仮想通貨EOS(イオス)の特徴と買える取引所は?

仮想通貨イオスの特徴まとめ

仮想通貨EOS(イオス)はこれまでの仮想通貨の常識を破る非常に特殊なものとなっています。

ここではEOSとはどんな仮想通貨なのか?について詳しく解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

EOS(イオス)ってどんな仮想通貨?

EOSの特徴は、これまでの仮想通貨で使われているブロックチェーンの常識を破った特殊なブロックチェーン構造にあります。

ブロックチェーンとは?

分散型台帳技術のこと。仮想通貨では取引データなどが世界中にいるユーザーの端末に分散して保管されている。

これまでのものは、暗号情報を分散させることで解読しづらくしたプラットフォームを利用しています。またさまざまな目的に応じた仮想通貨を生み出すことができる点に特徴がありました。

プラットフォームとは?

本来は端末やOSのなどを意味するが、仮想通貨関連ではブロックチェーンなどの処理が行われる土台のこと。

ただし基本となる暗号化のアルゴリズムは同じものを使っていて、それぞれの暗号化の鍵と異なるものを使うことで通貨の特性を生み出しています。

アルゴリズムとは?

問題を解くための計算手順のこと。

しかしEOSの場合には、暗号化のアルゴリズムを新しく開発しこれまでとまったく違う方式で暗号化するため、種類の違う通貨として使えます。

 

EOSの目的は?

EOSのポイントはスマホなどで動作を管理するOSのような存在であるところ。iPhoneのiOSやアンドロイドスマホのAndroidOSが該当します。

OSは標準的な機能を搭載していて、この上に動作するプログラムを搭載することでいろいろな処理をするもの。EOSではその原理を応用し、基本的な動作のみを通貨の暗号化手法として取り入れ、スマホのアプリみたいな感じで新しい機能を追加していけるのが特徴です。いままでのように特殊な目的のために設計された仮想通貨と異なる性質と言えますね。

そのためEOS自身は通貨としてより今後さまざまな仮想通貨を生み出す基準になる可能性も考えられます。

このような特徴から、これまでの仮想通貨のようにわかりやすくないため、市場での人気も分かれています。今後の発展性に魅力を感じる投資家もいれば、基本構造のみを網羅しているだけで使い道や発展性がよくわからないから投資対象ではないと考える人も。

ただし話題性が高く基本技術が斬新なので、多くの投資家が注目しているのも事実です。

 

EOSは初心者にもいい?

取引高は上位ですが、ビットコインなど主要通貨に比べると、EOSは初心者にとってあまり馴染みのない仮想通貨だと思います。

ただし初心者向けと考えられている面もあります。

その理由は暗号化のアルゴリズムに重点を置いていること。

これまでの仮想通貨は、暗号化の方法より流通の大きさで評価されることが一般的で、「医療分野で」「IT分野で」など目的をわかりやすくして多くの投資資金を集めてきました。

しかしその目的による流通の確立は読みにくく、とくに初心者は「それの何がいいの?」と首をかしげてしまう目的が設定されていることも少なくありません。

さらに仮想通貨の中にいろいろな付帯情報を含めることも多く、本来の目的である取引の利便性よりそっちを重要視してしまい、付加価値を高めることが目的になっている通貨も多かったりします。

これらの通貨は特定の目的以外に使えるものでないので、取引の利便性が感じられなければ価値が大幅に下落するリスクを持っているとも言えます。

したがって投資家は通貨の価値やその変動のほか、流通先のモデルについても予測しなければならず、非常に選択が難しい面がありました。

EOSは特定の目的に対して開発されたものではなく、あくまでもOSのような立ち位置の確立を目指して開発されたものなので、目的もわかりやすく将来性にも期待できます。

よって初心者の投資対象としては十分メリットがあるでしょう。

 

EOSを扱う取引所は?

残念ながら日本でEOSを扱う取引所はいまのところありませんが、海外なら40ヶ所以上の取引所で扱われています

代表的なところをピックアップ↓

  • Binance(中国)
  • Bitfinex(香港)
  • Bithumb(韓国)
  • Huobi(香港)
  • OKEx(香港)

初心者が最初から海外取引所となるとハードル高いかもしれませんが、日本の取引所で口座開設して仮想通貨を購入→EOSを買いたい海外取引所へ通貨を送金→EOSを買う、という流れになるでしょう。

海外送金のおすすめの国内取引所はこちらで紹介しています。
【目的別】おすすめ仮想通貨取引所

 

まとめ

仮想通貨EOS(イオス)の特徴についてまとめました。

EOSは今後その暗号化のアルゴリズムの存在価値が認められていくことで、さらに形を変えて普及していく可能性を秘めているもの。

今後価格が高騰していく可能性もあり、価格も安めなのでとりあえず持っておくだけでも将来の楽しみが増えるでしょう。