ビットフライヤーで口座開設前に知っておきたい初心者向け仮想通貨ガイド

仮想通貨のニュースがテレビでもよく取り上げられるようになりました。2017年に大きくその価値と注目度を上げた仮想通貨ですがそれ以降もまだまだブームは続くと予想されています。

ニュースなどを見て興味を持った人も多いと思いますが、仮想通貨への投資を行うには仮想通貨交換業者が運営する取引所と呼ばれるところへ登録しないといけません。ただ取引所といってもたくさんあるため、どれがいいかわからないという方は多いと思います。

そこでこれから仮想通貨へ投資してみたい初心者の方に向け、とくにオススメな日本最大手の取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」について解説していきます。

ビットフライヤー(bitFlyer)を徹底解剖!

安全性・セキュリティはどうなの?

高いセキュリティで安全に取り引きができるビットフライヤー

ビットフライヤーは国内屈指の仮想通貨販売所&取引所です。

最大の特長は、なんといっても高いセキュリティで安全に取り引きができること。

過去に取引所のセキュリティが問題で、投資家のお金が流出する事件が何度か起きています。最近では2018年1月に国内大手の取引所が不正アクセスの被害に遭い、500億円を超える額の仮想通貨が流出した事件が記憶に新しいでしょう。2018年2月現在でも失われた仮想通貨の行方や投資家への補償などはメドが立っておらず、事態は収束していないんです。

この事件以降、世間の仮想通貨に対する目は少し冷ややかなモノになりました。前から危ないと思っていた、やっぱり怖い、そういった不安の声が一気に広まったんです。
中でもとりわけ大きかったのは、他の取引所は大丈夫なのかという声です。

なにしろまだ発展途上にある仮想通貨業界ですから、他の取引所も同じように不正アクセスされるのではという不安はもっともでしょう。

この事件では、取引所が運営しているシステムの脆弱性が浮き彫りになりました。

とくに問題視されたのは、システムがマルチシグに対応していなかったという点です。マルチシグとは仮想通貨の暗号方式において、解読に使われる秘密鍵を複数に分けて保管する仕組み。マルチシグに対応していないということは秘密鍵がひとつしかなく、もし盗難に遭ったなら即流出につながってしまうということです。

ビットフライヤーはこのマルチシグに日本ではじめて対応していて、高いセキュリティを備えています。

複数の場所に保管されている秘密鍵を同時に入手することは、とても難しいと言われています。もし秘密鍵がひとつ盗まれてしまったとしても、攻撃者はコインを送金することができないというわけです。

コールドウォレット対応で安心

不正アクセスに遭った取引所が抱えていたもうひとつの問題が、コールドウォレットに対応していなかったことです。正確には対応する予定があったけど間に合わなかった、という説明でした。

コールドウォレットとは、ネットワークから完全に隔離された仮想通貨の保管場所のことです。

この取引所では常にインターネットにつながっているホットウォレットに顧客のコインを保管していたために、ターゲットになったコインのほぼすべてを失う結果になってしまったんです。

また2017年4月の法改正で、取引所の自己資産と顧客の資産は分けて管理することが義務付けられています。被害に遭った取引所は改正以前に営業を開始していた、いわゆるみなし業者だったためその義務はありませんでした。

ビットフライヤーでは自身および顧客が保有するコインの80パーセント以上が、分別された状態でコールドウォレットに保管されています。つまりこれらに外からアクセスすることは不可能ということです。

そのコールドウォレット自体も、強固な物理セキュリティロックを複数施した状態で24時間監視されています。

その他にもクロスサイトスクリプティングやブルートフォース、辞書攻撃などプログラムレベルで想定され得るあらゆる限りの攻撃に対しても対策を行っていて、外部機関に依頼してのハッキングテストも定期的に行う徹底ぶり。安全面での意識が非常に高いことがわかりますよね。

ビットフライヤーはこうした安全対策が顧客の資産を預かる取引所の必須条件であると、設立当初から考えていたんです。多くの資金をセキュリティ面に割いてきた、その経営方針は正しかったわけですね。

万一に備えた補償制度もあり

ビットフライヤーでは、安心の補償制度も用意されています

2017年6月に大手保険会社と結ばれた契約では日本円が不正に出金されてしまった場合を対象に、預かり資産に応じた補償額が設定されています。対象アカウントはトレードクラスかつ2段階認証を実施している利用者という条件があるけど、これらは投資を行う上でもほぼ必須の条件と思っていいでしょう。

こうした高いセキュリティや補償制度を整備することで、安心して取り引きができる環境を提供しているのがビットフライヤーという取引所なんです。大事なお金を投資するわけだから、安全面はもっとも重要なポイントですね。

投資家の中には、日本円で保有している資金の一部をビットフライヤーに保管しているという人もいます。

アルトコインをメインで取り引きする場合は他の取引所を使うケースが多いけど、サブバンク的な用途でビットフライヤーの口座をもつケースもあるんです。セキュリティサービスを提供しているある組織が国内外にわたる140の取引所を対象に行った調査では、ビットフライヤーが世界一の安全性と評価されています。そのセキュリティの高さは、紛れもなく世界最高峰ということです。

会社の信頼性は?

