仮想通貨COMSA(コムサ)を扱う日本の取引所と特徴を解説

いま金融市場においてもっとも熱いのが仮想通貨です。

最近では、仮想通貨の1つ「NEM(ネム)」が全国ニュースで大きく取り上げられるなど注目が集まっています。そんな中で仮想通貨投資に興味を持った人も多いでしょう。しかし仮想通貨にもいろいろな種類があり、何から手を付ければいいのかわからないという初心者の人も多いと思います。

一番安心確実なのはビットコインですが、それ以外にも魅力的なものは多いです。

そこでたくさんある仮想通貨の中でもおすすめな「COMSA(コムサ)」を取り上げ、その特徴や買い方などを解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

COMSA(コムサ)ってどんな仮想通貨?

扱っている取引所

COMSAは、国内の大手取引所「Zaif(ザイフ)」で取引できる仮想通貨です。

【参考記事】
Zaifってどんな取引所?

 

COMSAの特徴

COMSAとは、日本発のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)プラットフォームの名称で、トークンもCOMSAと設定されています。Computerの「Com」と日本語の鎖(さ)を組み合わせたのが名前の由来です。

【ICOの参考記事】
ICOとはどんなもの?

【トークンの参考記事】
トークンとはどんなもの?

2017年10月にトークンセールが開始され、12月にはZaifで売買取引が開始されました。トークンセールでは、セール期間中だけで約109億円もの資金調達を成功させたことで注目を集めました。これは世界のICOで歴代6位の金額となります。

ちなみに資金調達の内訳を少し紹介すると、日本国内で展開するZaifはもちろん、NEMトークンでの購入が多くを占めていました。2017年11月現在、登録者数は23万人を上回っていて、仮想通貨市場で人気が爆発している通貨となっています。

 

COMSAの目的と将来性

COMSAプロジェクトは「ICOのプラットフォームで支配的な立場になることを目指す」ことを目的に開発されました。

市場が注目されている今、ビジネス戦略上プラットフォーム戦略を執っているプロジェクトは多くありますが、前述したような爆発的人気を鑑みると、COMSAがプラットフォーム化されると大きな成長が期待できるため注目を集めています。

COMSAのICO検討をしている企業もあり、東証マザーズに上場している株式会社メタップスは、近々COMSAでのICO実施を協議する方向で進めています。

開発チームは、2018年末までに仮想通貨全体の時価総額が1兆ドルに達し、ICOの資金調達が年間50億ドルに達するとの考えです。またICOの対象は、国内企業に限定されておらず、国外企業に対しても誘致が積極的に行われています。

 

COMSAのトークンについて

COMSAのトークン名は同じ名前で略号は「CMS」です。ですがトークン発行に使われているブロックチェーン技術の影響で、イーサリアム系列の「CMS:ETH」、NEM系列の「CMS:NEM」の二種類の略号があります。購入当初は戸惑うかもしれませんが、どちらも同じトークンであり「1CMS」として扱われます。

【ブロックチェーンの参考記事】
ブロックチェーンとはどんなもの?

CMSは、セールの終了後にNEMとイーサリアムのプロトコル上で発行される仕組み。これは前述したブロックチェーン技術の影響もあります。トークン発行後、双方のブロックチェーン上でロックアップが行われ、発行総数も同時に確定されます。

 

COMSAの相場・価格

チャートはZaifで確認可能です。上場初日は400円まで上昇したものの、直後に100円まで下落しました。しかしそこから1週間程度で価格が急騰し、2日後には400円を超えるまでの上昇を見せました。これは、ホリエモンこと堀江貴文氏がCOMSAについて言及したことが大きく影響していると言われています。

仮想通貨が急激に高騰した2017年12月時点では、1トークンあたり400円の値段で取引されていました。

ビットコインと比較すると価格も安く敷居が低い仮想通貨なので、初心者の方でも気軽に購入できるのが大きな特徴です。なお上場直後に価格が下がることも少なくないため、購入の際は十分にリスクを理解した上で購入したほうがいいでしょう。

 

COMSAを買うには?

購入可能な取引所は、現時点では国内のZaifのみ。

トークンの販売はすでに終了していて、COMSAから仮想通貨を始める方はZaifでCMS:ETHまたはCMS:NEMの購入をおすすめします。購入はZaif公式サイトで口座開設と登録しましょう。

【公式サイト】
Zaif 公式はこちら

Zaif上で本人確認を行うのですが、本人確認が完了したら日本円の入金を行うことが出来ます。

入金方法は、銀行振込・コンビニ決済・ペイジー入金の3種類から。銀行振込は曜日・時間が決まっており、反映まで時間がかかることがあります。

くれぐれも、リスクを理解せずに計画のない購入は控えるようにしましょう。そのためにも、トークンを得る資金準備はもちろん、自分にあった通貨はなにか、きちんと下調べをしましょう。とくに初心者の人は、何が起きたか知らないまま思いリスクを背負う危険性があるので、チャートはもちろん、日々のニュースをチェックすることが重要です。

上昇までの日数も短いですがすぐ下落しやすい通貨なので、チャートの動きが重要視される通貨ともいえます。

また今後ICOの基本プラットフォームが実現されれば、成長率も大幅にアップされる通貨なので、今後の動向に注目です。企業の協議も進行中なので、敷居が低い通貨として初心者におすすめの仮想通貨でしょう。

 

まとめ

日本の取引所Zaifで扱っている仮想通貨「COMSA(コムサ)」の特徴を解説しました。

将来に期待が持てる仮想通貨の1つで、価格も手頃なので初心者にも手を出しやすいコインです。