仮想通貨Factom(ファクトム)の特徴と扱う取引所

仮想通貨Factom(ファクトム)はその他に比べて特殊な性格を持っている通貨で、ブロックチェーン上に取引記録を書き込むことができます。これらの記録を書き込むことで管理や追跡ができるように設計されている利便性の高い仮想通貨です。

最近ではビットコインのブロックチェーンの中に複雑な情報を記録できるものが増えてきました。これには単に通貨の価値だけでなく、その特徴を活かしたサービス提供しようという狙いがあって、Factomもその仕組みを導入した新しいタイプの仮想通貨になっています。

そこでここではFactomの特徴や、国内外で扱う取引所についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

Factom(ファクトム)ってどんな仮想通貨?

特徴・目的

Factomはブロックチェーンの中にこれまでとは異なるさまざまな情報を埋め込めるため、通貨の性格を決めることができます。

Factomは保険や土地などの不動産情報を埋め込むことで、これら取引の利用に特化した通貨として使用することを目的としているもの。

 

メリット

これらの比較的高額の取引に利用するため、やりとりするときの秘匿性や暗号強度を高めることでインターネット上の高額な取引がスムーズに行えるほか、実際の通貨のやりとりで悪用される可能性が少ないことで期待されています。

一般的に通貨に対する投資を行う場合には、通貨の価格の変動を見ながら将来性のあるものに投資を行うのが基本的な方法です。これは通貨が流通をする際にその利便性を高めることで通貨自体の価値が高まり、交換レートが高くなることから換金を行う際の利益が高まることが予測されるため、将来的にその価値が高まる可能性のある通貨に対して投資をすることが多いのですが、Factomの場合はその特殊性から今後さまざまな場面での価値に対して投資をすることが多くなっています。

これは従来の通貨に比べそれぞれの通貨の種類によって物理的な用途がまったく異なるほか、専門的な利用を行うことで高い日秘匿性を実現することが可能になっているためです。これまでインターネット上においてもっとも懸念されている、暗号化が破られ第三者がこれらの通貨を自分の利益のために自由に移動し利益を上げることができる危険を排除する仕組みが確立されていることから、安心して取引できる&市場の注目を集めている点が評価されています。

この点は従来の通貨にはあまりなかった面であり、今後も第二世代としてさまざまな目的を持たせた通貨が発生してくると考えられている点からも、Factomは非常に人気が高くなっています。

 

デメリット

Factomは仮想通貨の中ではまだ特殊な存在であり、利用範囲が非常に限られているのが現状です。このことから初心者にとって取り扱いにくい通貨となっている面が否めません。

保険や土地などの不動産取引に特化している印象があるためこれを利用する人はまだ少ないことから、通貨としての将来性が疑問視されている面もあり、取り扱う取引所がまだ少ないのが現状です。

 

日本でFactomを扱う取引所

日本ではコインチェックのみがその取り扱いを行っており、手数料は割高ですが日本語でのサポートや日本円での入金が可能であるため、利用しやすい取引所といえます。

ただし2018年初頭に多額の仮想通貨を盗まれる事件があり、金融庁から厳しい調査を受けています。現在はマネックスグループに買収され正式に認可された取引所になるため積極的に取り組んでいる真っ最中。初心者の方は、正式に認可されたときに検討するのが妥当でしょう。
(どのみち現在新規口座開設は受け付けていませんが・・・)

 

海外でFactomを扱うおすすめ取引所

海外でもまだ取り扱っている取引所は少ないのですが、代表的な所にポロエニックスがあります。

手数料はコインチェックに比べ安いのが魅力。ですが海外の取引所なので日本語が利用できず、また日本円で入金ができないため一度他の金融機関で利用できる外貨に変換し、入金することになるため慣れないと非常に利用しにくい点がデメリットですね。

 

Factomの将来性は?

Factomは現状、不動産取引を中心とした用途を想定しており、そのため一般の人にはあまりなじみのない仮想通貨となっている傾向ですが、今後さまざまな方面に利用される可能性もあります。その状況によっては価値の高まる可能性も期待できるでしょう。

またこれまでインターネット上で不動産関連の取引は金額が大きいためあまり行われていなかったのですが、Factomの価値が高まればその取引が増え、効果が高まる可能性は十分考えられます。

 

まとめ

不動産関連に特化した仮想通貨「Factom(ファクトム)」について解説しました。

特殊性がメリットでありデメリットにもなっている通貨で、扱う取引所も少なく初心者が最初に手を出すものとしてはおすすめできないんですが、将来どうなるかは誰にもわかりません。

現在はそれほど高額でもないので、とりあえず買って長期保有しておいてもいいですね。