ビットコインとイーサリアムならどっち推し?将来性は?

ビットコインは世界初の仮想通貨で、今となっては色々と問題があると言われていますね。

一方で後発のイーサリアムは、スマートコントラクトという自動契約等をプログラムできる機能が付属しているのが魅力的で、色々な分野に応用されています。

そこで仮想通貨のトップ2でもある「ビットコイン」と「イーサリアム」を比較。

これから買うならどっちがいいのか?をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

ビットコインとイーサリアムならどっちが買い?

誕生の経緯 どうして生まれたのか

まずはビットコインとイーサリアムについて、元々の価格がいくらだったのかも含めてみてみましょう。

ビットコインの生い立ち

大体論文のようなものは、学者かなんかが専門の雑誌などで発表するのが普通なんですよね。

ところが突然、2008年秋にSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)を名乗る謎の人物がインターネット上に仮想通貨に関しての論文を発表したんです。これを元に2009年には早くも仮想通貨が作られて、それがビットコインとなりました。

そして翌年2009年にはさっそくビットコインの送付が行われ、次いで法定通貨とのレートが示されてビットコインと法定通貨の交換も行われたと言われています。

なおこの時のビットコイン価格は、日本円に換算すると1BTCが0.1円以下だったそうですよ。これは1BTC一時200万円を超えたことに比べるとビックリする安さですね。

その後は2010年にビットコインがショップで使われたり、取引所が設立されたりして取引が活発になってきた歴史があります。

イーサリアムの生い立ち

仮想通貨は前述のSatoshi Nakamoto氏の論文によれば、誰でも独自の仮想通貨が作れるとあります。

そこで仮想通貨の肝となる技術であるブロックチェーンに、ある追加機能を加えて作ったグループが出てきました。このとき誕生したのがイーサリアムで2014年のことでした。

イーサリアムのブロックチェーンに施した細工はスマートコントラクトと呼ばれています。

これは、プログラムすることでブロックチェーン上に分散型アプリケーションdAppsが構築できるという機能で、ゲームをはじめ自動的に契約を実行するものだったり等々応用範囲が広いのが自慢です。

価格は、2014年の頃1ETHが100円台だったんですが、今は直近の価格が5万円前後に。2017年末の急騰時からは値を下げているものの、昔に比べると大きく値を上げています。

 

仮想通貨の仕組み

Satoshi Nakamoto氏の論文によると、仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる鎖のようにつながった取引履歴を記録した電子データが元になっています。ブロックチェーンの特徴は、データ保管場所が世界中に散らばっている分散型になっているところですね。

ただこれだけだとデータの改ざんが防げないので、同氏はプルーフオブワークというデータ改ざん防止のための承認作業を導入しました。これはマイニングとも呼ばれる作業で、ネットワークにつながっているコンピューターがあれば、誰でも参加できるのが特徴です。そしてマイニングすると承認作業への報酬として仮想通貨がもらえる仕組みになっています。

ビットコインのマイニング

ビットコインのブロックチェーンは、一定時間内の行われた取引をブロックというひとまとまりのデータにしてそれを1列につなげていく仕組みです。

各ブロックは、ハッシュ関数によって得られるハッシュ値が付加されています。これは前後のブロックとも関連性をもつようにしてあり、プルーフオブワークという承認作業、言い換えるとマイニングは、定められたハッシュ値を得るために計算することなんです。

この計算には結構時間がかかります。互いに関連性のあるブロックを改ざんするとなると、更に膨大な計算が必要になるため事実上改ざんできないようになっています。

マイニングにはコンピューターの計算力を使いますが、端的に言ってかなりの電気代がかかります。そのためビットコインが発行された当初は、マイニングにかかる電気代程度のビットコインが報酬として与えられたそうです。

ただしビットコインの価格が上がった今では、大体マイニングするための投資は、1年程度で回収できると言われています。

イーサリアムのマイニング

イーサリアムのマイニングも、ビットコインと同じプルーフオブワークを採用しています。ただし将来的には、プルーフオブステークスという方法に変更すると言われています。

プルーフオブステークスとは?