大手企業の出資を受けた高い資金力

ビットフライヤーの特長のひとつに、その高い資金力があります。

準備金を含む資本金は41億238万円と群を抜いています。国内外の大手取引所を見渡してもビットフライヤーに匹敵する資金を持っているところはそうそうありません。まさに世界トップクラスの資金力

資金力はしばしばその企業の体力とも形容されます。経営が傾いた苦しい状況でどれだけ踏みとどまることができるかは、その体力にかかっているといっても過言ではありません。いつの時代でも経営の基盤となるのは豊富な資金なんです。

ビットフライヤーは名立たる大手企業からの出資を受けていて、この点で非常に高いアドバンテージを有しています。

大手企業から資金調達ができるということは、それだけの能力があってかつ信頼を得ているということ。仮想通貨という目新しいものを生業にしながら、また先に挙げたような流出事件が何度か起きてきた中で、大企業からこれだけの信頼を勝ち取ることはかなり難しいことです。ビットフライヤーはその株主にも出資企業のそうそうたる名前が並んでいます。

金融業界出身の代表、加納裕三氏

ビットフライヤーがこれだけの資金調達を行ってきた背景には、設立者であり代表取締役の加納裕三氏が見据えていたビジョンがあります。

元々証券会社でエンジニアとして活躍していた加納氏は、ビットコインとブロックチェーン技術の可能性を見出して起業。2014年にビットフライヤーを設立しました。

仮想通貨というマーケットで競争が激化したとき、長期的にみて色々な戦略を練られるだけの資金が必要だと当時から考えていました。そしてセキュリティ強化や人員増強、また海外事業への進出といった事業展開を継続的に行うために、お互いに信頼関係を築けるような企業相手にプレゼンを重ね、数々の出資を勝ち取ってきたんです。

また加納氏は、仮想通貨業界が法整備の面で遅れているというところにも早くから着目し、行政への働きかけもしています。その結果金融庁が監督を行うことが決まって、いろいろな法整備が進められることになりました。

自身の企業のみならず、業界全体を考えたこの行動力こそが、ビットフライヤーの原点といえるでしょう。加納氏はブロックチェーンの発展を目的に組織された日本ブロックチェーン協会の代表理事も兼務しています。

ビットコインの取引量が世界一

ビットフライヤーは、仮想通貨の代表格であるビットコインの取引量が2018年2月現在、世界一です。国内の取引所の中でもそのシェアは90パーセント以上と、圧倒的な数字ですね。

取引量というのは一般的に言って、取引所に対する信頼度や使いやすさといった要素も含めた総合的な評価に比例するもの。それだけ質の高いサービスの上に成り立っている実績といえるでしょう。

ビットフライヤーでは、レバレッジといって自己資本に他人資本を加えて取引を行うことで利益率を上げる手法も活発に使われています。

仮想通貨の価格は取引所によって少しずつ異なりますが、その価格は取引量に比例して安定するという傾向があるんです。つまり取引量が多ければ多いほど価格の変動は穏やかになって、それぞれが望む額での売買が約定しやすいということです。

ビットフライヤーは利用者数も国内ナンバーワン

こうした環境によって安定してスムーズに売買を行うことができるのが、ビットフライヤーの特長のひとつです。変動の激しい環境は心的負担も大きいので、とくに初心者の方にはビットフライヤーのような取引所がオススメなんです。

ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨は、全部で8種類あります。そのうち取引所で売買ができるのは、ビットコインとイーサリアムの2つのみ。それ以外のアルトコインは販売所での購入になります。

販売所と取引所とは?

