【比較】ビットフライヤーとザイフならどっちがいい?使い方など選ぶポイントまとめ

仮想通貨の取引は、中央集権的な取引所あるいは販売所を使うのが一般的です。

ここでは、大手のビットフライヤーとザイフの2つの取引所兼販売所を比較検討してみたいと思います。

ビットフライヤーとザイフ、使うならどっちがいい?

取引所と販売所の違い

ビットフライヤーとザイフは、どちらも取引所と販売所を兼ねています。この2つの機能の違いを知っておいた方が話は早いので、まずは特徴を見てみることにしましょう。

取引所の特徴

取引所は、仮想通貨を売りたい顧客と買いたい顧客を引き合わせる機能があります。取引所はそのためのプラットフォームを提供していて、その使用料として手数料をとる流れです。

実際には板という売値と数量および買値と数量を一覧にした表を見て取引します。板は、上の方に仮想通貨を売りたい人の希望する売値と数量が、下の方に買いたい人の希望する買値と数量が表示されているのが一般的です。そして上にいくほど、価格は高くなっています。

仮想通貨を買いたい顧客は高い価格の方の売値で買い、売りたい顧客は安い価格の方の買値で売ります。そのため同時に売り買いすると、必ず損をすることになるんですね。

取引所のメリットは、板の売値と買値の差が比較的狭いところ、手数料が販売所に比べて安いところでしょうね。デメリットはすぐに売買が成立するかどうか不明なところ、それから取り扱っている仮想通貨の種類が少ない傾向があるところです。

では販売所は?

販売所は、ビットフライヤーやザイフのような業者と顧客が直接取引をするところです。実際には、業者側が提示する仮想通貨の売値と買値を見て売買します。

こちらも業者側の売値すなわち顧客の買値が高く、業者側の買値すなわち顧客の売値が安くなるようになっています。そのため同時に売買すると、取引所同様に損しますね。

販売所のメリットは、売買が成立するまでの時間が短いところでしょう。それから取り扱っている仮想通貨の種類が比較的多いところですね。デメリットは事実上の手数料が高いことが多く、短期の売買には向かないところですね。

 

ビットフライヤーの取引所と販売所

ビットフライヤーは取引所と販売所の2つを持っています。とくに取引所はビットコイン取引所とbitflyer Lightningに分かれています。そして販売所もビットコイン販売所、アルトコイン販売所に分けていますね。

それではもう少し詳しく見てみましょう。

ビットコイン取引所

こちらはビットコインと日本円BTC/JPYの取引ができる取引所ですね。表示画面には、売値買値と数量を表示している板と、直近の取引価格と売り買いの別、それから数量を表示している表もあります。そして画面下の方にはチャートがあって、日足週足月足、そして過去のすべてと4種類の時間間隔のものが見られますよ。それから注文履歴も確認できますね。

なお取引所の手数料は、最大で取引価格の0.15パーセントとなっています。

bitflyer Lightning

このbitflyer Lightningは、ビットコインの現物とFXそして先物とアルトコインの現物が取引できます。FXと先物の詳しい説明は避けますが、簡単に言えば証拠金取引のことで、ビットフライヤーでは最大15倍のレバレッジ取引ができます。つまり少ない資金で大きな売買ができるということです。

ここで扱っている仮想通貨の種類は、ビットコインと日本円BTC/JPYとアルトコインのイーサリアムとビットコインETH/BTCですね。

販売所

まずはビットコイン販売所からですが、こちらの画面はシンプルですね。内容はビットフライヤーの提示する売値と買値、それから直近の売買価格と数量の表、そしてビットコイン取引所と同じチャートです。加えて注文履歴の確認もあります。提示している売値と買値の差はですね、取引価格の大体2パーセントから3パーセントとなっています。

アルトコインの販売所もビットコイン販売所と同じような画面ですよ。ただし、取り扱っているのが現在6種類あります。種類はイーサリアムETHとイーサリアムクラシックETC、更にビットコインキャッシュBCHやライトコインLTC、そしてモナコインMONAとリスクLSKです。いずれもペアの相手は日本円JPYになってます。

こちらの売値と買値の差はビットコインより広くなっていて、種類にもよるけど取引価格の10パーセントはあるようですね。これが手数料代わりなのか直接的な手数料はないみたいです。

 

ザイフの取引所と販売所

ザイフではどうなっているか、みてみましょう。

取引所

ザイフの取引所は、ビットコインBTCの他にイーサリアムETHやネムXEM、それにモナMONAとビットコインキャッシュBCHも取引できます。そしてビットコインと日本円BTC/JPYのようなペア以外にも、扱っている仮想通貨同士のペアも1部取引できるのですね。それからトークンと呼ばれる特殊な仮想通貨もいくつか取引できますよ。とくにビットコインの取引には、証拠金取引もできて最大25倍のレバレッジ取引が可能ですね。