誰でも参加できるプルーフオブワークと違って、イーサリアムを持っている人だけマイニングができるもので、電気代の節約を主な目的にしています。

マイニングの方法

ビットコインもイーサリアムも今のところは誰でもマイニングに参加できるといいましたが、実際には専用のコンピューターを使うことが多いようです。

専用のコンピューターとは、グラフィック専用のプロセッサーあるいは本当に専用のプロセッサーを積んだコンピューターのこと。何故そんなことをするのか?というと、マイニングの計算は早くしないと誰かに先を越されて報酬が得られないからです。

また電気代が高い地域では、マイニングによって得られる報酬が電気代に追いつかないこともあるそうです。

そんな訳で、電気代の高い日本でビットコインやイーサリアムのマイニングをするのは、コスト的に割があわないと言われています。

 

時価総額

仮想通貨の時価総額は、発行済の仮想通貨の枚数に1通貨単位の価格をかけたものと思っていいでしょう。

そして時価総額が1番大きいのはビットコインで、2番手がイーサリアムという傾向がしばらく続いています。

ビットコインとイーサリアムの時価総額は、仮想通貨全体の時価総額の70パーセント位あると言われています。

ビットコインとイーサリアムの時価総額

ビットコインの時価総額は、直近のデータでは25兆円から30兆円弱となっています。
(2018年4月時点)

そしてイーサリアムの時価総額は、直近で15兆円前後とみられています。

比率とすれば、ビットコインの約60パーセント弱がイーサリアムの時価総額ですね。

過去からの傾向をみるとイーサリアムがビットコインを追い上げているんですが、直近の仮想通貨の価格は弱含みですから、時価総額でイーサリアムがビットコインを追い抜くことはしばらくないと思われます。

ビットコインとイーサリアムの違い

ビットコインは仮想通貨としての設計上、発行枚数の上限が定められています。そしてマイニングで得られる報酬が4年ごとに半減するようになっているんです。そのため仮想通貨としての価値は、将来的に上がるのではないかと考えられます。

これは将来の時価総額も大きくなるのが理屈で、仮想通貨としてはビットコインがしばらく仮想通貨のトップの座に君臨すると思われます。

一方でイーサリアムは、発行枚数の上限が定められていない設計になっています。そのため発行枚数が増えた時には、価格が下落する恐れがあります。

将来的にはビットコインとの時価総額の比率は余り変わらなくても、1通貨単位あたりのイーサリアムが目減りするかも知れません。

 

取引コスト

仮想通貨同士の送金にはウォレットを使うのが普通で、それには手数料がかかります。また、取引所にある仮想通貨をどこかに送金する時にも手数料がかかりますね。

仮想通貨の売買にも手数料がつきもので、これも取引所によって色々です。

送金手数料

ビットコインの場合は、しばらく前まで手数料が高額でかつ時間がかかっていました。しかし直近では、手数料も安ければ1BTCが100円台ですし、かかる時間も短くなっているようです。

イーサリアムの場合は、送金手続きが完了するまでの時間によって手数料が異なるようです。ただ安ければ1ETHが100円以下で送れることもあります。

取引所にある仮想通貨を送金する時には、取引所毎に手数料が決められています

ビットコインの場合は無料のところもありますが、一般的には1000円程度かかります。イーサリアムも無料のところがありますが、多くは数百円からの手数料が必要です。

取引手数料

顧客同士の売買ができる取引所では、取引額に応じた手数料を取るところがほとんどですね。

ビットコインだと取引額の0.01パーセントから0.15パーセント位が多いようです。イーサリアムは取引所で扱っていないことが多いのですが、一部の取引所では取引額の0.2パーセント位の手数料がかかってしまいます。

取引所とは別に販売所というのもありますが、こちらは業者と直接取引します。

ただ、手数料にあたる売りと買いのスプレッドが広いのが一般的です。販売所でビットコインを取引すると、大体数パーセントのコストがかかると思われます。

これがイーサリアムになりますと、数パーセントから10パーセントあるいはそれ以上の取引コストになることも。できるだけ取引所を利用したいですね。

 

