Cardano(カルダノ)はどんな仮想通貨?特徴と買える取引所まとめ

カルダノはどんな仮想通貨?

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の中でも取引高が上位で人気の「Cardano(カルダノ)」について解説していきます。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Cardanoってどんな仮想通貨?

Cardanoは日本ではエイダコインと呼ばれている人気の仮想通貨。第三世代の仮想通貨であり、その将来性が期待されています。

ただし今のところほとんど実用性がないので、主に将来性に対する期待で価値がついているコインですね。

プロジェクトの内容は素晴らしいものですが、絶対に成功するわけではないことを理解しておきましょう。とても壮大なプロジェクトであるため、完成までの道のりは長いと言えます。

 

Cardano含む第三世代の仮想通貨とは?

第三世代の意味を説明するために、まずは第一世代と第二世代について解説をしましょう。

第一世代

第一世代の仮想通貨として代表的なのはビットコインです。主に通貨として使われることが目的となって作られています。ライトコインは少額決済向けのコインとして作られました。ライトコインも第一世代に含まれます。

第二世代

通貨としての役割以外にも機能を持っているのが第二世代です。

イーサリアムやリップルが代表的なものです。イーサリアムならスマートコントラクトという機能が、通貨としての機能以上のものと言えます。プラットフォーム系の仮想通貨はほとんどが第二世代でしょう。プラットフォーム上で新しいトークンを発行できたり、DEXと呼ばれる非中央集権的な取引所を作れたり、その機能はさまざまです。必ずしも第一世代のビットコインが劣っているというわけではないという点も知っておきましょう。ビットコインにもRSKスマートコントラクトという機能が実装される予定があります。最終的にどのコインが主に使われるようになるのかは今の段階ではわかりません。

第三世代

第三世代というのは、第二世代よりもさらにハイスペックな機能がついているものです。

具体的にはしっかり解説しているサイトがあまりないのでわかりにくいのですが、ホワイトペーパーにその内容がびっしり書かれているので読んでみましょう。英語で書かれたホワイトペーパーしかありませんが、将来的には日本語訳されることと思われます。

今のところCardanoについて詳しく日本語で解説したサイトはほとんどありません。それだけ難しいということでもあります。とても壮大なプロジェクトが書かれているために、素人ではそのすべてを理解することが困難です。

初心者の人は「第三世代」という言葉だけを聞いて魅力を感じ、安易に投資してしまわないよう気をつけましょう。リスクもそれなりに高いです。

 

Cardanoのメリット

Cardanoのメリットの1つは、ダイダロスウォレットにあります。

カルダノのダイダロスウォレット

他の仮想通貨のウォレットよりも安全で高機能となっています。すでに完成しており、公式サイトからダウンロードが可能です。今後さらにアップデートされていき、より高機能になっていくことでしょう。

予定では6月中にステーキングが可能になります。ウォレットに入れているだけで年利9.13%の報酬がもらえる魅力的な仕組み。価格が値上がりしていく上に、コインの枚数も年9.13%で増えていくので、とても大きなメリットがあります。

ただし値上がりすることが絶対に保証されているわけではありません。あくまで過去のチャートから予測すると値上がりする可能性が高いというだけです。

初心者の人はテクニカル分析やファンダメンタル分析も勉強をしてみましょう。株式投資などにも役に立つ知識です。得に短期的なチャートはテクニカル分析が有効となるようです。一見すると法則性がないように見えるチャートでも、一定の法則にしたがって動いている傾向があります。

 

Cardanoの将来性

第一世代や第二世代の仮想通貨にはたくさんの種類がありますが、第三世代となるとその種類はとても少ないです。そのためCardanoは、プロジェクトが予定通りに進めば高い確率で成功すると言えるでしょう。初心者の人がどの通貨に投資をするか迷ったら、このコインはおすすめできます。

ただしリスクもそれなりに高いので、すべての資産を投資してしまわないようにしましょう。資産が100万円あったなら、その10分の1の10万円だけを投資するというようにしておきましょう。

投資というよりも「投機」と言われているビットコインの世界では、資産を分散させることが重要です。

たとえば5種類に投資をしていて、そのうち3種類が失敗したとしても残りの2種類が成功したらトータルで利益が出る可能性が高いでしょう。成功したら10倍、20倍も夢ではないからです。ビットコインも成功したら1億円になるなどと予想が立てられています。

Cardanoはまだビットコインよりも価格が低いです。時価総額はビットコインの30分の1程度となります。もしも将来的に今のビットコインと同じ時価総額になったら、資産が30倍になっているということ。まだまだ成長していくという予想がありますので、それ以上になる可能性もあります。

資産のすべてを投資することにはくれぐれも注意が必要ですが、資産のうちの10分の1程度を投資することはおすすめです。

 

Cardanoを扱う取引所

日本の取引所では現在扱われていませんが、海外なら10ヶ所以上で売買可能です。

代表的な人気取引所をピックアップしておきます。

  • Binance(バイナンス/中国)
  • Bitrex(ビットレックス/アメリカ)
  • Huobi(フォビ/香港)
  • Upbit(アップビット/韓国)

取引手数料の安さなら、バイナンスかUpbitがおすすめ。ですがUpbitは口座開設するまでが少し面倒なのでバイナンスがいいですね。

 

まとめ

将来性に期待が集まる仮想通貨「Cardano」について紹介しました。

残念ながら日本の取引所では扱われていませんが、初心者でも簡単に口座開設できるバイナンスでチャレンジしてみましょう。

バイナンスへのは日本円で入金→Cardano購入できないので、一度日本の取引所でビットコインを買って送金してから購入することになります。

ビットコイン購入手数料がマイナスのイチオシ取引所
Zaif 公式

Zaifについて詳しく解説しています。

Zaif口座開設前に抑えたいポイント