取引手数料はビットコインの場合にはマイナスなので、取引する毎に手数料がもらえるのが珍しい制度でしょう。またアルトコインの手数料は、ゼロから0.1パーセント程度です。

それから取引所の画面は、チャートと注文入力が上の方にあって、板と直近の取引履歴は、その下にあります。加えて取引通貨ペアの選択は、画面左上のメニューから簡単に選べますね。

販売所

ザイフの販売所は、ザイフ自身では簡単売買と呼んでいますね。ここではビットコインBTCとモナコインMONAの2種類の売買ができます。ビットコインの売値買値の差は、取引価格の7パーセント程度あるようです。そしてモナコインはもっと高くて20パーセント位になりますね。

この簡単売買は、日本円と上記の仮想通貨を組み合わせた売買だけできるんです。簡単売買の画面は、簡単というだけあって見やすく注文も楽にできるみたいです。それから画面の下の方には、はじめての人にも使えるように丁寧な説明が載っているので、初心者は簡単売買から始めるといいかもですね。

ザイフコイン積立

ザイフには、毎月一定額の日本円で仮想通貨を積立できる制度があります。それがザイフコイン積立で、毎月決めた通りの額を銀行引き落としされ、買えるだけ仮想通貨を買って積み立てていくんですね。

ただ引き落としの手数料が2.5パーセントとちょっと高めなのと、積立手数料が1.5パーセントから10パーセントとなっているので、長期的な視点で仮想通貨に投資するのに適していると思われます。

こちらはオンラインで申し込みができて、その時に銀行印が不要です。それから多くの銀行が利用可能なので、誰でも気軽に利用できるのではないでしょうか。
取り扱い通貨は、ビットコインとイーサリアム、それにネムとモナコインのようですね。

 

ザイフのトークンについて

ビットフライヤーは有名な仮想通貨を取り扱っているだけですね。それにビットコインの取引量が、日本1で世界的にも上位ですからビットコイン売買がほとんどと言っていいでしょう。

一方でザイフは扱っている仮想通貨の種類はビットフライヤーより少ないものの、多くのトークンの取引ができますね。トークンというのは1種の仮想通貨で、特別な目的で使われることが多いですよ。

それでは、ザイフの扱っているトークンを見てみましょう。

ZAIE

ZAIFは、取引所兼販売所のザイフを運営しているテックビューロ株式会社が発行するトークンです。これはビットコインの技術を利用して作られたと言われています。そして企業が発行するトークンとしては2016年と早く、先行者利益が見込めるそうです。

ところでZAIFの使い道は、今はCOSMAのトークンを買えるくらいですが、将来は使えるところが増えると期待されています。また、値上がり期待で買っている人も多いそうですよ。

XCP

こちらもビットコインの技術によって作られたトークンです。XCPは変わったトークンで、これを使うと独自の別のトークンを発行できます。こうしてXCPが使われると、発行枚数が増えない設計をされている都合で、流通するXCPが減ってくるんですね。そうすると希少価値が出てきて将来的には値上がりすると期待する人もいるようです。

BCY

これは正式にはbitcrystalsと呼ばれているトークンで、あるカードゲームの中で使われる通貨です。こちらもビットコイン技術を使って作られたんですね。

価格は、たまに大きく上がることがありますが、あるゲームのバージョンアップなどの動向が価格変動に関係しているのではと考えている人もいます。

SJCX

このトークンは、あるネットワーク上でストレージの売買をするときに通貨として使われていたものです。今はそこでは使えないようですが、何故か値段がついていますね。

FSCC

フィスコという上場会社がありますが、そこが発行するトークンがFSCCです。こちらはフィスコが発売している商材などを購入する時に使えるようですね。

発行したFSCCは、1部を株主に配布して、残りはフィスコが保有しているそうですよ。まあ実験的なトークンなのでしょう。

PEPECASH

海外の匿名掲示板の中で使われるのがPEPECASHですね。この掲示板の中では特殊なカードが売買されているようで、それの決済にPEPECASHが使われているそうですよ。

なおこの特殊なカードは、新規に作って申請すると匿名掲示板内で流通するみたいです。そして申請時にお金がかかり、それもPEPECASHで支払うこともできるみたいですね。

CICC

カイカコインと呼ばれているCICCは、上記のフィスコの子会社「カイカ」が作ったトークンです。FSCC同様に、株主に1部配布されたと言われています。こちらも実験的な要素が多いトークンと考えられますね。

NCXC

こちらもフィスコの子会社のネクスグループが作ったトークンで、FSCCやCICCと互いに交換可能だそうですよ。いずれも実験的なトークンですが、フィスコの商材などの購入に使えるようですね。