販売所と取引所って何?という方のために、ここで2つの違いについても説明しておきましょう。

仮想通貨交換業者が運営する取引所のサイトには、販売所と取引所という2つの場所があります。

販売所は運営している業者から直接コインを買うための場所です。この場合は現在のレートで今すぐに買う形式で、欲しい数を入力して購入するだけのシンプルな買い方となります。

一方取引所は、板とよばれる売買の注文が並んだ場所で投資家同士が取引を行う場所です。こちらの場合は現在のレートで買う成り行き注文のほかに、いくらで売る、いくらで買うといった指し値注文を行うことができます。

販売所で買うときは別途手数料がかかるから、安く買おうと思ったらまずは取引所を利用するのがいいでしょう。

ビットフライヤーで取り扱いのないコインを売買したい場合は、他の取引所を使うしかありません。ただビットコインやイーサリアムへの投資をしてみたいなら、迷わずビットフライヤーに登録することをオススメします。

またすでに他の取引所でアカウントを作っているという方でも、ビットフライヤーの口座は持っていて損はありません。分散投資や分散保管といったリスクヘッジにもなるし、おトクなサービスも豊富に用意されているんです。

 

ビットフライヤー独自のサービス

ビットコインが無料でもらえる

ビットフライヤーには、無料でビットコインがもらえる嬉しいサービスがあります。

ホームページの左側に「ビットコインをもらう」というメニューがあって、ここにさまざまな企業が広告を出しています。ビットフライヤー経由でそれぞれのサービスを利用すると、内容に応じたビットコインがもらえる仕組みになっているんです。企業から入ってくる広告料の一部を顧客に還元しているわけですね。

大手通販サイトやグルメショップ、旅行サイトなど、普段から利用しているサービスも必ずあると思います。ビットフライヤーに口座を作ったら、ぜひのぞいてみましょう。

ビットフライヤーを利用している人の中には、こういったサービスを利用して少しずつビットコインを増やしている方も多いんです。いつものショッピングや、ちょっとしたアンケートに答えるたびにお小遣い稼ぎができるなんていいと思いませんか?中にはゲームで遊んだり、広告を視聴したりするだけでビットコインがもらえるサービスもあるんですよ。

貯まったビットコインは日本円に換金するもよし、そのまま保有して値上がりを楽しみに待つもよし。

またビットフライヤーならではのショッピングページで、商品やギフト券などを買うという手もあります。同じく画面左側にある「ビットコインをつかう」というメニューがそうです。ここにはビットコインで買うことができる商品が並んでいます。

このようにビットコインを他にはない使い方ができるのも、ビットフライヤーを利用する楽しみのひとつです。

次世代ブロックチェーン技術、miyabi

ビットフライヤーはビットコインを支える基盤技術の革新を常に行っていて、2016年12月にはプライベートブロックチェーンのmiyabiを独自開発しています。このmiyabiは次世代のブロックチェーンとして期待が高まっている、注目の技術です。

ブロックチェーンでは、ブロック単位でデータを鎖状に連結していくことでデータベースを構築していきます。ただ通常のブロックチェーンだとハードフォークと呼ばれる分裂や孤立したブロックなどが生じたときに、データの信頼性が下がってしまうという欠点があるんです。

miyabiは独自のアルゴリズムでデータを確定させるファイナリティーという処理を行うことでこの欠点を克服。よってデータの改竄は事実上不可能でセキュリティに優れています

またスマートコントラクトという技術に独自の合意アルゴリズムを組み込んで、外部データの取り込みなどができる仕組みも実装しています。

パフォーマンス面でも、その性能は世界最速

処理速度を表すトランザクション件数は1秒間に1,500件から最大4,000件にもなります。ビットコインだと1秒に2件、イーサリアムでも1秒に5件程度だから、いかに優れているかがわかりますよね。

さらにmiyabiは災害などのトラブルにも強いという特長をもっていて、将来的に世界にデータを分散させることで大規模災害にも耐える設計ができるんです。

さまざまなシステムの要求に応えられる可能性をもった、まさに次世代の技術、miyabi。すでに大手企業が参加する実証実験も進められていて、今後の展開も目が離せないものになるでしょう。

海外にも展開中!

ビットフライヤーは日本ではじめて、海外への進出もはたしています。

2017年11月にはアメリカのニューヨーク州で正式に認定されて、42州での事業許可を受けました。ニューヨーク州での認定は世界でも4番目という快挙です。さらに2018年1月にはヨーロッパでもライセンスを取得して、その事業展開はまさにグローバル。

