海外取引所BITFINEX(ビットフィネックス)の口座開設や手数料など特徴をまとめました

ビットフィネックス取引所情報

BITFINEX(ビットフィネックス)は香港を拠点とする仮想通貨取引所の一つです。

ここでは、BITFINEXの特徴をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

BITFINEX(ビットフィネックス)ってどんな取引所?

設立されたのは2013年と比較的早く、仮想通貨取引が盛り上がりを見せた頃から存在感を示してきました。

仮想通貨取引所としての規模は世界で5本の指に入るほど。Bitcoin限定なら2番目の大きさです。

運営を行っているのはiFinexという企業で、信用取引の提供も行っているのが特徴です。iFinexの代表者は、米ドルでの価値を保証している通貨「Tether(テザー)」を発行するTether社のCEOも務めています。

 

扱う通貨の種類

取り扱う仮想通貨はBitcoinを始めとして、EthereumやRippleにLitecoin、DashにQtumとTRONなど取引規模が大きな人気コインはほぼカバーしています。

とにかく取引できる仮想通貨の数が豊富なので全部は紹介しませんが、常時60種類以上の通貨を扱っているため、将来大きな値上がりを狙って投資する人にもおすすめです。

 

BITFINEXを使うメリット

大手ならではの流動性の高さ

BITFINEXのメリットは、24時間運営されていて取引量が多く、高い流動性に結び付いていること。流動性が高いということは取引の成功率の高さを意味します。

セキュリティの高さ

過去にハッキングの被害を受けたことがあり、これは仮想通貨取引所としては信頼を大きく損なうデメリットです。ただその分セキュリティを見なおす切っ掛けとなっていて、セキュリティレベルが向上しているため安心感は高まりました。

たとえば出金先に解除や変更があると、少なくとも5日間はロックが掛かって取引を止められます。仮に第三者に口座が変更されたとしても、保有者はこの間に変更があったと知ることができるわけですね。

一方でアクセス時にはIPを確認されるので、普段と違う場所からアクセスがあった場合は自動的に24時間ロックが掛かる仕様です。

これも不正なアクセスや取引を防ぐ為の措置で、利便性の面ではデメリットになりえますが、安全性を考慮すれば他にないメリットと言えるでしょう。

出金時には秘密の質問が提示されるように、あらかじめ設定したり使えるようになっています。

 

BITFINEXのデメリット

口座開設のハードルが高くなった

何かと話題になっているBITFINEXですが、2018年に入ってから新規登録のハードルが上がり、気軽な利用は難しくなっているのがデメリットです。

口座を開設して利用を始める場合は、1万ドル以上の法定通貨、あるいは仮想通貨の入金が求められます。これはBITFINEXにおける利用上の条件なので、少額のみの取引を検討している際にはデメリットとなりますね。

日本語非対応

海外の取引所のありがちなデメリットといえば日本語の対応がまだなこと。取引に英語の理解力が不可欠なことは注意事項です。口座開設の際も日本語は使えないので、そこは今後BITFINEXに求められる改善点と言えますね。

ハッキング被害にあった過去

メリットのところでも触れたハッキング被害を受けた過去も、印象的にはデメリットです。ただしこれは改善に一役買っているのでプラスマイナスゼロでしょう。

ちなみにハッキング被害が発生したのは2015年と2016年で2年連続。日本円にして約70億円ものの損害を受けています。この影響は2017年まで続きましたが、被害者の救済措置を無事に終えて返済に関する手続きも完了済みです。

中国による規制の影響

本社が香港にある企業なので、将来的に中国当局の意向が反映され取引に影響がある懸念も存在します。

具体的には仮想通貨取引の取締の余波を受けたり、取引量や取引そのものが制限されるなどです。

といってもBITFINEXは国外や他の地域へ移転を開始しているので、十分に対策を始めているといえます。

 

BITFINEXのセキュリティ

ハッキング事件を活かして、BITFINEXでは大幅なセキュリティの向上が図られています。

ログインの際の2段階認証はもちろん、コールドウォレットによる通貨の管理システムも採用されました。

2年連続の被害は痛手ですが、それをうまく安心感の向上に繋げているからこそ世界トップクラスの大手仮想通貨取引所になれたんでしょう。

 

BITFINEXの手数料

手数料は、現物取引だとメイカーの場合だと0~0.1%、テイカーでも0.1%~0.2%程度です。

ビットコイン(BTC)で出金する場合は、日本円で300円程度の手数料がBTCで発生します。

 

BITFINEXの口座開設方法

BITFINEXの口座開設方法は、公式サイトからオープンアカウントを選び、サインアップ画面で注意事項を確認した上でチェックを入れます。

公式サイト
https://www.bitfinex.com/

次に画面が遷移するので、必要事項を入力して口座開設ボタンを押しましょう。

最終的に歓迎の画面が表示されるので、画面に表示されている通り登録に使ったメールアドレスにメールが届いていないか確認します。

メールのアドレスを開いた後は、2段階認証設定を済ませてましょう。

認証アプリの導入が求められるので、手元にスマートフォンを置いてアプリの導入を始めます。

アプリの使い方はバーコードのスキャンを選び、QRコードを読み込むと画面に表示される16桁のキーをメモしておき、代わりに6桁のキーの入力を済ませます。

これで口座開設の手続きは完了です。あとは入金を済ませて取引を開始しましょう。

なお海外の取引所なので、日本円で入金できません。国内取引所でビットコインを買ってBITFINEXへ送金、その後売買する流れとなります。

【参考記事】
安くビットコインが買える取引所はどこ?

 

まとめ

世界トップクラスの海外取引所「BITFINEX(ビットフィネックス)」について解説しました。

取引量が多く通貨種類は豊富で利用者の実績もある魅力的な仮想通貨取引所ですです。

過去にはハッキング被害の失敗もありますが、失敗は次に活かして成長を遂げています。日本語の対応がまだだったり、将来的な運営などまだまだな部分はありますが、メリットは十分にあります。

ここで紹介したメリットが希望にマッチするものなら、十分に口座開設の価値がある取引所です。