ビットコインとはどんなもの?

仮想通貨と聞いて最初の思い浮かべるのは「ビットコイン」って人がほとんどじゃないかと思います。

一番代表的な仮想通貨ですし、数年前に起こったビットコイン取引所「マウントゴックス」が破綻して大きくニュースで取り挙げられていたのを覚えている人も多いでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)=怪しい

と思ってる人はたぶんこれが一番の原因なのでは?

私も詳しく知らなかったので、そのニュースでビットコインという通貨そのものが終わったんだと思っていました(汗)。

 

でもこれって銀行で例えたら数多くある中の1銀行が破綻しただけって話なんですよね。
(まあ銀行の破綻も十分大きなニュースですが)

たとえ東京三菱UFJ銀行が破綻した、

となってもそれにより今使ってるお金(円)が怪しいなんて思わないでしょう。

お金預けている人は大変ですが・・・。

 

前置きはこれくらいにして、2017年に価値が高騰して1年で数十倍になったのをみてビットコインに興味を持った人も多いと思います。

そこで代表的な仮想通貨の1つ「ビットコイン」とはそもそもどんなものなのか?について解説していきます。

ビットコインとは?

すでに上で書いてますが、仮想通貨の1種です。

単位は「BTC(ビーティーシー)」。

価値は全然違いますが、1円・2円・・・と同じように、1BTC・2BTC・・・と数えます。

 

そしてビットコイン最大の特徴は仮想通貨というネーミング通り、既存のお金(円やドルなど)と違い「仮想=実態がない通貨」であること。

これまた怪しさプンプン漂わせてますね(汗)

怪しいかどうか?についてはこちらの記事で調べています。
仮想通貨(ビットコイン)って怪しい?

ビットコインそのものは実態がないとは言えデータの保管方法が優れていて簡単にハッカーがどうこうできるものでもないため非常に安全性の高い通貨(暗号通貨)です。

 

で、ビットコインですが、ビット「コイン」や仮想「通貨」というとおり、お金としての機能を持っています。

使う、貯める、増やす、あげるなどお金と完全に一緒です。

似たようなものに電子マネーがありますが、これはただ決済をしやすくするサービスでしかなく、「nanacoカードに入ってる1000円あげるよ」といったお金と同じような使い方はできないのでまったくの別物です。

 

「使う」に関しては、2015年あたりから取引量が急増し、最近はビックカメラなどでも普通に通貨として使えるようになってきました。

今後も1つの通貨としてますます便利になっていくはず。

 

ビットコインを買うには?

買い方は2つ。

  1. 取引所で買う
  2. マイニングで掘り当てる

2は自分一人で素人がどうこうできるものではないので「そんなのもあるんだね~」くらいで流しておきましょう。

というわけでビットコインを買うには仮想通貨を扱う取引所で買いましょう。

 

ビットコインを買える取引所にはどんなものがある?

取引所には2017年からさかんにテレビCMで見かけるビットフライヤーやコインチェックなどがあります。

日本最大手は2014年にサービス開始した「bitFlyer(ビットフライヤー)」。

とりあえずここを選んでおけば安心です。

宣伝広告できるだけのお金がある=セキュリティ対策費も多くかけられる=安全性高いと判断できます。

公式サイトはこちら
>>bitFlyer(ビットフライヤー)

 

まず銀行と同じようにビットコインを扱っている仮想通貨の取引所にて

「ウォレット」

というもの持ちます。

銀行で言う口座みたいなものですね。

で、このウォレットにはいろんな種類があります。

  • 取引所のウォレット
  • 投資のウォレット
  • デビットカードのウォレット
    などなど

ただ取引所でビットコインを買うだけなら取引所のウォレットでいいのでここでは特に触れません。

 

いよいよビットコインを購入!

取引所で個人情報の入力、身分証明書チェックなどを済ませたらいよいよビットコインの購入へ。

購入はクレジットカードで買えます。

買いたい金額(日本円)を指定すれば、レート分のビットコインが自分のウォレットに。

簡単です。

 

まとめ

ビットコインがどんなものなのか?について解説しました。

将来もっと一般的に使われるようになったら正月のお年玉をビットコインで、なんてこともありそうですね。

完全にあげる側なのがツラい(汗)

ともあれ、ビットコインがもっと便利に使えるようになっているであろう将来が楽しみです!