重に実施されているといえるでしょう。

一方でGMOコインでは独自のセキュリティ対策として、サイバーセキュリティ対策支援企業と連携をしています。

いつでもシステムは監視され、定期的に脆弱性診断も行われています。

 

GMOコインは、仮想通貨の盗難対策と内部不正対策に優れている仮想通貨取引所です。

本人確認やサイバーセキュリティ対策も徹底しているため、安全に利用できる販売所になっています。

 

GMOコインを利用すると発生する主な手数料について

仮想通貨取引所のサービスでは、取引時に手数料を要する場合があります。

手数料が安いほど利用者にとってメリットが大きく、取引所選びにおけるポイントのひとつと言われています。

GMOコインを利用すると発生する主な手数料について押さえておきましょう。

GMOコインの手数料について

手数料の中でもよく注目されるのが、入出金手数料と各サービスにおける取引手数料です。

GMOコインでは、日本円の即時入金と仮想通貨の入金がいずれも無料になっています。

ただし日本円の振込入金を選べば、振込手数料は自己負担しなくてはいけません。

仮想通貨の入金においても、マイナーへの支払い手数料を要する場合はその負担が必要です。

GMOコインは出金手数料なら、日本円と仮想通貨の両方とも無料なメリットを備えています。

また取引手数料をチェックすると、仮想通貨現物売買の売買手数料や仮想通貨FXの新規注文と決済注文、ロスカット手数料が全て無料です。

しかし、レバレッジ手数料であれば1日あたり建玉ごとに0.05パーセントかかります。

取引ルールを事前にしっかり確かめましょう。

GMOコインで発生するスプレッドとは

GMOコインの利用者は、販売所形式のサービスにて仮想通貨の売買を行います。

販売所形式では買値と売値の差が設定され、この差をスプレッドと呼びます。

GMOコインでは価格が2wayプライスの表示になっているので、こうしたスプレッドの把握が特に簡単です。

ほかの仮想通貨取引所と比較するとGMOコインのスプレッドは小さく、利用者に対して優しいこともよく知られています。

このようなスプレッドは完全に固定されたものでは無いため、タイミングなどで変化します。

取引を実行する際には、スプレッドの大きさにも注意をしてみましょう。

 

GMOコインでは、日本円と仮想通貨の入出金手数料がほぼ無料です。

仮想通貨現物売買の売買手数料も無料、仮想通貨FXにおいてもほとんど手数料を要しません。

スプレッドこそありますが、手数料で損をしたくない人はGMOコインの利用が向いているといえるでしょう。

 

GMOコインはどのように使えば勝つことができるの?

近年では特に仮想通貨で利益を得るために、仮想通貨取引所を活かしている人が増加傾向にあります。

仮想通貨取引所のGMOコインをどのように利用すれば、仮想通貨で勝つことができるのでしょうか?

仮想通貨の取引で利益を得る方法とは

仮想通貨への投資は、仮想通貨の相場を踏まえて判断しなくてはいけません。

基本的に発生する差額で儲けることになるので、仮想通貨の価値が下がったときに購入、価値が上げれば売却を行います。

価格が上がっているときに投資をすると、高値掴みと呼ばれる状態になり、損失を出しやすいので注意してください。

GMOコインの仮想通貨FXではスピード注文機能が存在しますから、短いチャンスの場合ならこれの利用がおすすめです。

また、仮想通貨は情報ひとつで価値が大きく変動する特徴を持ちます。

チャートを見るだけでは情報を見逃す可能性があるため、ニュースをあわせてチェックするように心がけましょう。

GMOコインで得られる情報以外にも、専門家のブログなどを役立てることが大切です。

リスクを避けることがポイント

仮想通貨の取引では損失を出してしまうリスクを、完全に避けることはできません。

それでも自分にあった取引を行ったり、仮想通貨取引所の仕組みを活かせばリスク低減を見込めます。

まず、短期売買の取引に使える専門的な知識を持っていないときには、長期保有で儲ける手段が向いています。

もしも仮想通貨の価格が暴落しても、焦らずに情報収集から行ってください。

GMOコインではそもそも、リスク軽減につながる仕組みが導入されています。

レバレッジ15倍や25倍の利用にはGMOコインの質問に回答が必要、回答内容によってはレバレッジは原則5倍しか利用できません。

仮想通貨FXはロスカットアラートに対応、通知を見逃さないようにすればリスクを避けるために活かせます。

 

仮想通貨の取引で儲けるには、あくまでも仮想通貨の価値が安いときに購入し、高くなったときに売却する必要があります。

チャンスを掴めるように自ら情報を集め、同時にリスクをなるべく避けながら取引を行っていきましょう。

 

GMOコインでレバレッジ取引を始めてみよう・その方法について

GMOコインでは仮想通貨FXのサービスが提供されていますので、レバレッジ取引を誰でも利用できます。

仮想通貨FXで選べる注文方法と、利用する際の手順を確かめてみましょう。

選べる注文方法について

GMOコインにおける仮想通貨FXでは、仮想通貨の銘柄はビットコインだけになっています。

ですから、通貨ペアは日本円とビットコインに限られます。

しかし注文方法は6種類、レバレッジも原則5倍から最大25倍まで対応していますの。

初心者から上級者まで、使いこなせるでしょう。

初心者向けとされるのが成行注文で、この注文方法は注文価格を指定する必要が無く、売買区分と取引数量の指定だけで注文をできます。

一方、指値注文は注文価格を指定し発注する方法で、逆指値注文を選べば指定レートに達すると注文が執行されます。

これ以外の注文方法は特殊注文扱いになります。

IFDとOCOに加えて、IFD-OCOがGMOコインでは選択可能です。

仮想通貨FXの利用方法

仮想通貨FXのレバレッジ設定は原則5倍、一定の条件を満たした場合にのみレバレッジ15倍と25倍も選べるようになります。

GMOコインは少額取引に対応、日本円にして数百円から取引できるメリットを備えています。

慣れない間は少額取引を経験して、利用方法を学んでいきましょう。

また仮想通貨FXで取引を行う際には、まずログインした後にメニューからトレードを選択してください。

トレードを選択するとトレード画面が表示されますので、2wayプライスをチェック、次に注文方法を指定します。

成行注文であれば、売買区分を選んで取引数量を指定、続いて注文を確定するだけで取引を実行可能です。

注意点として、スリッページやレバレッジ手数料が発生する場合や、ロスカットの存在があげられます。

GMOコインで仮想通貨FXを利用するのなら、事前に取引ルールを確認することが大切です。

 

レバレッジ原則5倍で日本円とビットコインの通貨ペアに限られますが、GMOコインでは仮想通貨FXを利用できます。

選べる注文方法は最大6種類、少額取引から実践できるため、取引をある程度繰り返し少しずつ慣れていきましょう。

口座開設無料!詳細はこちら
GMOコイン公式サイト