ビットコイン購入までの流れを初心者向けに解説!

ビットコイン関連ニュースが毎日のように報じられています。

世界中の国々で取引禁止だ、規制だ、など騒がれていますが、まだまだ新しい通貨なのでこれからってところでしょう。

 

そんなビットコインを購入する流れをここでは解説していきます。

最短1時間半もあれば購入できます。

ほかの仮想通貨でも同じ流れなので初心者の方は参考にしてもらえれば。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

ビットコイン購入・投資方法を解説

投資の流れは次の3ステップ。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設
  2. セキュリティを万全にする
  3. 取引所でビットコインを購入
  4. 取引所でビットコインを販売
  5. 自分の銀行口座へ出金

それぞれの項目を解説していきます。

 

1.仮想通貨取引所で口座開設

初心者の方はまず金融庁に認可されている仮想通貨取引所から選びましょう。

参考記事
金融庁登録済みの仮想通貨取引所一覧

テレビCMをバンバン放映して大手っぽい雰囲気を醸し出しながら未登録だったコインチェックのような例もありますからね。

認可されている取引所の中では「ビットフライヤー」「Zaif」あたりが規模も大きく安心して使えるでしょう。

▶取引所を選ぶときのポイントを確認!

  • 金融庁の登録事業者かどうか
  • セキュリティは大丈夫か?
  • 取引はしやすい?
  • 手数料は安い?

登録事業者かどうかは上の一覧ページから選べば問題なし。

セキュリティ面はお金もかかる部分なので大手取引所から選ぶのが安心です。

ほか取引ページの使いやすさ、アプリの使いやすさなども選ぶポイントとして大事。

そして一番利益に関係してくる手数料も要チェックポイントです。

上でも紹介した「Zaif」なら手数料マイナスという初心者に怪しまれてしまいそうな設定で運営しています。

もちろん問題ない取引所なので、そういった少しでも利益が増えるところを選んでおきましょう。

▶取引所で口座開設するとき準備したいものリスト

  • 本人確認書類(次の中から1つ)
    ・運転免許証
    ・パスポート
    ・マイナンバーカード
    ・運転経歴証明書 など
  • 通帳
  • (法人なら)登記簿謄本

口座開設はネット上で行うため、スマホやデジカメなども必要です。

上の書類を写真撮影し、登録画面でアップロードして提出します。

提出後1~2日くらいで登録完了です。

ここで使う書類だけ準備しておけば10分程度で登録作業は終わります。

▶口座開設までの流れ

細かな部分は取引所によって違いますが、だいたい次の流れで進んでいきます。

  1. 開設する取引所でメールアドレスとパスワードを登録
  2. 各種重要事項の確認&承諾
  3. 携帯電話でSMS認証
  4. 個人情報の入力と書類アップロード
  5. 運営側で確認されたら完了!

 

2.セキュリティを万全にする

口座開設できたら取引所によって用意されているセキュリティ対策を済ませます。

取引所からの仮想通貨流出事件についてニュースでよく見かけますからね。

「自分は大丈夫!」←これが一番危険です。

▶2段階認証の設定

設定方法は次のとおりです。

  1. 無料アプリ「Google Authenticator」をインストール
  2. 2段階認証設定画面にあるQRコードを読み込む
  3. アプリで表示される6桁のコードを設定画面に入力
  4. 設定完了!

ログインIDやパスワードくらいなら身内や知人にゲットされてしまう可能性も十分考えられます。

なのでそれらが他人に知られてしまっても大丈夫なように2段階認証を設定することになります。

この設定をしないとどのみちビットコインなどの取引はできません。

 

3.取引所でビットコインを購入

さあいよいよビットコインの購入です。

の前にまずは取引口座へ軍資金を入金しましょう。

クレカ購入はおすすめしません!

クレジットカードでもビットコインを購入できますが、手数料がかなり割高なのでおすすめしません。

仮想通貨に限らず、投資は基本余裕のある資金からつぎ込むもの。

手持ちに軍資金がないならしないほうがいいです。

初心者の方ほどできるだけ手数料の安い方法で入金しましょう。

▶口座への入金方法

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ペイジーからのクイック入金
  • 海外口座からの入金
銀行振込

銀行振込が一番手数料も安くて一般的ですが、入金反映に1時間ほどかかることもあるので注意しましょう。

とくにビットコインは価格の上下が激しいので「今すぐ購入したい!」といった場合は別の入金方法がいいですね。

ジャパンネット銀行などネットバンクに口座があると自宅で済ませられるので1つ口座を持っておくと便利です。

コンビニ入金

3000円以上から入金できますが、手数料が高く付くのでおすすめしません。

ペイジーからのクイック入金

口座への反映がすぐ(即時)なので、銀行が休みの日や営業時間外ならおすすめ。

ですがその分手数料は割高です。

海外口座からの入金

あまりいないと思いますが、入金方法の1つとしてとりあげたのみ。

手数料が2500円で高すぎるためメリットはありません。

ほかの入金方法を選びましょう。

 

▶ビットコインを購入する

取引所によっては「販売所」と「取引所」があります。

「販売所」は口座開設した取引所からビットコインを購入します。

「取引所」は同じ取引所に講座を持っている他のユーザーから購入します。

もちろんそれぞれでビットコインを売ることも可能です。

ここに注意!

取引所から購入する「販売所」は手数料が割高。

現在のレートで買いたいなら「取引所」で購入しましょう!

ビットコインを購入しようと手続きをしているわずかな時間でもレートは上下しています。

「どうせなら少しでも安いタイミングで購入したい!」

そう思うのが人の性。

でも初心者に理想的な購入タイミングなんてわかりっこありませんし、買うと決めたときが買いどき。

すぐに購入しましょう。

 

4.取引所でビットコインを販売

ビットコインを購入し、売りたいタイミングになったら今度は売却です。

これも購入時と同じく「販売所」「取引所」でやりとりすることになりますが、同じように取引所への手数料が発生する「販売所」は割高。

少し時間がかかってもユーザー間で売買する「販売所」でレート通りに売りましょう。

 

5.自分の銀行口座へ出金

出金処理は各取引所の出品ページから実施します。

ビットコインのままでもビックカメラなど一部店舗で支払いに使えますが、まだまだ利便性は低いです。

また仮想通貨価格の上げ下げは他の投資に比べて激しいので、とくに初心者の方ほど日本円として自分の口座へ出金しないと安心できないはず。

そこそこ利益がでたなら、最初につぎ込んだ軍資金分だけでも早めに出金しておきましょう。

そうすれば多少の値動きがあっても心の平静を保つことができます。

最初はラッキーパンチで適当に購入しても儲かる人っていますからね。

「儲かったしこの調子で大金持ちになってやる!」

なんて調子に乗ると痛い目をみます。

 

まとめ

ビットコイン購入の流れを初心者向けに紹介しました。

曜日にもよりますが、ネットバンキング口座があるなら2時間後にはビットコインを購入できます。

口座開設は無料ですし、仮想通貨投資参入への敷居の低さはありがたいですね。

もちろんリスクもあるので、生活費以外の軍資金でチャレンジしてみましょう。

クレジットカード購入もおすすめしません!