JPYZ

このトークンは、ブロックチェーン推進協議会が発行しています。通貨単位はZENで、とくに1ZENが1円になるように設計運用されているところが、他のトークンと違っています。

日本円を送金する時に低コストで時間も短くできると期待されていますが、今のところは実験段階のようですよ。

 

セキュリティ

2018年初めに、ある取引所からネムという仮想通貨が数百億円分インターネット経由で盗まれるという事件が起こりました。それに以前にもビットコインや法定通貨を盗まれた取引所があって、結局破綻したんですね。

これらはセキュリティ対策が甘かったといえばそれまでですが、セキュリティの強固さは取引所によって色々違うので少しでもお金をかけているところを選びたいですね。

さて、ビットフライヤーとザイフのセキュリティはどうなのでしょうか。ちょっと見てみたいと思います。

ビットフライヤーのセキュリティ

結論からいうと、ビットフライヤーのセキュリティは世界的に見てもトップクラスだそうです。これは取引所のセキュリティをチェックしている機関が、最高の評価をしていることからも証明されていると考えられます。

実際にビットフライヤーは、暗号通貨そのものがはらむ盗難等の危険性の除去ばかりでなく、通信網のセキュリティおよび、会社内の人的あるいは物理的なセキュリティの対策まで幅広く対応していると言われています。

そして上記の他取引所のネム盗難後には、いち早くセキュリティファースト主義を標榜した文書の発表をしました。これはそれまでのセキュリティ対策に加えて、さらなる対策をするというもので、早い話が盗めるものなら盗んでみろと言っているんでしょう。一番安心感がある取引所です。

ザイフのセキュリティ

こちらもセキュリティ対策には力を入れていますね。

ザイフ側の対策について詳しいことはわかりませんが、簡単に仮想通貨を移動できないように、複数署名の導入やインターネットから遮断して仮想通貨を保管するなどをしているようです。また上記ネムの盗難後には、セキュリティ対策室を設置することにしたそうです。こちらについては、ザイフの公式サイトに詳しく書いてありますね。

また顧客の立場からすると、2段階認証を導入しているので安心できるでしょう。

 

会社概要

ビットフライヤーとザイフは、いずれも株式会社が運営していますね。規模からいうとビットフライヤーの方が大きいです。

それでは簡単にそれぞれの会社の内容を見てみましょう。

ビットフライヤー

会社名は株式会社bitflyerです。本社は東京で設立は2014年1月、そして資本金が約41億円となっています。この会社は金融庁に登録済みで、多分3番目と早く登録したみたいですね。

株主を見てみると、社長と取締役CTOの2人がトップの方にきているので、そういう会社なんでしょう。他の株主には国内外のベンチャーキャピタルや国内の会社などもあるようです。

事業内容は、仮想通貨交換およびブロックチェーン開発サービス事業となっています。しかし、はっきり言ってビットコインの取引で大儲けしているということでしょう。

それからこの会社は、メールアドレスやパスワードを盗まれて顧客に損失が出た時には、条件はあるものの損失補填をしているんですね。そのために日本の一流の損害保険会社と契約しているという念の入れようですよ。

参考記事
口座開設前に知りたいビットフライヤー情報まとめ

ザイフ

ザイフを運営しているのは、テックビューロ株式会社です。本社が大阪で設立が2014年の6月、資本金は約8億円。金融庁への登録も早い段階で済んでいます。

こちらも株主上位は代表取締役がきていて、その他には何とか投資事業組合とかがいます。公式サイトの情報はこのくらいで、ザイフの運営以外は何をしているのかよくわからないところです。

なお、顧客の損失に対する補償はないみたいですね。

 

まとめ

ビットフライヤーとザイフの比較をしてみましたが、特徴的なところだけ箇条書きにしてみます。

  • 会社の規模はビットフライヤーの方が大きく、とくにビットコインの取引量は日本一かつ世界でも上位
  • セキュリティの面ではビットフライヤーがピカイチ
  • アルトコインやレアなトークン等の取引がしたければザイフ
  • 1部の取引手数料がマイナスのザイフ
  • どちらも証拠金取引ができるが、ザイフの方がレバレッジ倍率は高い

どうでしょうか、どちらも特徴のある取引所兼販売所ですね。

以上がビットフライヤーとザイフの比較・使い方ですが、ビットコインなら手数料は別にしてビットフライヤーの方が優位にありますね。

bitFlyer公式

一方でビットコイン以外の取引や積立をしたいのだったら、ザイフがいいでしょう。

Zaif 公式

どちらも金融庁に認可されている業者ですし、口座開設は無料なので両方持っておくと柔軟な投資ができていいですよ。