イーサリアムとはどんな仮想通貨?

これから仮想通貨で投資を行おうと検討している人なら様々なところで目にすることになるイーサリアム。

イーサリアムはたくさんある仮想通貨の一種で2015年に誕生しました。

仮想通貨ではビットコイン以外のものをアルトコインと呼ぶため、アルトコインの一種でもあります。

初心者の中にはビットコインと混同されている人もいると思いますが、仮想通貨としては同じでもそのあり方は全くの別物となるので間違えないよう注意しましょう。

 

そこでイーサリアムがどんな仮想通貨でどんな特徴があるのか?ビットコインとの違いなども含めて解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

イーサリアム(Ethereum)の特徴

イーサリアムはプロジェクト名のことで、通貨単位をイーサ、さらにアプリケーションやユーザが独自に定義した契約を扱うことができます。

ビットコインでは決済や取引に通貨を使用することになりますが、イーサリアムでは通貨の機能に加えて、独自の契約であるスマートコントラクトを盛り込むことが可能となっています。

このスマートコントラクトがイーサリアムの最大の特徴であり、世界中の企業から注目を集めているプロジェクトなのです。

スマートコントラクト(smart contract)とは?

コントラクトとは契約のこと。その名の通り契約をスマートのできる仕組みを意味しています。契約するには書類準備や記入、日本なら印鑑の押印などさまざまな手順が必要になります。それらが自動的に実行される感じですね。

 

コストダウンにも最適なイーサリアム

企業は取引を行う際に契約を結ぶことになりますが、この内容を管理するには時間や手間がかかります。

特に不動産や証券会社では情報漏洩などセキュリティの上でも慎重にならざるを得ず、管理を厳重にするため莫大なコストが必要になってくるのです。

しかし、スマートコントラクトを応用すれば、世の中のあらゆる契約をブロックチェーンに保存することができ、ネットワーク上で管理されることから改ざんの危険性もありません

契約として不備はないか、過去にさかのぼって間違った契約になっていないかなどの確認もできるため、銀行や裁判所などの中央機関を介することなく実行でき、大幅なコストダウンが可能となります。

そういった意味でも注目されるイーサリアムは爆発的な値上がりを見せ、2017年には時価総額ランキングで上位に立つ仮想通貨となっています。

 

イーサリアムのマイニング

マイニングについてはこちらの記事で紹介しています。
仮想通貨のマイニングとは?

ビットコインと同様にマイニングを行って新規発行もしている仮想通貨ですが、ここで行われるマイニングはProof Of Stake方式を採用しています。

ビットコインはProof Of Workを採用していますが、これはパソコンの余剰能力を使って複雑な計算をさせることでマイニングしているため、電力の消費が激しい欠点があります。

しかし、Proof Of Stake方式では作業量や速さでネットワーク維持をするのではなく、保有する仮想通貨の量に応じてマイニングされることから、無駄な電力を消費させずに環境にも優しいものとなっているのです。

また、51%攻撃に対して強い傾向にあるので、企業でも安心して資金調達に利用できるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

51%攻撃(51% attack)とは?

悪意ある人の手によって世界全部の仮想通貨マイニング計算能力の51 %以上を占めること。これによりネットワークをコントロールできるようになるため不正な取引を行えるようになります。マイニング作業では取引データを記録するあたらしいブロックチェーン(取引台帳のようなもの)を作るわけですが、作成後過半数に認められなければ正式に採用されません。となると51%を特定個人や企業が握ってしまうと、好きなように採用できてしまうわけですね。

 

イーサリアムの将来性は?

2017年に1000円が40000円に引き上がるほどの高騰ぶりを見せたアルトコインですが、ここまで上がったのならもうこれ以上は無理なのではと考える人も多いかもしれません。

誰でも投資によって稼ぐことが目的なので、仮想通貨を購入する際は誰もが将来性を気にするものです。

この心配は当然のことですが、大手の金融機関4社との契約、ソフトウェア会社の大手であるマイクロソフトとの提携もあるため、今後の展開については心配する必要もないと言えます。

仮想通貨としての価値観に加え、プロジェクトの根幹とも言えるスマートコントラクトが大きな強みとなり、これからも多くの金融機関や多くの企業が参入してくる可能性が高いです。

市場が活気づくだけ仮想通貨の価値観も高まり、イーサリアムの価格も大きく上がっていくので、これからの将来性にも期待ができます。

何よりまだまだ開発段階であり、これからセキュリティ強化などを行うメトロポリスとセレニティという大幅アップデートが控えているます。

このアップデートでマイニングの方法も変わり、良い仮想通貨へと生まれ変わると言われるほどなので、イーサリアムはアルトコインとしての高い地位を維持することになるでしょう。

メトロポリスとセレニティとは?

イーサリアムは最初から4段階のバージョンアップが予定されています。メトロポリスは第3段階のもので、さらにビザンティウムとコンスタンティノープルの2つ用意されていて、ビザンティウムは2017年10月に完了しセキュリティが強化されました。コンスタンティノープルはまだ未定です。そして第4段階がセレニティとなっています。

 

イーサリアム購入時の注意点

セキュリティや将来性の高さから注目される仮想通貨ですが「じゃあ投資として購入してみるか」考えている場合は注意しなければいけないことがあります。

買い方や売り方については仮想通貨の性質上、単に現金を用意すれば買えるというものではなく、あらかじめ仮想通貨取引所の口座を開設しなければいけません。

口座開設ができたら取引所にもよりますが、手数料を支払って直接購入するか、個人で販売している人を見つけて取引することで入手できます。

前者は基本的に時価総額で金額が決められるため、そこまで大きな変動はありませんが、後者の取引では個人間の価値観によって価格が上下するので購入時には注意しましょう。

また仮想通貨は取引量が多くなりやすいため、手数料が莫大になる可能性もあります。

急激な人気を見せるイーサリアムは日本での取引が盛んになっており、現在なら大手取引所なら大抵は購入が可能です。

取引所にはそれぞれ堅固なセキュリティがあったり手数料が安いなどの長所があるので、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

購入方法はビットコインと違いはないので、長期保存で価格の高騰を狙ったりデイトレードで地道に稼ぐなど、自分のスタイルで投資を楽しみましょう。

 

まとめ

仮想通貨の中でも2番めにシェアの大きいアルトコインの一種「イーサリアム」について紹介しました。

現在ビットコインにはないスマートコントラクトなど優れた機能があるため人気のイーサリアム。

扱う取引所も多くはじめて購入する仮想通貨として買いやすいのも魅力です。