ビットトレードってどんな取引所?手数料や口座開設方法などまとめ

取引所ビットトレードの特徴まとめ

ここでは仮想通貨取引所「ビットトレード」についてまとめています。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

ビットトレードってどんな取引所?

金融庁に認可・登録済みの「ビットトレード」は、東京都に拠点がある仮想通貨取引所です。

設立は2016年とまだまだ日は浅いのですが、翌年には金融庁に登録が認められている実力派。経営会社は取引所開始までからすでにFX業で知名度が高く、有名な老舗の一つに数えられるほど有名なところ。

ビットトレードでは少額から取引できるのが特徴で、ビットコインを中心に数種類の通貨がやり取り可能です。

ビットトレードのロゴ

取り扱う仮想通貨

対応している種類は次のとおりです。

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. XRP(リップル)
  4. LTC(ライトコイン)
  5. MONA(モナコイン)
  6. BCC(ビットコインキャッシュ)

主要な仮想通貨はカバーしています。

イーサリアムはビットコインと、ビットコインやモナコインは日本円と取引できます。

 

販売所はありません

ビットトレードは仮想通貨を扱っていますが、販売業は行っておらずあくまで取引サービス中心です。

 

ビットトレードのメリット

ここの利点はいろいろありますが、代表的なのはアルトコインのスプレッドが狭いこと。

実際には時間帯や種類に左右されるものの、最高で1%未満に設定されているのは驚きです。取引手数料は発生しますが、トレードを有利に進められるのは大きなメリットですね。

 

セキュリティ

セキュリティは金融庁に太鼓判を押されているだけあって、2段階認証やSNS認証は当たり前に採用されています。

コインの保護に欠かせないマルチシグも、コールドウォレット管理も万全

マルチシグとは?

マルチシグネチャ(マルチシグ)は、仮想通貨を送金など操作するときに必要な秘密鍵(本人かどうか確認するもの)を複数の場所に2つ以上持つこと。スマホアプリでビットコインを保管している場合、アプリのパスワードの他に別の場所にある認証コードも使わないとアクセスできない仕組み。

コールドウォレットとは?

仮想通貨を保管するウォレットをインターネットから隔離した場所に保管する仕組み。

ビットトレードのセキュリティ対策は、不正アクセス防止を念頭に対策されています。携帯電話やSNSを積極的に活用することで、利用者が安心して使えるサービスが実現しているわけです。

 

チャート確認は公式アプリで

トレーダーにとって欠かせないチャートの確認方法は、便利で使いやすい公式アプリが提供されています。

公式アプリは動作や表示が快適で、ラインチャートもローソク足も瞬時に切り替え可能。

スマートフォンはパソコンやタブレットに比べると画面サイズが限られるので、動作の快適性が使用感に大きく影響します。ただし小さな画面でも、情報量が多く視認性に優れているので、利用者の間では評価が高くこれだけでもビットトレードを選ぶ価値があると言えるでしょう。

なおパソコンからも利用可能なので、利用シーンに合わせて端末を使い分けられます。

 

売買手数料

売買手数料は、メイカーの場合コンマ2%から同じく3%の範囲内に収まります。

一方のテイカーはコンマ2%からコンマ7%で、こちらも数字は固定されているのが共通点です。

メイカーとは?

取引所のユーザー同士が売買する「板」で、板にない価格を新しく指値する注文のこと

テイカーとは?

取引所の板にすでにある価格で指値する注文のこと

手数料はやや高めとの声もみられますが、その分ムリのない運営を期待できるのでセキュリティや長期利用するときの安心感は十分あるでしょう。

入出金手数料はほとんどの預け入れで無料ですが、銀行で入金するときには振込手数料が発生します。

仮想通貨に関してはどのコインも預け入れは無料で、引き出し時に各コインの時価に合わせた手数料が必要です。

口座開設と維持費用は両方ともに無料ですから、気軽に開設したり安心して口座を保有することができます。

 

ユーザー数や人気は?

ビットトレードでの取引量は、他の取引所と比較すると控えめで利用者数も限定されます。

ただしそれだけシステムやコインの管理に余裕があるわけなので、対応が素早く全体的に快適に使えるでしょう。

ビットトレード公式のWebサイトは表示が早く、ページを推移する際も重さがなく軽快そのもの。取引所画面の表示もスピード感があって、ムダな動きがなく時間を浪費せずに済むのが魅力です。

 

デメリット

デメリットはマイナー通貨の種類が限られていることですね。

とはいっても主要コインは取り扱っているので利用価値は十分。むしろマイナーな通貨に対応していないことから、逆に知りたい情報がシンプルに手に入ったり、余計な情報がないので取引に集中できます。

入金手続きは30分から1時間、引き出しは5分程度で完了するので、入出金で掛かる時間の短さもビットトレードの良さです。

 

口座開設の流れ

口座開設はビットトレードの公式サイトから、新規会員登録を選んでメールアドレスを送信します。

公式サイト
ビットトレード

スマートフォンの場合

スマートフォンならパスワードを設定して、利用規約を確認した後に口座開設の本手続きへと進みます。

個人情報を入力したら投資目的や職業を選択して、内容確認が済みしだい登録手続きを完了させましょう。

本人確認書類の提出が求められるので、種類を選択して写真を撮影、画像を選択して送信。後は1営業日ほど待って、承認メールの受信と確認が済めば口座開設完了です。

その後書類が郵送で送られてくるので、これを受け取り次第口座開設の全ステップは終了です。

パソコンの場合

パソコンの場合はメールアドレスの入力後、アカウント作成をクリックして口座開設ページのアドレスを受け取ります。

パスワードの入力項目と利用規約や取引ルールが表示されるので、これらを確認してから登録ボタンを押せば開設手続きは完了です。

なお入金やトレードを始めるには、お客様情報を入力して本人確認書類の提出も必要です。
ここからはスマートフォン版の手続きとほぼ同じで流れ。

 

まとめ

仮想通貨取引所ビットトレードのサービス内容を紹介しました。

取引手数料は発生しますが、それは安心感を得るチップだと捉えられますし、利用開始の手続きは早く実際の利用も快適性が高いので人気がある取引所です。