ビットコインとビットコインキャッシュの違いは?どっちがいい?

ビットコインとビットコインキャシュの違い

ビットコイン(BTC)は2009年に誕生したもっとも歴史がある仮想通貨です。

それに対してビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月にビットコインから分裂して誕生しました。

BCHは1年程度しか歴史がないですが、実はかなり前からプロジェクトは考えられていたようです。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

ビットコインキャッシュはなぜ生まれた?

ビットコインキャシュ

そもそもビットコインが2017年8月にハードフォーク(分裂)したのは、スケーラビリティ問題があるからです。

本家のBTCはブロックサイズが1MBしかありません。これでは1秒あたりに処理できる取引量が4~6程度になってしまいます。世界的に普及したら取引量が今より圧倒的に増えることが予想されるのでこのままでは対応できません。

そこでSegWitという技術が導入されましたが、それでも足りないのでブロックサイズを2MBに拡大しようという計画が立てられます。

しかしこれに反対をするマイナーが多数いたので、分裂してBCHが誕生しました。2017年8月に誕生したばかりのコインであるにもかかわらず時価総額ランキング上位を維持し続けているのは、強力なマイナー集団がバックについていることが大きいでしょう。

ビットコインというすでにある仮想通貨から技術を引き継いでいるので、完全に新しく誕生したコインよりも信頼があります。

 

2つのコインの違い

両者の大きな違いは、ブロックサイズが1MBであるか、8MBに拡大されているかです。

他にはSegWit技術が導入されているかどうかも違いです。

どっちがおすすめかというと意見がかなり分かれてしまいます。本家を支持する人は当然ビットコインを推奨しますが、分家を支持する人は「ビットコインキャッシュが本当のビットコインだ」と主張しています。

そして将来的に大きな差をつける可能性があるのが、ライトニングネットワークです。

ライトニングネットワークとはどんなもの?

ライトニングネットワークとはオフチェーン取引をすることで取引スピードを大きく向上させる技術です。取引手数料も圧倒的に安くなり、少額決済が可能になります。しかしライトニングネットワークもまだ実験段階であり、必ず成功するとは限りません。

 

どっちが優れているのか?

SegWitとライトニングネットワークという技術を導入している本家ビットコインと、ブロックサイズを拡大することでスケーラビリティ問題を解決しようとしている分家ビットコインキャッシュではどちらが優れているのか?

その答えはまだ出ていない状態であり、答えが出るのは数年先となる可能性は高いです。

仮想通貨はまだ赤ちゃんの状態と言われています。本格的に普及するのは2020年以降、技術が完成するのは10年後と言われています。

パソコンについても1980年代には登場していましたが、一般家庭に広く普及したのはもっと後です。仮想通貨もまだ登場して間もないので、広く普及するのは10年後くらいとなるのではないかと考えられます。

インターネットという技術についても広く普及してからまだ10年程度しか経過しておらず、法律もまだ追いついていない状態です。仮想通貨は犯罪に使われるという問題点もあり、法律がしっかりと整備されるまでは国が認めない可能性もあります。

 

時価総額の違い

BTCとBCHの時価総額

現在の時価総額ランキングを見てみると、ビットコインは1位、BCHは4位です。時価総額は約10倍の差がついています。
(2018/8月時点)

チャート分析がしやすいのは2009年からのデータがあるビットコインのほうでしょう。ビットコインキャッシュは過去のデータが少ないために予想が難しいです。

しかし2018年にはビットコインキャッシュのほうが大きく上昇するという予想もあります。時価総額は9倍の差がついていますが、それほど価値の差がないならば差は縮まりビットコインキャッシュのほうが大きく上昇するでしょう。

逆にビットコインのほうがはるかに価値があるものだとしたら、むしろ差はどんどん開いていくはず。技術的な問題だけでなく、人々がどちらのコインを受け入れるのかにもよります。

歴史を振り返ってみても技術力が高いものが必ず広く普及しているわけではありません。人々から広く親しまれる存在になったほうが勝つのでしょう。

 

どっちが主流になる?

結局のところ現段階ではどちらが勝利するのかはわかりません。もしくはどちらも勝利しない可能性もあります。

たとえば時価総額ランキング3位のリップルが銀行間の国際送金に使われ、リップルの個人版と言われているステラが個人間の送金に使われたとします。そうしてリップルとステラだけが残るという未来も考えられるのです。

あるいはビットコインは資金の保管用に使われ、ビットコインキャッシュは決済手段・少額送金の手段として使われる未来もあるかもしれません。

どちらも今のところマイクロペイメント(1円未満の少額決済)には使えませんので、超少額決済の手段としてステラが採用される可能性があります。さまざまな未来が考えられるので、1つの仮想通貨に集中して投資をするのではなく複数の通貨に分散して投資をすることがおすすめです。

 

まとめ

仮想通貨の元祖でもあるビットコインと、そこから分裂して誕生したビットコインキャッシュの違いについてまとめました。

現段階であえてどちらがいいのかを決めるならば、やはり本家のビットコインのほうです。

  • 世界的に広く普及している
  • もっとも歴史がありブランド力がある
  • 基軸通貨として使われている
  • コミュニティが最大規模

などが理由です。