今後もビットフライヤーは国内外でビットコインのシェアを拡げていくでしょう。

便利な独自送金サービスbitWire

ビットフライヤーでは、独自に開発したビットコイン送金サービス、bitWireを提供しています。

このサービスを使うには送金相手もビットフライヤーに口座を持っている必要があります。ただビットコインをよくやり取りするなら、とても画期的なこのサービスを利用しない手はありません。

bitWireには、通常のビットコイン送金にはない大きなメリットが3つあるんです。

まず送金先の指定方法がカンタンであるということ。

通常ビットコイン送金をするときは、送金先をビットコインアドレスで指定しなければいけません。ビットコインアドレスは銀行の口座番号のようなもので、1もしくは3から始まる27から34文字の英数字の組み合わせです。このアドレスは長くて覚えにくい上に手入力すると間違える恐れがあるので、送付先から指定された文字列をコピーして入力したり、QRコードを読み取ったりすることになります。

bitWireではこのビットコインアドレスじゃなくてメールアドレスを指定するだけなので、わかりやすい上に間違いが格段に減るんです。

次に送金から着金までの時間の短さ

通常だと、最低でも10分以上かかってしまいます。これはプルーフオブワーク(PoW)といって、承認作業を必要とするブロックチェーンの仕組みに関係しています。

bitWireの場合かかる時間はなんと1秒。ほぼ即時着金だから待つ必要はありません。

最後は、送金先を間違って指定するリスクについて。

通常ならビットコインアドレスを間違って指定してしまうと、送金したコインは失われてしまいます。1文字間違っただけでももちろん別のアドレスになってしまうから、アウトです。

これってすごく怖いことだと思いませんか?

bitWireなら、送金前にメール確認を行うことができるんです。

指定したメールアドレスでビットフライヤーの口座登録がなければ確認メッセージが表示されるから、入力間違いにも気づけるというわけです。口座登録のないメールアドレスにそのまま送金した場合は、アカウント作成の案内が一緒に送られます。送金後2週間以内に口座が開設された場合はそのまま送金が完了、2週間たっても口座が作られない場合は送金取り消しになって、ビットコインが返金される仕組みになっているんです。

入力ミスで存在しないメールアドレスに送金してしまった場合でも2週間後に取り消されるから、安心ですよね。

こんなに便利なbitWireだけど、なんと手数料はかからないんです。

使い方もカンタン。bitWireのページで送金したい相手のメールアドレスと金額を入力して、送付ボタンを押すだけ。金額は日本円とビットコインどちらでも指定ができるし、任意でコメントも入力することができます。

ビットフライヤーに口座を作ってビットコインの送金をするときは、ぜひ利用してみてください。

ショップでのビットコイン決済に、bitWire SHOP

この便利なbitWireの仕組みをショップでの決済に利用できるサービスが、bitWire SHOPです。

ショップ側にとくにメリットが大きいこのサービスは、実店舗とウェブサイト上のショップのどちらでも利用できるんです。

ビットコインで決済ができるお店は少しずつ増えてきています。最近では、大手家電量販店がビットコイン決済に対応して話題になりました。ビットコイン決済はクレジットカード決済に比べて手数料がとても安いうえに、一度確定した売り上げが取り消されることがないなど、ショップにとってメリットの大きい決済方法なんです。

また最近は、とくに日本を訪れる外国人観光客の中にビットコインを利用する人が増えてきているんです。もしあなたがなんらかのお店を経営していて、ビットコインの利用客を取り込みたいと考えているなら、bitWire SHOPの導入はオススメですよ。

ビットフライヤーのサイトにログインしたら、bitWire SHOPのメニューから申し込むことができます。初期費用はかかりませんし、登録はワンクリックで行えます。
あとはショップ名とショップURLや取扱商品などを記入して、登録するだけ。利用客は商品ごとに表示される決済用のアドレスから決済ができるというわけです。

 

口座開設の流れ

口座開設前に必要なのはメールアドレスのみ

ビットフライヤーの口座開設はカンタンです。

アカウントの作成だけなら、必要なのはメールアドレスだけ。作業もほんの2分程度で終わってしまいます。もちろん口座の開設や、維持に手数料はかかりません

まずはビットフライヤーの公式ホームページからメールアドレスを入力して、アカウント作成ボタンを押しましょう。すぐにメールが送信されてくるから、中に書かれているアドレスをクリックすれば本登録は完了です。

なおビットフライヤーのアカウントには、ウォレットクラスとトレードクラスの2種類があります。

ここまでの登録ではウォレットクラスのアカウントだから、まだコインの売買はできません。ビットコインなどの仮想通貨に投資をしてみたい場合は、この後に本人確認と必要情報の登録まで行って、アカウントをすべての機能が使えるトレードクラスにしておきましょう。

ビットフライヤーにログインした後、設定ページのアカウントご登録内容という部分をクリックしましょう。ここで名前と生年月日、住所などの本人情報を入力して登録します。

この段階で、アカウントのセキュリティをより高めるための2段階認証も設定しておくことを忘れずに。2段階認証には確認コードを取得して設定する方法と、モバイル認証アプリを利用する方法があります。スマートフォンをお持ちの方はモバイル認証アプリを利用するのが、便利でオススメです。

