デスクトップウォレットとは?仕組みや安全性、おすすめは?

デスクトップウォレットの特徴まとめ

最近仮想通貨が非常に注目されていますが、その仮想通貨ウォレットの中でもっともスタンダードなのがデスクトップウォレットです。

自分のPCから利用するウォレットで、一番古くからあるのがこのタイプ。仮想通貨の開発元が、公式にリリースしているウォレットの多くはデスクトップウォレット形式を採用しています。

ただしデスクトップウォレットといきなり横文字を言われても、まだ仮想通貨を保有したことがない人には仕組みがよくわからないかもしれません。

そこでデスクトップウォレットの特徴や使い方などについて簡単に解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

デスクトップウォレットってどんなもの?

仮想通貨で一番メジャーなビットコインを例に解説していきます。

ウォレットに保存される情報は、区別するためのビットコインアドレス、秘密鍵が二大情報となり、これらをどこに保管しているかで種類が違ってきます。

デスクトップウォレットの場合は、パソコンの中にインストールした専用のアプリやソフト内で管理する形式。秘密鍵を自分で持っているパソコンなどの端末に保管しているので比較的安全性は高めと言えます。

インターネット上に秘密鍵を置くオンラインウォレット(ウェブウォレット)ではハッキングされて流出するリスクも高くなるので、安全性を重視する人たちに好まれるタイプですね。

ただしインターネットをつないで作業をしているので、当然ハッカーが侵入してくる可能性はゼロにはなりません。セキュリティソフトをインストールするなど、きちんとした対策が必要です。

デスクトップパソコンでワードやエクセルを使って作業をするなどオフラインで作業できるときは、Wi-Fi設定やインターネット接続をオフにしておけば情報を守ることができます。

 

デスクトップウォレットの種類

デスクトップウォレットはインストールするだけで簡単に利用できるタイプで、完全型と非完全型があります。

完全型デスクトップウォレット

完全型はビットコインなど保管したい通貨のすべてのブロックチェーンを読み込めるので、安心感が高いのが特徴です。

ただしすべての情報をダウンロードするため、データ量が膨大になってパソコンに負荷がかかります。その結果処理速度が遅くなってパソコンで別の作業ができなくなってしまうなどの影響もありえるので、完全型を使うつもりなら容量や処理速度までこだわった高性能なパソコン選びをすることが大切です。

非完全型デスクトップウォレット

非完全型は完全型のようにすべての情報をダウンロードするわけではないので、必要な情報だけ取り出して記憶することでパソコンの負荷を小さくできます

負荷が小さければ動作も早くなって他の作業への影響がないので、色々な作業にそれほど高いスペックが要求されません。大抵の人はそうだと思いますが、パソコン1台だけでいろいろ作業している場合におすすめです。

 

デスクトップウォレットのメリット・デメリット

デスクトップウォレットのメリットデメリット

メリット

利用するメリットは、フルノード版が使える点が非常に重要なポイントです。

フルノード版の場合、ジェネシスブロックから最新ブロックまでのすべてのブロックチェーンを参照するので、すべての取引記録を確認できます

スマートフォン用やハードウェアウォレットなどは、アプリの容量を削減するために仮想通貨ブロックチェーンの一部領域のみを参照しているのですが、そうするとマイニングはできません。アプリを利用する際には軽さを重視する人がとても多いのですが、マイニングしたい場合はフルノード版にしか機能がないので注意しましょう。

また他の種類と比較すると、開発が盛んに行われているのもメリットですね。その分種類も多く、自分に合ったウォレットを探すことができて便利です。

デメリット

デメリットは、デスクトップだけに持ち運びには不便です。いつでもどこでもアクセスするようなタイプではありません。通勤途中のちょっとした空き時間に利用するような使い方もできないので、屋外で利用を考えているならモバイルウォレットなど別の種類を使うことになるでしょう。

また基本的に1つの通貨しか対応していないので、複数種類を運用したければPCに複数のウォレットをインストールしなければならず、管理が面倒ですしパソコンに負荷がかかります。

管理自体もパソコンが壊れたりアクセスできなくなったり、ウイルスに感染して情報が流出したりとさまざまなリスクがありますが、それらトラブルはすべて自分で対策しなければいけないため、ある程度知識がないと厳しいでしょう。

 

おすすめのデスクトップウォレット

ビットコイン用でおすすめは、使わない時にネットワークからウォレットを隔離するコールドウォレット化機能があったり、複数の秘密鍵を管理できるElectrumです。

1つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てることができるマルチシグネチャ機能を採用しているCopayもおすすめ。1つの秘密鍵が流出しても被害が出ないので安心です。

ビットコインやライトコイン、イーサリアムのような非常に有名なコインの場合には公式以外にも使いやすいものが用意されているので色々な選択肢がありますが、あまり人気のないコインではそういったものが用意されていませんので公式ウォレットを使うのが得策です。

 

まとめ

仮想通貨を保管する方法の1つ、デスクトップウォレットについて解説しました。

スマホなどにインストールして使うモバイルウォレットのように利便性は高くありませんが、種類によってマイニングができること、過去の取引をチェックできることなどならではのメリットもあります。

自分のスタイルにあったウォレットを選びましょう。