仮想通貨Decred(ディークレッド)の特徴と買える取引所は?

Decred(ディクレッド)とはどんな仮想通貨?

ここでは仮想通貨Decred(ディークレッド)について解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Decred(ディークレッド)ってどんな仮想通貨?

Decredの特徴

Decredは2016年2月にリリースされた仮想通貨で、通貨単位はDCRです。

平均ブロック生成時間は約5分で、送金に要する時間はビットコインやビットコインキャッシュの約半分です。

コインの総発行量は有限で、ビットコインと同じように2,100万枚と定められています。総発行量が少なめなので、コイン1枚あたりの価格は高めです。

ウォレットやマイニング用のプログラムは公式サイトで配布されているので、無料で入手することができます。

Decredだけの機能「アトミックトレード機能」

スマートコントラクトやメッセージ交換機能などは無く、コインの受け渡しのみの機能です。ただしブロックチェーン上で他の仮想通貨と交換することができるアトミックトレード機能を備えており、取引所のサービスを利用しなくても両替をすることができます

2018年5月時点では、ビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・ヴァートコイン(VTC)の3種類の通貨に対応しています。これに加えて2018年以降に少額でもコインの送金ができるライトニングネットワーク機能や、スマートコントラクト機能の追加などが予定です。

すでに運用開始されてから2年以上経過していますが、開発・改良が継続して進められていますし、開発チームには一定の信頼が持てる仮想通貨と言えるでしょう。

所有者の考えが反映される仕組みを採用

Decredはプログラムのソースコードが公開されていて、コンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)の両方が組み込まれている特徴があります。

送金取引の承認はPoWとPoSの2段階で実施され、51%攻撃によるブロックの改竄を防止しています。プログラムを開発する際に開発者同士の意見の相違が生じた際も、公平な投票による多数決で決定される仕組みなのでブロックチェーンが分裂してしまうことを防いでいます。

一般的に仮想通貨は利用者よりもプログラムの開発者やマイニング参加者の方が方向性を決定する傾向が強く、2017年8月にビットコインで起こった分裂もマイナーや開発者の意見対立によって引き起こされました。

これに対してDecredではユーザーがコミュニティで意見を提案することができますし、コインの保有枚数に応じてユーザーが投票に参加することができる決まりになっています。

そのため利用者の意志が反映されやすいメリットがあります。

 

Decredの価格推移

2018年5月28日時点での取引価格は1DCRあたり9万4千円前後で推移していて、時価総額は29位です。2018年2月頃には45位前後だったので、2018年に入ってから大幅に値上がりしたことになります。

日本円に換算した取引価格の推移ですが、リリースされてから1年間は1DCRあたり100円~300円程度でした。2017年後半に高騰し、2018年1月13日には一時1万4千円を突破して最高値を記録しています。その後に3月末に4千円台まで急落しましたが、5月22日にかけて再び高騰して1万3千円近くまで値上がりしました。

1万4千円台の最高値と比べると大幅に下落していますが、それでも1年前の2017年5月末には1DCRあたり2千円台で取引されていた事を考慮すれば1年で4倍以上値上がりしたことになります。

2018年以降も大型のアップデートが予定されていて、ライトニングネットワークやスマートコントラクト機能が追加されたら大きく値上がりすることが予想されます。

現在は日本国内の取引所では取り扱われていませんが、将来性が期待されている仮想通貨のひとつです。

 

Decredを扱う取引所

国内の取引所

現在において、日本国内の取引所ではDecredの売買ができません。

海外の取引所

Decredを入手するためには海外の取引所に登録し、ビットコインやイーサリアムなどを送金して交換(トレード)することになります。

DCR/BTC取引が利用できる海外の取引所には、

  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • Cryptopia(クリプトピア)

などがおすすめです。

海外の取引所を利用する場合には、英語の画面を操作していくことになります。

それでもPoloniexとBittrexについては多くの日本人が利用しているので、口座の開設方法や使用方法の説明を説明してくれているサイトやブログを多く見つけられるので参考にしてください。

 

Decred購入までの流れ

取引の流れですが、最初に日本国内の仮想通貨取引所または販売所の口座を開設してビットコインやイーサリアムなどを購入します。

日本国内で購入したコインを海外に送金してトレードに参加すれば、Decredのコインを入手することができます。

購入したコインは、すぐに売却する予定がなければ自分専用のウォレットに出金しておいた方が安全です。公式サイトにアクセスすれば、無料でウォレットアプリを入手することができます。

ちなみに初心者の方が日本国内でビットコインの現物を購入して海外に送金をする場合には、金融庁に登録されていて安全性が高いbitFlyerやZaif、GMOコインなどがおすすめです。

交換手数料が高くなってしまいますが、アトミックトレード機能を利用して入手する方法もあります。

 

まとめ

人気アルトコイン「Decred(ディークレッド)」の特徴を解説しました。

国内取引所では買えませんが、今後大型アップデートが控えるなど将来性に期待できる仮想通貨です。