ブロックチェーンって何?仮想通貨との関係は?

近年では、新しい通貨として仮想通貨が注目されています。

仮想通貨とは、インターネット上のデジタル通貨の一種です。インターネット上で取引されるためインターネットにつながったパソコンやスマートフォンなどがあれば、国境に関係なく世界中でどこでも使うことができます。

海外に送金するときには、これを使うことによって通常の送金よりも低コストでおこくることが可能で、世界中で運用できるということから投資先としても注目されています。

そんな仮想通貨を支える仕組みが「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンとはどんなもの?

初心者でもわかりやすく言ってしまうと、ブロックチェーンとは電子上の「取引台帳」になります。

仮想通貨が生まれてから現在までのすべての取引を、すべてブロックチェーンが記録しています。ブロックとチェーンで構成しているもので、ブロックとは一定期間ないの取引の塊のことを言います。台帳の1ページ分と考えるとわかりやすくなります。チェーンは、そのブロックが1つ1つつながっていることを表しています。

つまり、台帳の1ページがブロックで、それをチェーンで繋いでいるというイメージになります。この仕組みがブロックチェーンになります。

通常の銀行の台帳の場合は、銀行と預金者のみが使えます。

しかし、この電子上の台帳はだれでも使うことが可能です。インターネットにつながっている環境があれば、世界中のどこからでも使うことができます。使うためには簡単なアカウント発行が必要ですが、だれでも発行してもらえます。身分証明は必要なくいつでも見ることが可能です。

参加者によって支えられているブロックチェーン

この仕組みは、ネットワーク参加者によって支えられている仕組みになります。世界中で仮想通貨を利用している人のパソコンのパワーを少しずつ分け合うことによって作られており、この仕組みを「P2P」と言います。

これは利用者にもメリットがあり、パソコンのパワーを分けることによって収入を得ることができます。この収入がもらえることによって、みんながパソコンのパワーを分けてくれるのです。

このような仕組みによってすべての取引記録をみんなで持ち合い、デジタル上のお金を支え合っています。みんなが支え合うことで、一人のパソコンが壊れたとしても台帳自体が壊れることはなく、他のパソコンの持っているデータを使って動作を継続することが可能となっています。

相互監視による信頼性の高さ

台帳自体を支え合うという機能以外にも、常にみんなで見張りあっているという機能もあります。

まず、台帳に書き込む前に、みんなでその取引は正規のものであったかをチェックします。チェックした結果、正規のものだけが台帳に書き込むことができます。正規であるとチェックできた参加者に対して謝礼の報酬が支払われます。

書き込まれたものは、後で書き換えられていないかもチェックされ続けます。最初から最後まで正しい取引の記録のみが残るようになっていることで、仮想の通貨という曖昧なものに対しての信用性を高めています。

ブロックが台帳の1ページであり、それがつながってチェーンになっています。取引によって1ブロックが確定すると、本当にすべての取引が正しかったのかという確認作業が入ります。この確認に問題がなければブロックが確定し、新しいブロックに移行します。

ブロックチェーンのさまざまな使われ方

このブロックチェーンは、様々な使い方をすることができます。

決済では、お金の移動の記録に使うことができ、ユーザー同士でお金の取引が直接行うことが可能です。また何月何日にいくら入金や出金があったなどの記録を永久に乗せることができ、鍵を使って著名された契約ですので安心して取引することができるとされています。

この仕組みを使った代表的な取引としては、音楽関係が挙げられます。

これまでアーティストが楽曲をリリースした場合、アーティストが収入を得られるまでには中間業者がたくさんおり、それによって一曲リリースしてから、収入を得るまで1年程度かかることもあったとされています。

これを仮想通貨の取引できる音楽サイトで楽曲を購入することで、即座にアーティストに対価を支払うことができるという仕組みになっています。楽曲のアーティスト以外の関係者に対しては、一曲売れた場合の分担比率をあらかじめ決めておき、一曲売れるごとにそれぞれにお金が振り込まれるという仕組みになります。

契約の履行の自動化はブロックチェーンを利用した契約の分かりやすい事例といえます。

 

このような通貨は、複雑に暗号化されて電子著名を添えた上で送信することで、なりすましや取引の偽造ができない仕組みになっています。また、取引記録をつなぐことで二重使用や改ざんを防ぐことができるようになっています。しっかり確認することでお金としての信用性などを高めていきますが、もちろんデメリットもあります。

利用する場合には、きちんとメリットだけではなく、デメリットを理解していから使用することが大切となります。

 

まとめ

仮想通貨で使われている技術「ブロックチェーン」の仕組みやメリットを簡単にまとめました。

 

ちなみに、私が持っている初心者向け仮想通貨の本をチェックして見るとこのように書かれていました。

【マンガでわかるビットコインと仮想通貨】
さっくり言うとビットコインの取引台帳の仕組みのこと。送金データを一定数まとめてブロック単位にし、ブロックをチェーン上に繫いでいく仕組み。

【世界一やさしいビットコインの授業】
簡単に言うと新しい記録の技術。全員で取引台帳を管理する分散型台帳技術。

【60分でわかる!仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン】
ビットコインの仕組みを支える根幹となる技術。P2P(ピーツーピー)ネットワークを用いて管理する。前取引データをみんなで共有するためどこかでデータがなくなっても大丈夫なしくみになっている。

【1時間でわかるビットコイン入門】
1つのサーバーにデータを保存してセキュリティで守るのではなく、顧客の取引を記録した大量をネットワークにつながっている不特定多数のコンピューターに分散させ共有する仕組み。

仮想通貨の本なので仮想通貨向けの説明になっていますが、いまではそれ以外への広がりも見せているブロックチェーン技術。世界でも仮想通貨は規制しつつ、この技術への投資は積極的といった国もあります。

今後さらに広がっていくのは間違いないでしょう。