ビットコインETFとはどんなもの?

ビットコインETFについて

ビットコインは数百種類ある仮想通貨の代表的な存在であるため知っているという人も多いのではないでしょうか。

ブロックチェーンという仕組みによって支えられていて、よくニュースなどでも高騰した、下落したといったことが話題になっています。

そんなビットコインにはビットコインETFというビットコインを投資対象にした上場投資信託の話題などもあります。

ビットコインのETFが上場する、しないといったことに関する話題です。

そこで「ビットコインETF」って何なのか?について調べたことをまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

ビットコインETFとは?

まずETFって何?

ETFとはどんなもの?

ビットコインETFのETFは、Exchange Traded Fundという上場投資信託の略でインデックスファンドの一種になります。

このETFは、投資信託が証券取引所に上場していることを意味しています。

そして、取引所に上場している投資信託は株の売買と同様に証券会社を通じて取引ができるという特徴を持っています。

投資信託は投資家からお金を集め、資金として運用の専門家に依頼して株式や債券などに投資して運用してもらうといった商品になるのです。

つまり、投資家の人は、運用のプロに資金を預けることで運用してもらえるということになります。

 

どんなメリットがある?

このような金融商品がビットコインETFなのですが、投資信託が証券取引所に上場されるとさまざまなメリットがあるといわれているのです。

機関投資家も投資できる

例えば現在、ビットコインは個人の投資家によって扱われているといわれていますが、上場すると個人投資家だけでなく機関投資家も投資できるようになるのです。

そのため、株式と同じように証券取引所でだれでも自由に投資信託の取引ができるようになるということが挙げられます。

シンプルな取引&手数料が抑えられる

また、基本的にETFは日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて運用されるようになっています。

そのため、ビットコインETFが上場投資信託として扱われるようになればビットコインの値動きに連動するように運用されていきます。

そうなると、株取引と同様、取引がシンプルで高額手数料もかからないともいわれています。

このことで、市場規模が大きくなり、仮想通貨市場が更に活性化するというメリットがあるといわれています。

リスクのコントロールがしやすくなる

現在、ビットコインは専門家たちの間では投資的な商品というよりも投機的な存在であると考えられていて、短期売買で一発狙いでリスクを取るスタイルの商品とみられているところがあります。

しかし、投資的な商品として扱われるようになると、長期保有などでじっくりと運用で貴、リスクを一定の水準でコントロールするといったことが可能になるのです。

そして、リスクを一定の水準でコントロール可能ということから、莫大な資金を持つ機関投資家たちも参入しやすくなると考えられているということなのです。

確かに、投資家たちから資金を集めて運用するという機関投資家たちにとっては、投機的なものに投資を行うのはリスクの面からも手が出せないという点があるといえます。

しかし、ETFとして認められれば投資商品として見られるということになって、資金をもつ機関投資家が参入しやすくなるということなのです。

そのことで、ビットコインのマーケットが更に拡大し、マーケットの活性化につながるというメリットが得られるということなのです。

 

ETFはビットコインだけ

ビットコインだけ

ただ、このETFは他のアルトコインは含まれておらずビットコインのみとされています。

ビットコインが証券市場に上場されるには機関投資家が安心して投資できる商品として認められることが必要です。

そのため、アメリカ証券取引委員会(SEC)がCBOEが申請したビットコインETFについてどうするかを協議しているのです。

最初の協議では延期に

SECにはビットコインのETFに関する多数の意見が寄せられています。

そして、より長い検討期間が必要ということで回答が延期されました。

ビットコインのETFを認めるということにはまだ課題があるといわれています。

その中の一例として挙げられているのが、規制が追いついていないということです。

規制一つで状況が全く違ったものになってしまうといった仮想通貨マーケットでは、金管投資家たちが懸念なく投資を行うことができる商品であると認めるのは早すぎるという意見などもあります。

つまり、市場としての不安定リスクがあるという懸念に対する対策がまだ十分でないということなのです。

そのため、ETFが認められるよう着実に懸念されるに対策していくということが大切だと考えられているのです。

 

今後のビットコインETF

ただ、将来的にビットコインのETFが認められる可能性は十分あるという考え方も多いため、今後の動向には注目です。

ただ、ビットコインETFが上場すると、ビットコインだけでなくさまざまなアルトコインも含み、仮想通貨マーケットの動きは大きく変化すると考えられています。

ビットコインが初めて発行された時は限られた一部の人々だけがこの仮想通貨を知っているだけでしたが、今では仮想通貨という存在にたいする人々の認知もかなり広がっているのです。

そのため、今後の動きは注目です。

 

まとめ

話題に上ることが多いビットコインのETFについて解説しました。

投資商品として認められることで、信頼性が上がり大口投資家が参入しやすくなる→仮想通貨市場が活性化することから、相場に大きな影響があると考えられているビットコインETF。

それだけに今後も注目度は高まっていくでしょう。

仮想通貨市場の明るい未来のためにも、承認され市場が活発化するといいですね。