ビットポイントはどんな取引所?金融庁登録は?特徴まとめ

取引所ビットポイントの特徴まとめ

日本で仮想通貨交換事業を展開しているビットポイント。

この取引所の特徴や手数料、口座開設方法などをまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

ビットポイントってどんな取引所?

ビットポイントは、日本の株式会社であるビットポイントジャパンが運営している2016年3月に設立された仮想通貨の取引所です。

資本金は44億3000万円と非常に多く、東証マザーズに上場している株式会社リミックスポイントという会社が親会社ということもあり、経営面での信頼度が高く、金融庁の「仮想通貨交換業者」にもしっかり登録されているので安心して利用できる仮想通貨取引所です。

こちらの取引所はMT4(メタトレーダー4)を国内で最初に取り入れました。MT4(メタトレーダ4)は世界的にも最高峰と言われているインストール型の多機能トレーディングプラットフォームで、MT4(メタトレーダー4)を使うことで、テクニカルインジケーターや自動売買のプログラムを自作することができるようになります。それによって自分だけのトレードルールを作ることができ、そのルールに沿ったトレードが可能になります。

また自動売買プログラムは使えませんが、AndroidアプリとiPhoneアプリもあるのでスマートフォンでも取引可能です。

 

取り扱う通貨

取り扱い通貨は、

  1. Bitcoin(ビットコイン)
  2. BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
  3. Ethereum(イーサリアム)
  4. Ripple(リップル)
  5. Litecoin(ライトコイン)

の6種類あります。

草コインなどニッチなものはありませんが、取引高の多いメジャーな仮想通貨が揃っている取引所です。

 

手数料が安い

こちらで口座開設して取引を行う際の大きなメリットの1つとして、ビットコインの送金手数料無料があげられます。

他の取引所ではビットコインの送金には手数料がかかることが多く、大体0.0005BTC~0.001BTCくらい必要な所が多いです。ビットコインの送金手数料はビットコインで支払うことが一般的ですが、ビットコインの価格がどんどん上がっている現在では手数料が無料なのは大きなメリットといえます。

またビットコインやイーサリアム、その他取扱い通貨の現物取引やレバレッジ取引、ビットポイントFXの取引手数料も無料となっていてとても利用しやすい取引所です。

 

レバレッジ取引も可能

こちらの大きな特徴の一つとして「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX」という、2種類のレバレッジ取引があります。

どちらの取引方法でもレバレッジによる取引ができ、少ない資金で大きな取引が可能です。レバレッジ取引は少ない資金で行うことができますが、マイナスになってしまった場合大きな損失になってしまうリスクがあり自己資金の管理が難しくなりますが、うまく使ってプラスにできたら少ない資金ながら大きな金額を稼ぐことができるため、人気の取引方法となっています。

【参考記事】
レバレッジ取引とはどんなもの?

この2つの取引の違いは、まず取引相手が違うこと。

「レバレッジ取引」では他の顧客との取引になるのに対して、「ビットポイントFX」では運営会社と取引することになります。

また使用するツールも違いが。

「レバレッジ取引」は運営会社が作ったツールで取引するのに対して、「ビットポイントFX」ではMT4(メタトレーダー4)を利用して取引します。

MT4(メタトレーダー4)は外国為替証拠金取引(FX)において世界中で利用されている自動売買ツールで、裁量取引などもできて非常に多機能なツール。自動売買プログラムを作るのは結構大変なのですが、ビットコインに適したものを作ることができればツールが自動で売買してくれるため非常に便利なツールです。

ビットポイントにはこの2種類のレバレッジ取引があるおかけで、仮にどちらかの取引が活発でないとしても、もう一つの取引を利用することができるのもメリットです。利用する側は取引を不自由なく行うことができるでしょう。

 

セキュリティはどうなの?

ビットポイントは金融庁に登録されているだけあり、セキュリティー面も徹底されています。

まず一つ目の対策に2段階認証があります。2段階認証は自分で設定したパスワードに加えて、登録したメールに認証コードが送られてくることにより、他人からの不正ログインを防ぐことが可能です。

またビットポイントでは顧客の資産をコールドウォレットで管理しています。コールドウォレットとは顧客の資産をオフライン環境で管理すること。

オンラインで管理(ホットウォレットという)していた場合インターネットでハッカーなどに攻撃された際に、顧客の資産が盗まれる可能性がありますが、コールドウォレットならハッキングによる盗難の心配はありません。

それだけではなく、オフライン環境で起こるかもしれないリスクもしっかりと対策しています。不正侵入感知・防御システムを導入して不正な外部からの侵入を防いでいますし、権限徹底管理を実施することにより、ローカル環境での不正を防いでいます。

これらのセキュリティー対策により、従業員の情報管理や機器の管理など、会社を運営する上でのセキュリティーもしっかりと行っている信頼できる会社です。

 

まとめ

金融庁登録済みの仮想通貨取引所「ビットポイント」について紹介しました。

ビットポイントは取引通貨も6種類あり手数料も無料、高性能なツールが使えるといったことから非常に取引しやすい取引所となっています。