DMM bitcoinはどんな取引所?メリット・デメリットや特徴まとめ

テレビCMなどで見かけることが多い「DMM bitcoin」。その名の通りビットコインの取引もできますが、それ以外の仮想通貨に関しても取引可能な取引所です。

そこでDMM bitcoinがどんな取引所なのか、特徴やサービス内容についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

DMM bitcoinはどんな取引所?

2017年12月1日に金融庁に認可された取引所「DMM bitcoin」。

ここでの取引には現物取引とレバレッジ取引の2種類あります。

現物取引は日本円とビットコインないしイーサリアム、ビットコインとイーサリアム同士をやり取りできます。

レバレッジ取引になると、ビットコインとイーサリアムとは別に、ネムやリップル・イーサクラシックなどの仮想通貨も扱っていて、レバレッジを最大5倍にして取引することが可能です。

【参考記事:レバレッジとはどんなもの?】
レバレッジとは?やり方も解説

 

チャートが便利!

DMM bitcoinではこうした取引とは別に、FXなど金融商品を扱うコンテンツをいくつも抱えています。このため独自でチャートを作り上げ、そのチャートを見た中でやり取りしていくことができます。

パソコンやスマートフォンで簡単にチャートを見ることができるだけでなく、スマートフォンで購入・売却できるほか、チャートをいくつも表示できるため瞬時に売り買いしたい時など得におすすめです。

他の金融商品の運営で培ったノウハウをDMM bitcoinでも活用していて、使い勝手を考えると初心者にとって便利で安心のシステムになっています。

 

手数料が安い!

DMM bitcoinで特筆すべきポイントは手数料について。入出金手数料に関してはどちらも無料になっています。

入金の場合にはクイック入金と振込み入金があり、振込みの場合には銀行の手数料こそかかりますが、システムにお金を出すようなことはしなくて大丈夫です。

出金も無料で、仮想通貨の入出金に関してもお金はかかりません。すぐ入金してDMM bitcoinで取引したいときでも、手数料をかけずに簡単に始められるのは大きなポイントでしょう。

他の手数料に関しても原則無料になっていて、ロスカット手数料もかからないのが魅力です。

 

サポート体制がいい!

こうした取引所でありがちなのは、問い合わせの電話を入れたいのに営業時間が決まっていたり、土日祝日は閉鎖していたりする点です。

でも仮想通貨は取引所の営業日時に関係なく動き続けていて、いつ何時大きく動くかわかりません。そんな時にトラブルがあれば大変です。

DMM bitcoinは24時間365日いつでも問い合わせができるのも大きなメリット。問い合わせ用のメールフォームやLINEを使って問い合わせを行うことができます。これなら、夜中に何かしら不安が生じたり、困ったことが起きたとしてもすぐに対応してくれるので助かりますね。

 

DMM bitcoinの安全性

ここの一番の魅力は、なんといっても安全性の高さ

DMMではFXの運営などをしており、相当な数の案件を処理し続けています。ここ最近発生している仮想通貨の流出問題などは運営母体の失態が大きな原因と言われており、ヒューマンエラーの1つとされています。

ここで大事なことは、取引所の信頼が今後さらに求められるようになり、DMM bitcoinに関して言えばその水準を大きく超えている点です。取引を行う業界においてすでに実績があるところが取引所運営に乗り出すケースが増えていて、安全に取引したい人にとっては魅力的です。

 

DMM bitcoinの弱点

ここまでDMM bitcoinのいいところを中心に紹介してきましたが、デメリット挙げておくとスプレッドが高いことですね。この部分で稼ごうとしているので、安くビットコインなどを手に入れられるとは限らないのも注意したい部分です。

またロスカットの問題もあります。ロスカットはスプレッドが大きいと発生しやすいので、ちょっと値が下がった時点でロスカットを発動させてしまう恐れも。このあたりは気をつけておかないと損することになるかもしれません。

ロスカットとは?

損切りともいい、レバレッジ取引において保有する仮想通貨の価格が下落し、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に強制決済すること。

スプレッドとは?

買ったときと売るときの価格差のこと。

またレバレッジの倍率も5倍と低いことから、大きく儲けたい人には不満が残ります。

しかし初心者ならレバレッジなんて使わず現物取引にこだわる人が多くいるでしょう。むしろ最初からレバレッジ取引して痛い目を見るより、まずは仮想通貨取引がどのような感じなのか確かめる程度に購入した方がいいですね。

現物取引できる銘柄が少ないのもネックになっていますが、今後順次導入されていくことも考えられます。これらを想定した上で利用していくことが大事です。

 

DMM bitcoinでの口座開設方法

  1. 公式ページへアクセス
    【公式】DMM Bitcoin
  2. メールアドレス登録し仮口座開設
  3. 個人情報入力と本人確認書類の提出
  4. ~審査~
  5. 審査通過で郵送物送付
  6. 郵送物記載の認証コードで本人確認完了
  7. DMM bitcoin口座へ入金
  8. 売買開始!

ここで取引を始めるには、まずDMM bitcoinの口座を作ります。

口座開設には最初にメールアドレスで登録し仮口座を開設、その後基本情報入力ページで入力を済ませ本人確認書類を提出。本人確認書類の提出は写真を撮影するなどしてアップロードを行い、ショートメールを使った認証方法によって完了させます。審査をクリアすれば郵送物が送られてくるので、それに書かれている認証コードを入力したら本人確認終了。入金などができるようになります。

 

まとめ

金融庁認可済みの国内取引所でも人気のDMM bitcoinについて紹介しました。

個人的にDMMと聞くと、どうしてもエ口関係の会社というイメージを持ってしまうんですが、仮想通貨取引所とは関係ありません。将来的にそういったコンテンツを仮想通貨で買えるようにするかもしれませんが、それはそれ。

イメージよくない人もそうでない人も、仮想通貨初心者にも問題なく使える取引所と言えるでしょう。