仮想通貨ウォレット「Ginco」は何がいい?他のウォレットと違うポイントは?

Ginco(ギンコ)

ただのウォレットアプリだけではない特徴を持つ仮想通貨ウォレット「Ginco(ギンコ)」をピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Ginco(ギンコ)ってどんなウォレットアプリ?

「Ginco」は「仮想通貨時代の銀行」をコンセプトにした仮想通貨ウォレットで、ビットコインをはじめとする複数の通貨を一元管理できるのが特長です。

ポートフォリオ、両替、法定通貨の入金など必要な機能が1つに集約され、ワンストップでシームレスな操作を行うことができます。

 

より安全性が高くなったGinco

多くの仮想通貨取引では取引所内にアカウントと紐付けられたウォレットを開設し仮想通貨の売買が行われていますが、昨今大きな課題となっているのが入出金の問題です。

Gincoのウォレットには独自のクライアント型の暗号通信を採用し、仮に取引所にハッキングや不正ログインがあったとしても資産が守られる仕組みになっています。

クライアント型はユーザー一人ひとりに割り当てられる秘密鍵を開発会社のサーバー内に集中して保存しないタイプで、資産をコントロールする権利をユーザーの手元で管理することが可能です。

集中型やウェブで管理するタイプと違い外部からのハッキングなどにより資産を失うリスクが極めて低く、安全性が担保されています。

またクライアント型ではユーザー同士で直接送金することが可能で、取引所から送金を行うよりも安全かつスピーディに実行することができるのもメリットです。

 

スマホに”もしも”のことがあっても安心!

あらかじめ12個の単語で構成されているバックアップキーを設定してオフラインの安全な場所に保存しておけばスマートフォンの紛失や故障、機種変更などがあってもこのバックアップキーを別のデバイスに入力して資産を復元することができます。

同サービスの専用アプリはサーバーとやりとりするすべての通信にSSLとTLSによる暗号化を行っているのに加えて、ブロックチェーンを応用した独自の認証方式を採用しています。

 

インターフェイスがわかりやすい!

Gincoのインターフェース

さらにGincoの見逃せない点は、ヒューマンエラーを抑止する取り組みです。

仮想通貨の取引でありがちなのは、宛先アドレスを間違ってしまった、バックアップキーを紛失した、バックアップキーのメモを忘れたなどのケースですが、同サービスではその原因となるのがユーザーインターフェイスの複雑さにあるとし、シンプルなインターフェイスを目指しています。

日本語に対応しているのはもちろんのこと、一般的なユーザーにも理解しやすい「今どういう操作をしているのか」を伝える明快なインターフェイスの提供に加えて、適切なタイミングでフィードバックを送ることでこれらの原因による資産の紛失を防止しています。

また運営方針に法令順守を掲げており、顧問弁護士や金融庁との直接確認を積極的に行いながら安心安全を提供しているのも大きなメリットです。

以上のようにユーザーの利便性や資産を安全に守るセキュリティにおいてもこれまでに無かった優れた機能を持っていますが、デメリットが無いわけではありません。

 

Gincoのデメリット

まだすべての機能は使えない

2018年4月にビットコインの取り扱いを開始し、同年5月から6月にはビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインが加わり好評を博していますが、現時点ですべての機能が利用できるわけではありません。

公式ホームページにはロードマップが示されており、これまでは予定通りに進行していることから大きな期待がかかっていますが、何が起こるかわからない世界だけに今後の先行きは不透明です。

同年7月には分散型取引所のDEXの搭載により専用アプリからさまざまなブロックチェーンゲームやアプリケーションを利用できるようになったり、Q3にはAndroid版アプリのリリースが予定されています。

Q3からQ4には取り扱い通貨にリップル、ネオ、リスクなどが加わり、2019年内には法定通貨をワンストップで仮想通貨に交換できるシステムの導入が予定されていますが、詳細についてはまだ明らかになっていません。

取引所専用アプリとの関係

数々の便利な機能が搭載される一方で問題となるのが取引所との関係です。

同サービスでは取引所以外の場所に独自のセキュリティシステムを完備したウォレットを設置することでユーザーの資産を安全に守るというコンセプトですが、取引所の中には内部に作成したウォレットでなければ入出金や売買ができない仕組みになっている場合があります。

その場合は外部のウォレットに対応した別の取引所に移行するか、取引所とGincoの両方を管理するかの選択を余儀なくされます。

スマホのみのアクセス経路の少なさ

もうひとつの課題は接続の多様性の問題です。

Gincoはひとつのアプリですべてをシームレスに管理できるのがメリットですが、それは同時にアクセスパスが1つしか存在しないことを示しています。

多くのサービスではアプリとウェブからのアクセスが可能で、万が一スマートフォンが故障するなどした場合にはパソコンのウェブブラウザからコントロールすことも可能ですが、Gincoの場合はウェブ版が存在しないためスマートフォンの取り扱いには細心の注意が必要です。

いずれにしてもスタートしたばかりのサービスの過渡期であり、これまでに無かった優れた機能を持つ斬新なシステムだけに今後のブラッシュアップによるさらなる発展に大きな期待がかかっていることは間違いありません。

 

まとめ

注目の仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」について紹介しました。

無料インストール可能ですしエアードロップも手に入るので、とりあえずでもインストールしておくといいですよ。