買い物などの支払いについて

元々ビットコインは、通貨として決済に使われたり安いコストで送金ができるのを目的に作られたものでした。しかし価格が上昇するにつれ、投機あるいは投資目的で扱われるようになってしまいました。

ただビットコインの場合は、しばらく前から買い物などの支払いに使えるようになっています。そしてイーサリアムも後を追うように支払いに使えるよう対応店舗が増えている最中です。

ビットコイン

ビットコインは、日本ですでに多数のネットショップやリアルショップで支払いに使えます。ただしショップ側はビットコインの決済に詳しくないのが普通ですから、専門の業者が開発した決済システムを利用しています。

このような専門の業者は、日本には4社ありショップごとに異なるようです。たとえば大手家電量販店ではビットフライヤーの決済システムを利用しているみたいですね。

なお、日本では4社が決済システムを提供していますが、世界では大手2社でほぼ独占しているようですよ。

実際にビットコインで支払うにはスマホを使います。レジでQRコードを読み込んで支払うわけです。そして決済システムを提供している業者の直近のレートで日本円に換算する仕組み。ショップ側は、その日本円を受け取るわけです。

イーサリアム

日本ではイーサリアムが使えるショップは、2017年までなかったようですね。理由はイーサリアムの決済システムがなかったからで、仮想通貨の決済といえばビットコインの独壇場でした。

ところが、2017年の夏にある取引所がイーサリアムの決済システムを提供し始めました。こちらも、ショップ側は販売代金を日本円で受け取れるようになっています。とはいってもこちらはまだ始まったばかりなので、ビットコインより使えるショップが少ないようです。が、これからは増えると言われています。

ところでイーサリアムは、送金スピードがビットコインより速いのがメリットです。これはビットコインが10分以上かかるのに対して、イーサリアムは数分あるいは速ければ1分以下と言われています。そしてイーサリアムは将来的にはもっと速く送金できるように改良されるそうですから、ショップでの決済もさらに高速化されていけばさらに対応店舗が広がっていくでしょう。

 

まとめ

ビットコインとイーサリアムの特徴を見てきましたが、主だったところをまとめました。

  • ビットコインは世界初の仮想通貨で時価総額は、いまだにトップ
  • イーサリアムはスマートコントラクトがうりで、仮想通貨以外の応用が期待できる
  • 取引所または販売所で売買する時には、ビットコインの方が取引コストは安い
  • イーサリアムは取引コストの高い販売所でしか扱っていないことが多い
  • イーサリアムは類似の仮想通貨を1つのウォレットで管理可能
  • ショップなどの決済にはビットコインが有利
  • これからは、イーサリアムのショップなどの決済も増えてくると期待できる
  • ビットコインの送付はコストが高く時間もかかっていたが、この頃では落ち着いている
  • イーサリアムの送付はビットコインより速く、コストも安い
  • イーサリアムは、これからも計画的に改良が続けられる
  • ビットコインも色々と改良が加えられている

いずれにしても、ビットコインとイーサリアムは異なるコンセプトの仮想通貨なので、将来性はどちらも期待できるでしょう。

ビットコインは欠点もある仮想通貨ですが、多くの取引所でも扱っていて取引コストが安いのが魅力です。

一方でイーサリアムはスマートコントラクトという応用範囲の広い技術を導入しているので、仮想通貨としての使い方以外にというか、1つの経済圏がインターネット上にできて、そこで流通する通貨となるかもしれません。

結局どっちがいいのか?ですが、決済通貨としてならビットコインが現状対応店舗も多く便利です。ただ投資対象としてはどのみち価格がほぼ連動していますし、扱う取引所も大差ないのでどちらを選んでもいい、というのが結論です。

仮想通貨関連の雑誌や特集をみるとビットコイン中心なので、そういったものを参考にするのであればビットコインかな、とは言えますね。