次に本人確認資料を提出しましょう。

運転免許証やパスポート、健康保険証など、本人確認ができるものの写真を撮ってアップロードします。写真は住所、氏名、生年月日が鮮明に確認できるように気をつけること。もちろんアカウントの登録時に入力した内容と同じでないといけません。

次に日本円の入出金をするための銀行口座情報を登録しましょう。

登録後、ビットフライヤー側で銀行口座の確認をおよそ半日程度で行ってくれます。その後に書留郵便のハガキが届けば、手続きは完了です。ハガキが届くまでは大体3日程度ですが、申し込みが多い時期はもう少し日数がかかることもあるから焦らずに待ちましょう。ハガキを受け取った時点で、コインの売買ができて決済や送付額の制限もないトレードクラスのアカウントになります。

これで晴れて仮想通貨に投資をするためのスタートラインに立てたことになります。

 

ビットフライヤーの手数料

実際に投資を始める時のために、ビットフライヤーの取引所でビットコインを売買する際にかかってくる手数料についても紹介。

手数料にはどんなものがある?

【入金するとき】

ビットフライヤーでビットコインを取り引きする方法は、他にもLightning現物取り引きとLightningFXがあります。ただこれらは少し難易度が高いから、ここでは取引所での売買手数料を中心に説明していきます。

ビットコインを取引所で売買するときは0.01から0.15パーセントの手数料が必要です。手数料は直近30日の取引量によって変わり、取引の合計額が多いほど手数料が安くなります

ちなみに取引所ではなく販売所でビットコインを買うときは、手数料はかかりません

ただしこの場合は、スプレッドといって購入価格と売却価格の差額が含まれてくる点に注意しましょう。手数料は無料だけど、このスプレッドが加算されることで結果的に少し高くついてしまうことになります。よって基本的には取引所を利用して、ビットコインを買うようにするといいでしょう。

次は入出金時の手数料についてです。

ビットフライヤーの口座に入金をする方法には、銀行振込とクイック入金の2つがあります。

銀行振込の手数料は各銀行で手続きをする時の振込手数料です。

クイック入金はネットバンキングかコンビニ決済、ペイジー入金を選ぶことができ、いずれも1件あたり税込324円の手数料がかかります。

【出金するとき】

逆にビットフライヤーから出金するときは、出金先が三井住友銀行の口座の場合は出金額が3万円未満なら税込216円、3万円以上なら税込432円です。三井住友銀行以外の金融機関の場合は出金額が3万円未満なら税込540円、3万円以上なら税込756円となっています。

そして誰かにビットコインを送るときの手数料は0.0008BTC、ただし先述のbitWireを利用した場合は無料です。

手数料はお金を動かすたびにかかってくるから、意識せずに取引を繰り返しているとかなりの額になることがあります。それぞれの手数料をしっかり把握したうえで取引を行うようにしましょう。

ビットフライヤーの管理画面

わかりやすい取引画面

ビットフライヤーのウェブサイトは、各画面がとてもわかりやすい構成になっています。

ログインすると左側にメニューが並んでいますよね。ビットコインの販売所や取引所、そしてコインをつかう、コインをもらうといった目的ごとのサービス利用。見たい場所や行いたい操作ごとにメニューが分かれているから、迷うことなく目的のページに辿り着くことができるんです。それぞれのページも必要な項目がわかりやすく配置されていて、余計な情報がほとんどありません。もちろんヘルプやFAQ、お問い合わせ用のページも準備されています。

ですが基本的にそれらに頼らなくても、直感的に操作できるように作られているから初心者の方にもわかりやすいと評判です。株やFXといった他の金融商品での投資経験がなくても、ちゃんと操作することができます。

そしてビットフライヤーでは、スマートフォン用のアプリも準備されています。こちらもよくできていて使いやすいと大人気。

スマートフォンはパソコンに比べて画面が小さい分、より洗練されたデザインになっているんです。出先でもコインのレート確認や売買、送金といった各種手続きが手軽に行えるし、ビットコイン決済に対応しているお店での買い物にももちろん利用できます。アプリは無料だから、スマートフォンをお持ちの方はインストールしておくことをオススメします。

とにかく安全で便利に、投資を楽しめるビットフライヤー。

仮想通貨、とくにビットコインに注目している方には自信をもってオススメできる取引所です。

まずは口座開設をしてみましょう。そしてコインを実際に買ってみましょう。

投資のおもしろさ、そしてビットコインをはじめとする仮想通貨の可能性が、きっと実感できると思います。

 

口座開設は公式ページから
ビットフライヤー公式